ダイブマスター兼温泉ソムリエが行く!

仕事は二の次?海と温泉とグルメと映画レビューの日々です。
色々ありましたが人生楽しまなきゃ損ってことで。

沖縄那覇(その8)慶良間諸島 アイダーアイダー

2016年10月20日 | ダイビング

本日は、ケラマ3連発で港を出発する際には、天気も良く日陰に避難していたほどですが・・・
出向してみると海は大しけにて、ゲロってるダイバーもいらっしゃいました
風が強くうねりもひどかったです。
波の高さは4mくらいでしょうか。
波を超えて船を進める感じでした。
ケラマに近づく程に雨も降りだして、寒いのでウェットスーツを着るようにとの指示。
当方バーグハウスの完全防水(ゴアテックス仕様)を着こんでおりましたので、
ぬかりなし。→全く寒くはなかったですがTシャツ1枚の方はちと厳しいかと。
海況はその場でないと判断できませんが、この季節船上での防寒対策は、
された方がよろしいかと思います。

さて、港の様子です。日中は、開いてるであろう釣り具やさん。
そして、港で飼われている?犬。かわいいです。
人間慣れしてまして、近寄ったら「わいの腹なででくれ~」と言わんばかりにお腹を見せて仰向けに(笑)。
なでてやると「超気持ちいい~と北島康介ばりに喜んでおられました。
どっかのスナックで飼われている犬のようです???

  

殿様ダイビングにて、器材のセッティングやらは全てスタッフの方々が一生懸命してくださいます。
この大きなボートで3サービス合同の乗り合いとなっております。

  

トイレもあるでよ。着替えもできる隔離スペースもありました。>あたしゃ未使用

  

慶良間諸島のポイントマップです。

 ← クリックで大きくなります。

1本目は、ひたすらナカモト目指して泳ぎます。
結構な距離でしたよ。そして深い!!!!!
ナカモトのいる場所に行ったら、DCの減圧を気にしつつ這いつくばって順番に撮影。
左:フィッシュアイで潜るガイドのハタケさん。
右:パワーショット(大人の部活カメラ)で撮影する旦那。

    

この中にナカモトがいるはずですが・・・右のように空っぽ?????アレ????
い、いない・・・。 とりあえずでゴミを撮影していた我々でした(T▼T)。
視認できてないので無理もない。 皆さまの証言によると右上の方にいたらしいです。

  

ナカモトを後にして、途中何かを撮っているハタケさん。
何が撮れていたのでしょうか???
見たい方は、リベルテさんのブログをご覧くださいませ。>こちら




つづく・・・。


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ



『国内旅行』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄那覇(その7)チービシ ... | トップ | 沖縄那覇(その9)慶良間諸島... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL