日本共産党さいたま市南区委員会へようこそ!

平和・民主主義・暮しを壊す逆流に立向かう党、どの分野でも改革と打開の展望を示す変革者の党、国民多数の合意を得てすすむ党。

「共謀罪」 自公維の強行採決に怒り ― 4野党 差し戻し要求 衆院法務委 

2017-05-20 | 危険な安倍政権の軍国主義・国民弾圧許すな

 自民、公明、維新の3党は19日、国民の内心を処罰する「共謀罪」法案を衆院法務委員会で強行採決しました。3党が質疑を一方的に打ち切ったことに、日本共産党、民進党など野党が厳しく抗議するなかでの暴挙。この暴挙に対して、共産、民進、自由、社民の野党4党は直ちに国対委員長会談を開き、採決は認められないとして、大島理森衆院議長に
(1)「共謀罪」法案を衆院本会議に上程せず、委員会に差し戻すこと
(2)学校法人「加計学園」をめぐる問題で予算委員会の集中審議を安倍晋三首相  出席のもと開くこと
 ―を申し入れました。


 「共謀罪」法案は、日本国憲法が保障する思想・良心の自由、表現の自由などを侵害する違憲立法。この日の質疑でも日本共産党の藤野保史議員が、政府が持ち出す「テロ対策」という口実が成り立たないことを指摘。現に、警察がプライバシーを侵害し、対象を無制限に広げて捜査を行っている事例を明らかにし、「共謀罪」法案の成立によって、一般市民が日常から警察の監視を受ける危険性を浮き彫りにしました。

 ところが、維新議員は「これ以上の質疑は必要ない。ただちに採決を」などと発言し、自民党議員が質疑打ち切りの動議を提出。野党議員が「審議はつくされていない」「強行採決やめよ」と鈴木淳司委員長に抗議し、委員会室が騒然となるなか、「採決」が強行されました。

 国会周辺では、市民らが抗議集会を開き、「共謀罪は必ず廃案!」「市民監視の法律いらない!」と怒りのコール。日本共産党や民進党などの衆参両院議員が駆け付け、日本共産党の藤野氏は「強行採決に満身の怒りを込めて抗議する。与党は、23日の衆院本会議で『共謀罪』法案の採決を狙い、さらなる暴挙を重ねようとしている。断じて許さない。市民のみなさんと連帯して、廃案に追い込むために全力をつくす」と力を込めました。

 

「共謀罪」強行採決 「必ず廃案」 国会前埋める人波

 自民、公明、維新の各党が「共謀罪」法案を衆院法務委員会で強行採決した19日夜国会正門前で大規模抗議が行われました。9000人以上(主催者発表)が怒りの声をあげ、「強行採決 徹底糾弾」「野党はがんばれ」とコールしました。

 国会前は、首都圏だけでなく全国各地の参加者で膨れ上がりました。名古屋市の男性(39)は、「強権的な安倍政権に危機感を感じます。政治を変えるために声をあげたい」。

 千葉県白井市の短大生女性(19)は「デモができないような自由がない社会にしたくありません。未来を担う私たちが行動していきたい」と話しました。

 抗議は「総がかり行動実行委員会」「共謀罪NO!実行委員会」「安全保障関連法に反対する学者の会」の共催。代表してあいさつした一橋大学教授の葛野尋之さんは、「共謀罪は自由で民主的な社会の根幹を切り崩し、専制国家をもたらす。必ず阻止しましょう」と訴えました。

 民進党の蓮舫代表、日本共産党の小池晃書記局長、社民党の福島瑞穂副党首、参院会派「沖縄の風」の糸数慶子代表があいさつ。小池氏は、「安倍政権は『戦争ができる国』『ものいえぬ国』へと暴走しています。市民と野党が結束して共謀罪を廃案にし、安倍政権を倒そう」と呼びかけました。

 抗議は「未来のための公共」が引きつぎ、午後10時すぎまで続けられました。

写真

(写真)「共謀罪」強行採決を許さないと抗議する人たち=19日、国会正門前

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「立憲4党と語る」これから... | トップ | 「共謀罪」強行採決 共産党... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。