蝶の迷宮・再装填奇譚

ここは綾鷹まことが管理する趣味のブログです。可成りキツい冗談が飛び交うブログなのでご注意下さい。

相棒season16 第9話「目撃しない女」

2017-12-13 12:50:00 | TV観賞



相棒 season16
ストーリー

相棒 season16|テレビ朝日
水曜よる9時


STORY
2017年12月13日(水) よる9:00~9:54


第9話「目撃しない女」


殺人事件の鍵を握るのは“目撃しない女”!?
彼女を守ろうと奔走する亘を凶刃が襲う!









スナック店主の男性が殺害され、捜査一課では強盗殺人として捜査を開始。犯人らしき二人組の男と遭遇したのは、亘(反町隆史)がひいきにしているキッチンカーの店主・芽依(朝倉あき)だったが、証言が不自然にあいまいだったため、伊丹(川原和久)は彼女にも疑いの目を向ける。いっぽう、逃走した二人組の男は、被害者から奪おうとして奪えなかった“ある物”について、芽依が知っているのではないかと、警察をかたって接触し始める。しかし、男たちを間近で見たはずの芽依は、なぜか目撃などしなかったかのようにふるまう。そのころ、亘と共に捜査に乗り出していた右京(水谷豊)は、彼女がある問題を抱えている可能性を察していた。そんな中、殺害された男性が、不動産詐欺グループと繋がりがあったことが発覚。右京と亘は、犯人たちが探している物が、殺人の動機になったと見て、独自の捜査を続ける。そして、芽依に危険が迫っていることを察した亘は、身をていして彼女を守ろうとするが…!?
目撃者の女性はなぜ犯人を見なかったことにしているのか?
右京が気づいた“目撃しない女”の意外な秘密とは!?
彼女に好意を寄せる亘の決死の捜査が衝撃の結末を生む!


ゲスト:朝倉あき
脚本・監督
脚本:山本むつみ
監督:杉山泰一


Copyright©tv asahi All Rights Reserved.







この記事をはてなブックマークに追加

相棒season16 第8話「ドグマ」

2017-12-06 12:50:30 | TV観賞



相棒 season16
ストーリー


相棒 season16|テレビ朝日
水曜よる9時


STORY
2017年12月6日(水) よる9:00~9:54


第8話「ドグマ」


右京と亘が発見した外来種“ジゴクバチ”が殺人の凶器!?
捜査に乗り出した特命係を国家権力が追い詰める!!









警視庁公安部に、「中央アジア系テロ組織のメンバーが日本に潜入した」という情報がもたらされ、緊急手配が敷かれる。そんな中、右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は偶然、中央アジアに生息する“ジゴクバチ(※1)”という外来生物を発見。駆除の手伝いをすることになった2人は作業中、民家で中年女性の腐乱死体を見つける。遺体には、ジゴクバチに刺された無数の跡があり、状況から殺人の可能性も浮上する。捜査に乗り出した右京は、遺体の女性が中央アジアに出掛けた際に撮ったと思われる一枚の集合写真に注目。撮影者である藤本(岩井秀人)というカメラマンから話を聞くと、女性と一緒に写っているのは大手商社の社員たちだという。すると、その内の一人がジゴクバチに刺されて死亡したという情報が。連続殺人を疑う右京だったが、公安部の外事課と、法務事務次官の日下部(榎木孝明)から、相次いで脅しめいた圧力を受ける。いっぽう、捜査を担当している外事課の中央アジア担当官は、右京に通じる経歴や正義感を持った人物で…。
外来生物を使った連続殺人にテロリストが関与!?
公安や法務省が特命係に圧力を掛ける真意とは?
国を超え様々な思惑が絡んだ事件に特命係が切り込む!

※1「ジゴクバチ」はドラマで設定した架空の生物です。


ゲスト:岩井秀人 内田裕也
脚本・監督
脚本:真野勝成
監督:兼﨑涼介


Copyright©tv asahi All Rights Reserved.




この記事をはてなブックマークに追加

映画『銀魂』 初回限定盤DVD

2017-12-04 21:40:00 | TV観賞





11月22日に発売だと言う事をスッカリ忘れて本日購入しました映画実写『銀魂』の初回限定盤DVD。
Twitterでも本誌でも発表した第2弾映画実写『銀魂』と言うのにウッカリ第1弾映画実写『銀魂』の初回限定盤DVDを購入しないで第2弾映画実写『銀魂』を観て終わりそうでした←
初回限定盤DVDの特典はエチナビの画像ポストカード15枚とか?あの堂本高杉が有る訳だ!それなら安心だ!でも不思議な話だよね。あの堂本高杉は発売当日では無く発売前日に完売してダフ屋やオクで販売して居るんだもん。それに其処から買おうとして居る人もチラホラ居たと言う話なんだけど多分その人達って高杉ファンか堂本剛ファンなのかどちらか、でも堂本剛ファンが強いかな?あの天下のジャニーズ事務所だもの。高杉ファンよりジャニーズ事務所ファンの方が遥かに多い。然もあの堂本剛さんだもの。ファンが多いよね!堂本高杉のエチナビは諦めたよ。


もし堂本高杉のエチナビが欲しいなら此う言うDVDになってから特典で付くかな?と思って。


まだ確めて無いんですけど15枚のポストカードの中に入って居るんだと信じて居ます!
これで開けてみたら堂本高杉が無かったりして←
会社の冬期休暇に『黒子のバスケ LAST GAME』と一緒に観る予定です(^^)





この記事をはてなブックマークに追加

相棒season16 第7話「倫教からの客人」

2017-11-29 12:50:00 | TV観賞



相棒 season16
ストーリー


相棒 season16|テレビ朝日
水曜よる9時


STORY
2017年11月29日(水) よる9:00~9:54


第7話「倫敦からの客人」


英国から来日した人物は右京の“元相棒”!!
迷宮入り寸前の連続殺人事件にメスを入れる!!










派遣社員の中年男性が遺体で発見される事件が発生。付近に落ちていた携帯電話には、犯人と思しき男が映った動画と、“ダークウェブ”と呼ばれるネット内の裏社会にアクセスした痕跡が残されていた。また、同じ携帯から別の殺人への関与が疑われる動画も見つかり、警察は携帯の持ち主が一連の事件の犯人と見て捜査を始める。右京(水谷豊)と亘(反町隆史)も独自に動き出すが、もう一人、事件に興味を抱いている人物がいた。南井(伊武雅刀)というその男は、元スコットランドヤードの刑事で、ロンドンでは右京の相棒だったという切れ者。今回の事件に関しても、犯人像を的確にプロファイリングし、亘を驚かせる。そんな中、動画に映っていた“犯人と思しき男”の身元が判明。その住居から大麻が発見される。どうやら男は、ダークウェブで大麻や拳銃を売りさばいていたらしいが、“商品”の入手先は謎。それでも、右京と亘はわずかな手掛かりから男のアジトにたどり着くが、そこで衝撃の光景を目撃することになる。
深い闇に覆われた事件に翻弄される捜査本部
二転三転する連続殺人事件の真犯人は誰なのか!?
かつての相棒との推理対決で右京が想定外の結末にたどり着く!!


ゲスト:伊武雅刀
脚本・監督
脚本:徳永富彦
監督:内片輝






この記事をはてなブックマークに追加

相棒season16 第6話「ジョーカー」

2017-11-22 12:50:00 | TV観賞



相棒 season16
ストーリー


相棒 season16|テレビ朝日
水曜よる9時


STORY
2017年11月22日(水) よる9:00~9:54


第6話「ジョーカー」


元刑事が警視庁を訴える前代未聞の裁判が開廷
特命係が、大河内監察官と共に真相解明に動き出す!!











早見(山田純大)という元捜査二課の刑事が、警視庁を訴えた裁判に注目が集まっていた。早見の妻・幹子(宮本裕子)が半年前に歩道橋から転落死した一件について、警察は自殺と断定して捜査を打ち切ったが、早見は殺人の可能性を主張。その後、知人に虚偽の目撃証言をさせた疑いで懲戒免職になった早見は、その処分は不当だとして損害賠償を請求していた。そんな早見の代理人は、以前、快楽殺人犯の弁護を担当し、特命係と禍根を残した弁護士の連城(松尾諭)だった。衣笠副総監(大杉漣)は、あくまで処分は妥当だったと印象付けるため、偽証した男の捜索を指示する。
右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、幹子が本当に自殺だったのか、警察の代表として裁判に出廷した大河内(神保悟志)と共同捜査を開始。通常ではありえない捜査方法だが、係争相手である早見と接触するという大胆な行動に出る。早見によると、幹子は何者からか脅迫を受けていたといい、当時彼女がかかわっていた大規模な経営戦略プロジェクトを通して、不都合な真実を知ってしまったため、事件に巻き込まれたのではないかという。その証言を受け、問題の企業を調べた右京と亘は、経理データ改ざんの痕跡を見つけ…。
元刑事の妻の死は自殺か、それとも殺人か?
警視庁を震撼させる異例の裁判の行方は、
特命係と大河内監察官の三人に委ねられた!!


ゲスト:山田純大 藤田宗久 松尾諭
脚本・監督
脚本:浜田秀哉
監督:兼﨑涼介




この記事をはてなブックマークに追加