ひろふみのブログ☆

囲碁棋士大橋拓文のオフィシャルブログです。

LG杯

2011-05-07 21:42:50 | 考察

4月28日からLG杯の予選で韓国に行ってきました。

4月29日に中国の劉星七段と対局しました。僕の白番。

【棋譜再生】 黒中押し勝ち。

ド完敗でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手合

2011-02-18 09:27:09 | 考察

昨日は手合でした。

前田良二七段と対局しました。ぼくの白番です。

【棋譜再生】

このブログではあえて、ぼくの白番のときは、

白の向きで棋譜を書いています。

公式の棋譜は普通黒の向きで棋譜を書きますが、自分のブログなので自分視点ということです(笑)

昨日の碁ですが、向きを黒側から見ると、どこかで見た布石・・・ん

棋聖戦第3局と12手目まで一緒ですね。

1図 ここで前田七段が少考・・・棋聖戦第3局とは変わりました。

2図 実戦 黒1とアテたので図のようになりました。

   白4でaと打てば棋聖戦第3局の形にもどりますが、白4とおさえて手厚く打ちたいところ。

   黒1の意味は、3図に続きます。

3図 黒1だと白2を心配したのでしょうか。

   黒7までとなると、白の次の手が悩ましすぎるので。

4図 局後にみんなで検討して作った図。

   図は出来たけど、判断が難しい・・・

5図 実は黒1と打たれたら、白6と打とうかと思ってました。

264手完 白7目半勝ち。

残り時間 黒1分 白26分49秒

今日は棋聖戦第4局の二日目ですね。

どうなるか楽しみです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小路盤について

2010-12-29 16:44:44 | 考察

碁ワールドの張栩棋聖の4路盤。

ご覧になりましたか?

ぼくも問題作りが好きなので、こういったスモールワールドは

とても気になります。

といっても、とても狭いように見えるので、

どれくらいの変化があるか、考えてみました。

えっと。。。石の置き方は何通りあるかな・・・・

う~ん計算できない。。。まあ大体で・・・・石の置き方ー同型ー囲碁のルール=

およそ200万通り位の石の置き方があると、予想しました。

ネットでも色々調べてみると、知人のプログラマーの方の論文を発見

3047783通りの石の置き方があるそうです

どうやって計算したんだ・・・しかし誤差100万なら頑張ったほうか。

さて、その中から、一体どれ位問題が作れるか・・・

ぼくの勘だと、1000パターンに1パターン位は問題が出来る気がします。

よって、4路盤では少なくとも3000題程は作れるでしょう。

一生を4路盤解明にのみ費やせば、完全解明出来るかもしれませんね

 

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加