日本共産党さいたま市南区委員会へようこそ!

平和・民主主義・暮しを壊す逆流に立向かう党、どの分野でも改革と打開の展望を示す変革者の党、国民多数の合意を得てすすむ党。

若者ら「未来に関わる」 ― 渋谷駅ハチ公前で「共謀罪ノー」訴え

2017-06-13 | 危険な安倍政権の軍国主義・国民弾圧許すな

 「共謀罪」法案の廃案を求める若者グループ「未来のための公共」(未来公共)は11日、東京・渋谷駅ハチ公前で初となる街頭宣伝を緊急で行いました。若者や学者らが同法案の危険性についてスピーチし、「私たち一人ひとりの未来に関わる問題です。廃案にしよう」と訴え。野党4党の代表も参加し、「力を合わせて廃案に」と手をつないでアピールしました。

                     写真
                    (写真)共謀罪に反対しておこなわれた緊急渋谷
                       街宣=11日、東京・渋谷駅ハチ公口前

  街宣は約2時間。聴衆の輪は時間がたつごとに広がり、およそ4000人(主催者発表)が聞き入りました。スピーチと同時進行で、大阪の市民グループが制作したリーフレットを配布。約1500枚を手渡しました。

 未来公共のメンバーで、大学生の女性(20)は、「未熟でも、政治に対して声をあげないといけないと思い国会前抗議へも行きました。おかしいことに、おかしいといえる社会を未来に残したい。そのために共謀罪は廃案しかありません」と訴えました。

 若者、学者、ママ、弁護士、著名人、市民団体、4野党の代表が次つぎとスピーチしました。

 「総がかり行動実行委員会」共同代表の福山真劫(しんごう)さんは、「共謀罪は平和のために運動する人を弾圧する法律だ。安倍政権による政治の私物化は目に余る。私たちの力で打倒しよう」と語りました。

 民進党の菅直人元首相、日本共産党の小池晃書記局長、自由党の森ゆうこ参院議員、社民党の福島瑞穂副党首がスピーチ。4氏はステージ上で手をつなぎ、聴衆と一緒に「共、謀、罪、反対!」とコールしました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 辺野古6工事 受注業者7割... | トップ | 「共謀罪」反対署名153万... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

危険な安倍政権の軍国主義・国民弾圧許すな」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。