キ上の空論

小説もどきや日常などの雑文・覚え書きです。

春の雨九十二の祖母退院す

2017年04月22日 | 日常
 そんなわけで、しばらく喪中です。今回のはパクりっぽい。

 日頃、舞い上がらないかわりに沈みにくいのですが、沈んじゃうと長いのがこまりものです。
 食事と睡眠時間は意識的に確保したいなあ。

 占いでもそういうとこあるけど、言いにくいこと言わない癖が嫌になることがあるのですわ。
 その情報をどう使うかを、その人に任せないで、言わずにおいてしまうところ。
 葛藤に弱いのが透けて見える人に「乗り越えればいいことあるよ」と言わずに「(乗り越えれば)いいことあるよ」と言う感じ。いいことに目が向いていれば何とかなるのに、葛藤に目がいくと無理筋になるかなと勝手に決めてしまうところ。
 タロットからその人が聞きたいだろう意味を拾う悪い癖は、まだなおる気がするけど、こっちは難しい気がするから、占いは趣味のままでいようと思う次第。
 趣味の方が楽しいままでいられる気がします。
 地刧と天空が命宮にいますので、占い適正は多分あるはずです。て言うか、普通の仕事が向いて……いやいや。
 タロットにノーパソと電子辞書どっちがいいか聞こうかと思ってたら、それどころじゃなかったのでした。

 こんなん打ってる場合じゃないとは思いつつ。
 何ができる気もしないのでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

微睡みも春の嵐に襲はれぬ

2017年04月17日 | 日常
 雨の日は体調が芳しくないのでございます。今回は、何言ってるんだかわからないといわれそうなのを、そういうのが作りたくなるときがあるのです。

 使ってないソフトを消そうかやめようか迷っているところなのですが、スマホ買って以来、PC立ち上げる頻度が格段に落ち、創作意欲も格段に落ち、更に不調に見舞われていて、判断力がだいぶ落ちています。
 こういうときは放っておくに限りますね。

 副作用で眠くならない薬は、空腹時に飲んで欲しいといわれて、胃腸が(以下略)なため、睡眠不足で眠くなるという新たな展開を迎え、結局どうしたら良いのか途方に暮れる始末。

 最近小説が読めなくなってきたと情けなく思っていたのですが(去年の原民喜は読めました)、体力が落ちて集中が続かないだけだと判明。飲んでいる薬の量も合わせて、だいぶお年寄りになってきた気分です。ろくに声も出なくなって、無茶言って(ささやくような声量で)出せるだけの薬を出してもらったので(まだ回復中)、なんとかなるといい。

 出社できない間、ネタは断片的に浮かぶのですが、結局集中してまとめる、もしくは長文にする体力がないとどうにもならなかったのですよ、と。

 後ろ向きな話ばかりなのは体調に引っ張られているところがあるようです。
 タリーズのワッフル食べたい(回復魔法)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鶯の声する河原ひとり歩く

2017年04月12日 | 日常
 診察が早めに終わり、待ち合わせまで一時間以上あったので、休みっぱなしのいいわけでもしようと会社に行こうと歩いて十分で挫折。足に来るのが早い。
 なんとか待ち合わせ場所まで着くと、閉店してた。
 そんなインフルエンザ暮らし。熱が出てないし三日目だから大丈夫と油断しすぎ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

他愛なき休み休みの四月馬鹿

2017年04月01日 | 日常
 病院をはしごする土曜に予定をいれる自分のアホさにちょいへこみ。
 過度のストレスも原因のうちって、お膳立てしてさあどうぞお願いしますとやらないと、キャパごえしてるから無理ってブチられてさらにたまる作業とか、無能ですがちやほやされたいと態度にはみ出る上司()とか、ブレーカーあがってネット接続やりなおしとか、どれだよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加