南英世の 「くろねこ日記」

ホームページも併せてご覧ください。http://homepage1.canvas.ne.jp/minamihideyo/

座禅を体験

2017年08月04日 | 日常の風景

座禅をしてきました。

家の近くに曹洞宗の寺がある。そこに、毎木曜日18時から座禅会が行なわれるとあった。
そこで、ちょっと勇気を出して参加してみることに。
作法も何もわからないため、最初に簡単な手ほどきを受ける。

やがて鐘が3回鳴り座禅が始まる。
時間は45分間。
日ごろは「動」の世界に生きるのに対して、座禅は「静」の世界。
目を半眼にして、視線を約1メートル前方、45度の角度に落とす。
何も考えぬように心を落ち着ける。

途中、自分から合掌をして聖僧(しょうそう)さまから「警策(きょうさく)」を受ける。警策と呼ばれる棒で右肩を「パチン」と打ってもらうあれだ。さぞかし痛いのかと思ったら、修行僧ではないから軽くなでる程度にしているという。
5分、10分、・・・
時間のたつのがなんと長いことか。
汗がジトリと流れてくる。
・・・・
やがて足がしびれてくる。
正座ではないにしても、やはり座禅独特の足の組み方をするので次第にしびれがひどくなる。
45分の辛抱。
「静」の世界どころか、心の中は「しびれ」との格闘だ。
・・・・・・
・・・・・・
ようやく45分が過ぎ、鐘が2回鳴り座禅は終了。
あとでご住職に、足がしびれたときは途中で組み替えてもいいのかと質問すると、「人間の体のほうが大切だから、自由に組み替えてよい」ということだった。
宗教人の温和な顔がそこにあった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏休みの計画 | トップ | ドイツに学ぶ「働き方改革」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。