ひろふみのブログ☆

囲碁棋士大橋拓文のオフィシャルブログです。

健康長寿囲碁まつり 報告

2015-06-24 15:15:15 | 囲碁×医療

6月21日(日)に健康長寿医療センターで行われた、

第2回健康長寿囲碁まつり。

前回を越えて、130名超のご参加を頂き、大盛況でした。

写真を見ながら振り返りです。

飯塚あいさんを中心に囲碁の医学的効用についての研究が進んでいます。

囲碁×医療のパネル展示

前頭葉機能の一部に向上が見られたそうです。

得点が低い方が高い能力を示します。

赤が囲碁講座受講者、青が待機群です。

得点が高いほうが高い能力を示します。

囲碁をやると右手の器用さが向上したそうです。左手は変わらずそのまんま。

楽しいのは何よりですね。

結論

今後はこれを、さらに人数を増やして行います。

また、子供と高齢者の世代間交流の場でも囲碁を活用していきます。

7月19日(日)の囲碁フォーカスでも特集されます。

指導碁の様子、ありがたいことに満席でした。17局打たせて頂きました。

3コマ行われた入門講座も満席でした。

健康長寿医療センター様、ご来場頂いた皆様、ありがとうございました。

スタッフの皆さんお疲れ様でした。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

百尺竿頭

2015-06-19 10:51:01 | エピソード

昨日の話。

日本棋院に行くために とある駅で

てくてく歩き そしてエスカレーターに乗り

ふと前の人に目をやると

竹刀袋のようなものを背負っている。

その竹刀袋に眩いばかりの金色の文字で

「百尺竿頭更進一歩」

と書かれていた。

これだ!っと思った。

********************

PCの隣にサボテンを置いている。

月に1、2回水をあげるだけだが、ともすれば忘れがちだ。

だがしかし、たまに水をあげることで、かわりばえのない日常がリセットされる。

大事なものって、結構身近にあるよね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次回のスペースマンは

2015-06-14 11:31:31 | 囲碁&∞

6月20日16時~放送のスペースマン。

今回はレギュラーの三人だけでお送りします。

6月21日に行われる健康長寿囲碁まつりの話

さっちゃん、スペースマンへの質問コーナーを予定しています。

というわけで質問を募集中です。

こちらのコメント欄に書き込むか、このリンク先へメールをお願い致します。

世に言う「ゆる募」ですので気楽に質問してみてくださいm(_ _)m

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

北海道の話

2015-06-10 21:53:53 | 季節の話題

先日打たれた本因坊戦第3局のため、北海道札幌に行ってきました。

私は現地の大盤解説でしたが、初めての事で少し緊張。

聞き手は地元北海道出身の下坂二段と、関西棋院の吉田美香八段        えっ?

私の記憶が確かなら、吉田美香八段といえば、大先輩だったような

子供の頃女流本因坊戦を並べたような・・・

NHKの囲碁講座、お見合い大作戦を見てたような・・・

そろそろ私もお見合いせいっという神の声か

これはきっとパンフレットの印刷ミスで、きっとぼくが聞き手のはずだ

と思いながら現地へ行きましたが、やっぱり私が解説でした。

さて、対局の方はというと、個々の手、手段はもちろんですが、長考のタイミングが非常に勉強になりました。

普段だとノータイムで打ってしまいそうな局面でも、先の先までイメージするのが大事なんだな、と感じました。

さて、長考したときが勝負所なのは対局者だけではなく、大盤解説陣も同時に勝負所を迎えます。

対局者は限りなく静な時間帯ですが、解説の方はこの時こそ動が必要で、正反対ですが。

そんな時に美香さんのリードがなんと心強かったことか!

ついノリで関西弁をしゃべったらイントネーションを褒められて、妙に自信がつきました。

もしかしたら私は褒められて伸びるタイプかも

これについて書き出すとキリが無くなるのでこの辺で。

対局が行われたホテル「定山渓森の謌」 は温泉が素晴らしく、ご飯も美味しかったです。

北海道へご旅行の方は、是非一度行ってみることをおススメします

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早朝マラソン練習の話

2015-06-02 06:02:06 | 季節の話題

つい先日触れた、早朝マラソン練習の話。

囲碁についての話し合い、のはずが

いつの間にか、みんなで走ろう

という結論に。

ミイラ取りがミイラになる、とはこのことか。

詳しくは鬼コーチこと羅王様のブログをご覧あれ

さて、それでは本因坊戦解説のため、北海道へ行ってきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加