日本共産党さいたま市南区委員会へようこそ!

平和・民主主義・暮しを壊す逆流に立向かう党、どの分野でも改革と打開の展望を示す変革者の党、国民多数の合意を得てすすむ党。

豊洲 受け入れでない ― 築地・東卸が見解表明

2017-06-30 | 地方政治

 東京都築地市場の水産仲卸業者で組織している東京魚市場卸協同組合(東卸、545業者)の早山豊理事長は29日、小池百合子知事が表明した築地市場の豊洲移転の「基本方針」についての見解を表明しました。会見には本間淳一、田代俊幸、山崎康弘の副理事長3氏らが同席しました。

 早山理事長は同日開いた東卸総代会で、小池知事に対して全組合員を対象にした説明会の開催を求める要望書を提出したことを説明。全組合員説明会について、「一番大きい会議室でも3日間くらいかかる。それが終わった後に、何らかの形で組合員の総意を知事にお伝えしたいと(総代に)ご返事した」と述べました。

 記者からの「執行部としては豊洲移転を容認したということか」との質問に、早山氏は「今の段階では基本方針を受け止めたということであって、受け入れたということではない」と答えました。

 本間副理事長は、豊洲新市場の6街区(水産仲卸売場棟)について、
 ▽土壌汚染対策
 ▽市場と市場会計のあり方
 ▽交通アクセス
 ▽駐車場、ヘアピンカーブ
 ▽仲卸の空調費などランニングコスト
 ▽習熟訓練をはじめ多くの課題を検討する必要があると説明しました。

 

「豊洲には行きたくない」
   ― 北区 そね候補押し上げ、築地業者ら宣伝

 東京都議選で日本共産党を躍進させ、築地市場(中央区)の豊洲新市場(江東区)への移転をストップさせようと29日、北区(定数3)の日本共産党の、そねはじめ候補=現=の応援演説に築地市場で働く人たちが駆けつけマイクで訴えました。

 「築地女将(おかみ)さん会」のメンバーで水産仲卸業の山岸やい子さんは「豊洲には絶対に行きたくありません。あの土地には、まだ汚染物質がある。それを見つけてくれたのが共産党です。私たちは何も知らされず、だまされて行かされるところでした」ときっぱり。豊洲移転を推進する「自民党、公明党は絶対に許せません。みなさんの一票で共産党を押し上げてください」。

 築地市場でマグロの仲卸業を営む和知幹夫さんは、移転に悩むなかで、そね候補が相談にのってくれたことを紹介し「移転中止を掲げている候補は(北区では)そねさんしかいない。投票を心からお願いします」と訴えました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 辺野古護岸工事2カ月 続く... | トップ | 高すぎる国保料 ― 引き下げ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。