※基本は軽油。時々ハイオク※でこよし

色んな乗り物に乗って農作業したり遊んだりの記録。
長く「バイク乗りたい病」を患い、いつも発作に悩まされています

DUCATIモンスターS4 トラブル?

2017-03-14 08:45:00 | 二輪
でこよし家にやって来たモンスターS4
程度極上とは言え2002年式のを2014年に買ったので12年落ちの立派な中古車。
この年数で走行距離1300㎞というのがまた不安でもあった。
これが、スーパーバイクやクラシック系ならば飾って眺めるという楽しみ方もあるかもしれないけど、
モンスターは乗ってナンボのバイクじゃない?
…とか言いながら自分もVFRを3000㎞程度しか乗らずに手放したことを思い出した(^_^)
人それぞれ色々有るのだろう。

ドゥカティ、しかも中古となるとやはり気になるのはトラブルではないでしょうか?
勢いで購入を決めてから、やはりどんな故障が有るのか?対策は?等色々調べましたわ。
幸い(?)登場から12年が経過したモデルなので人柱が沢山(^_^)
皆さん色々有りながらも頑張って維持してる様です。
その中でもよくあるらしいのがレギュレータのパンク。
モンスターはレギュレータがシートの下の通気の悪い所に設置されていて、熱がこもる事により走行不能に。
最悪シートが溶けたたいう人も…(°_°)

そこでこの件は事前に手を打ちました。
アルミのシートアンダートレイに穴を開け、
その中にフィンの多い社外品のレギュレータを移設しました。

ハーネスの長さは加工無しで届く所にしたので半日くらいで完成。
その後15000㎞くらい走りましたが今の所問題無しです。

納車からしばらく順調にソロツーやショップのツーリングに参加して楽しんでいましたが、
3000㎞超えた辺りからアイドリングが安定せず、エンジンが止まってしまう様になりました。
エンジンが温まってる時に症状が出るので、信号待ちなどはブリッピングしながらのガラの悪い感じに…

ショップでも燃調を見てくれたりしたのですが治らず、ネットで検索すると同じ様な症状の方が!
その方はダイレクトイグニッションを交換して良くなったとの事で、しかもドカ純正じゃなくてスズキのgsxr1000の(・・?)

スズキのなら数千円なので、ダメ元で取り寄せて自分で装着。なんか怪しい解決法なんでショップに頼み辛かったので。

結果は大成功で、それまでのエンストの恐怖から無事開放されました!

その後のトラブルはと言えば・・・
古くなったクーラントがコケみたいになってラジエターキャップの穴を塞ぎクーラントが噴き出したくらいかな。
それはリザーブタンクや経路を掃除して治ったし。これはドカだからと言うモノではないしね。
冬の始動性の悪さは仕様かな?

使い方が月に一度400㎞くらいのツーリング程度なのでクラッチもあまり使わないし、
3年たっても思ってたよりも普通に乗れてしまっています。



あ! 買って1年でウィンカーが
走行中の振動でもげました(^_^)
経年劣化ですね。

お陰でLED化することになりました
(*´∀`)♪

うん。ドゥカティは壊れない…と思う。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« DUCATIモンスターS4 出会う前... | トップ | 種籾の脱水をしよう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。