キ上の空論

小説もどきや日常などの雑文・覚え書きです。

アカシアのなにがしといふミモザかな

2016年02月26日 | 日常
 小さくて黄色い花が集まっている姿が可愛かったので「これミモザ?」と聞いたら「違う名前だった」と。
 何日かして、「テレビで言ってたけど、ナントカアカシアっていうのをミモザって言うんだって」と。どうも、ミモザだったらしい黄色い花を、花音痴ゆえにわからなかった私と、店の表示にだまされた母と。
 ナントカアカシアって、最初はアカシアとさえ聞いてなかったんですけれども。

 一日一句はちょっとお休み。少しずつ埋めていきます。

 春「たかをくくろうか」とぞ歌ひける
 頭にも春が来たのかと言いたいけれども、実際にあの詩に曲がついているので、気になる方はお調べくだされ。
 あの雰囲気はどうしても春のイメージ。カギ括弧は反則気味。

 俳句は十七文字で良いだけなら「天にも花冠の乙女スピカ」でも良いわけですが、リズムが違うと感じると、やっぱり別の何かというか、文字の羅列に過ぎないというか、ただの文章になってしまう気がします。初心者には難しいところです。もちろんそういったものはまだ身についていません。
 花音痴には厳しいので、鳥音痴にも厳しいので、……図鑑でも読むかな。少しずつでも世界を広げていくきっかけにはなりそうです。

 無料占いで続けて何度か見た卦が「逃げて!」と言ってるみたいで困惑しております。何からなのかしら。こないだぶちぎれたせいで会社を首になったりするのかしら。その前に次を探しておけってことかしら。ぎゅうぎゅう詰めてる予定からかしら。ストックもないのにアウトプット急ぎすぎてるからかしら。
 こういうときヒント欲しいよねえ。卦は達人にならないとわからないと思い込んでるので、ぼんやり考えときます。
 順番と卦を確認すると、あと一回で結論なのですが、怖くて見られない。流れに任せて、むやみに動かず、情やしがらみに負けず思い切って、そう思い切って、去れ! の次は何だろう……。だんだん勢いを増していく感じが落ち着きません。
 今度ちゃんと自分でサイコロ振ってみます。勉強がてら。TRPGやりたかったから(ほぼやったことはない)サイコロはいくらか持っています。八面体とか、十二面体とか。

 こないだ占いの世界220号が近づいたら梅花心易ぶっ込んでと書いたけれども、まだ六十四卦だってあれで学べたうちにはいるかっていうと、微妙ですよねえ。本当にやめ時がわからない。奇門遁甲とか、まだがっつり来てないやつありましたよね。易や奇門遁甲は一冊丸ごとでも一年連載できるものだと思います。
 西洋占星術はあと小惑星もひととおりきっちり押さえといてくれないかなー。なー。(←「思うつぼ」レベルのお客さん)
 七百十円をかけ算すると、サンクコストの大きさに負けそうに……逃げるって、コレからですかね。正直、お値段ほどの内容は感じていません。こういうの買うのってだいたい占い好きだから、そう思っていない読者を探す方が難しそう。

 個人的には、これまで困ったときにはタロットに聞いております。聞いたんだけどね、新しい世界がって、言うんだよね。
 
 逃げてって、既に現実からはだいぶ逃避してるんだけどなー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春光やスヌスムムリクの来たりしか

2016年02月15日 | 日常
 五七五にしようと思って必要な助詞をとばして意味不明になる失敗を何度もしてるので、なるべく動かさないようにと最初に教えられた七をはみだしてみました。
 一度やっておいた方がいいんじゃないかと。
 スヌスムムリクはスナフキンのことです。まだ春を探してふらふらしてる頃なんじゃないかしら。

 みずみずしいセロリをたくさんいただいてしまって、でもセロリは冬の季語。一月~二月のものは冬と見て良いようです。
 こないだの季違いのリベンジはもう少しかかりそうです。

 傍らに人の影なき恋人の日
 誰かと過ごすことを前提としたイベントのイメージがある日を使うと、ついお一人様川柳になりがちです。
 睡魔に負けて出掛けもしませんでした。
 体力が欲しいね☆

 ここのところ日曜のうちにやっておきたいことは、だいたいできない仕様になっています。

 改めて気づいたのですが、私は四柱推命でも西洋占星術でも、自己表現が課題になっていました。細々とでも、こういう場所を設けて続けるのは宿題を片付けるうちなのかもしれません。

 ようやく小説下書きの打ち出しを始めました。決定稿がどうなるかはまだわかりませんが、予告どおり一通り下書きをさらしてからまとめる予定です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

占いの世界はいつになったら終わるのか問題

2016年02月13日 | 日常
お題「定期購入をしていますか?」に参加中!
 当初予定の二倍を超える期間販売されることになっているって、だいぶおかしいけどやめ時がわからないのでした。
 とりあえず惰性で毎号買ってる雑誌は他にもありますが、定期購入を意識しているのはこれだけです。
 220号が近づいてきたら梅花心易をぶっ込んできそうな予感がしますがはてさて。
 そこらへんでドリームスペルとかも来ちゃったりして。そろそろやめ時なのかしらと思いはじめました。

 天気がよろしくないからか、体調もよろしくありません。

 花瓶にスイートピーと菊と椿と蘭が同居しています。季節感て何だろう。

 寄せ植えの菫日差しにくたびれる
 なんだかんだ言って、風さえ吹かなければ温かい静岡県ですので。とは言えここらは吹かないことはあまりないのですが。
 そこら辺の民家の庭にアロエが植えてあるのは珍しくないって言ったら他県民に驚かれました。庭にイシャイラズって、普通ですよ、ね…?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スイートピーの蛍光色ぞ生花なる

2016年02月12日 | 日常
 ただの文章になったでござる……。スイートピーの蛍光色くらいで驚いてると、カーネーションでひっくり返りそう。
 昨日の二句めは「春一番で一碧に舞うレジ袋」の語順の方が自分でも好きだなと、日付が回ってから思いました。
 推敲なしの突発一発書きシリーズは瞬発力しか磨かれない気がします。
 タイトルの方は「赤っ、仏壇赤っ、仏壇なのに赤っ」って感じが嫌だなと思われた方は脳内で「くれなゐや」を「白もがな」に換えてくだされ。鎮座するなら花王が良いかなと思ったのですが、普通にそのまま書いたら夏の季語でした。季違いです。寒牡丹は冬だし、色々間違ってます。実際は(1~2月頃に咲く)冬牡丹で、でも今の2月はだいたい春だし、季語って難しい。タイトルなので直せないから、もうちょっと慎重に書いた方が良いんだよね、ほんとにね。故人は椿も山茶花も好きだったんだけどね。じゃあそっちにすればって、迷って混ざって以下略。
 日々失敗。なかったことにしないの大事。
 地の文の方だったら、かつては直していましたが、今はそれもしなくなりました。横着になったのかしら。

 今日は美味しい晩ごはんでした。苺もハンバーグも大好きです。

 サイトを引っ越すことになりそうです。放置してますけども。カウンタはどこかから借りてこないといけないようです。
 期限の前に試験があるので、やっぱりしばらくは放置しますが、引っ越したらリンク変えたりお知らせしたりします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

くれなゐや花王の鎮座する仏壇

2016年02月11日 | 日常
 故人が好きだったからと、まあ華やかです。椿は春なのか冬なのか、解釈が分かれる花のようです。
 字余ってみました。リズム的にはセーフと思いたい……。

 先生からお借りした初心者向けの本を読みまして、できない子なのはよくわかったので、良い感じです。
 まだ当分はできない子だと思います。晴れ晴れとした気持ちで自分をできない子言ってて恥ずかしくないのは初心者のうちだけですから、存分に言いたい。

 一日一句なのでもうひとつ字余り。

 一碧に浮かぶレジ袋春一番
 ビル風も援護してえっらい高さまで飛んでました。空の青さはまだ冬っぽい。そういえばかつて仕事でレジ袋をスーパーバッグと呼んでましたが、あれ会社名だったのね(さっき調べた)。
 レジたいと読めばそんなに余ってませんが、一部業界にしか通用しない読みは却下されそうです。

 できない子はよくわからない言い訳をしてないで早く続きを書けば良いんだ。……とは脳内ツッコマーも言ってくれないのが遅れる理由でもあるんだね、きっとね。降ってこないとそんなもんです。変なところで止まっちゃっててぐおおってなってます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ものの芽や小雨の挫く怒りあり

2016年02月09日 | 日常
 単に音が好きだから使ってみた季語。
 解決はしていませんけど、区切りはつけたからいいや。あらゆる方向から「今だ!」と言われた気がしたので、伝わらないとあらかじめ知っていつつも、伝わらないことを周知させるために思い切ってみました。でもまだ体力不足だったからか一秒でも早く切り上げたくなってキュルリラ音が出るんじゃないかってくらい早口で言いました。有用そうな情報は、それでも申し訳程度に挟みました。聞いてないのも理解してないのも知ってますけどね。温情ってこのくらいで良いんですかね、仏様。

 さて、勉強週間始めちゃったので、やっぱり頻度落ちます。勉強に疲れたら、打ち出した文章を思い出したように上げます。
 もともとここはリアル友人への生存報告用なので、毎日律儀に書かなくても良いことにしています。
 たいてい隔週だったりしました。メンタルの不調で二ヶ月くらい放っておいたらボットちゃんがいなくなって感心したことも。

 ここのところ咳が多めに出て困る。あ、まだインフルエンザはもらっていません。多分。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春天や御籤の凶を励みとす

2016年02月08日 | 日常
 凶がでました。残念な輩は放っておくとろくでもないことをして足を引っ張るので恩情をかけろ(意訳)と書いてありました。ちょうど明日勤務時間がほぼ丸ごとボイドタイムなので、言いにくいことを言ってみようと思います。
 ボイドタイムの諍いがほんとに後腐れなく終われるのか確かめたくもあり。でも正直……日本語通じない気が……する…。

 割と凶がでるお寺さんのおみくじを引いてきました。大吉が出たのはだいたい厄年だけだった気がします。そうでないのは安心のあまり忘れているのかも。
 あ、そうだ。星祭りの日は星曼荼羅を拝めるそうです。境内図で②のあたりだったと思います。

 たくさん歩いた気がするのに、そんなに歩数いってませんでした。めっちゃ息切れしたんですけどね。

 今日も良い天気でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

街の遊撃手

2016年02月07日 | 日常
お題「印象に残ってるキャッチコピーは?」に参加中!
 ジェミニさん。野球の子供向け本が当時うちにあって、遊撃手をうっかり英語で……。軽快感とちゃんと仕事してくれそうな和訳語に対して、車にくっつけるには縁起が悪そうな英語というイメージギャップがインパクト強かったです。
 和訳語のイメージはCMの映像の印象も重なっているかと思います。

 鶯の声は未だに山の奥

 近所ではまだそんなに聞いてない気がします。
 って、聞いてるじゃん。

 例によって寝てました。打ち出しがどんどん遅れております。
 句会分の句もまだ手をつけておりませぬ。こんな有様で何を勉強するというのだろう。

***追記***

 アップしてから気づいた「素人は切れ字を使って五七五を整えるところから始めたら良いよ週間」。
 というわけでリベンジ。

 摘まれたる袋の中の花菜かな

 湯がいて食べてと頂いたものですが、多分明日の味噌汁にinされていると予想。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白梅や清らを倦みて避く重み

2016年02月06日 | 日常
 疲れてきたのかなーと感じてきたので、書きためた分の打ち出しが終わったら、ブログの頻度を下げようと思います。
 重たいのは体なのか心なのか、どっちもだな。こう書いちゃうと何言ってんだかワカンネってなる典型な気はします。
 白梅は綺麗でしたよ。朝日も相まって眩しかった。

 あ、しまった。書きたいお題があったのを忘れていたので、とりあえずそれは今度書きます。
 毎日書きたいものがあるわけじゃないですが、お題は便利ですね。

 休日の日曜じゃない方が病院に行ってつぶれ、日曜は寝ていてつぶれているこの頃です。明日はもうちょっと体調がマシになると良いのですが。諭吉に羽根が生えているのはけしからんと思います。

 名古屋と相性が悪いと以前書きましたが、その話をしたら先生に「(当時)変な子だった?」と聞かれました。残念ながら浜松でも充分変な子でした(そっちか)。お伊勢さんあたりまでが辛い三角形が強めに働く範囲のようです。引っ越すならもっと西か東。日本ならそんなに変な子度は変わらない気がします。

 占いの世界は……やめどきがわからなくなってきました。しかしあと約十ヶ月も続けたい気がしません。

 俳句講座勧められたので、明日は早起きしてNHK見たいと思います。早起き超苦手だけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

行動を起こさずに開運するものかしら

2016年02月05日 | 日常
お題「開運グッズ持っていますか?」に参加中!
 開運グッズは持ってるけど使ってないものが多いのですが、圓通院(http://www.entuuin.or.jp/index.html)でつくった数珠をだいたい身につけております。
 おかげでブレスをつけにくくなりましたが、それはそれ。
 要らんことをする前にちゃんと考え、状況を、相手を見ないとろくなことにならないのは運がいい証拠。
 行動もタイミングと方向性がおかしいと望みどおりにはいかないのは普通。

 数珠が開運グッズかどうかはさておいて、開運グッズって、どう使うものなのかと考えてしまうとあんまり用事がない気がします。
 仏様がついててくださる安心感で数珠は身につけておりますが、私の持つ仏様イメージはクレージーキャッツの「だまって俺について来い」なので……身につけていて良いものなのか…。

 パワーストーンとか、雑誌(占いの世界)の付録各種とか、まああります。お札は昨年のを近日納めに行く予定です。お札やお守りの類いはグッズと言ってしまうと味気ないな。


 無事なりや余寒見舞いも未だ来ず

 切れ字のやじゃなくて疑問のやになっつまったでござる。立春から一日しか経ってないのにそわそわしすぎですな。
 立春から寒中見舞じゃなくて余寒見舞。残暑見舞いの冬バージョンだけど、資料集にも載ってなかったから、かなり前から挨拶状としてはマイナーなんじゃないかな。

 春浅しもう一枚の上着かな

 というわけでリベンジ。なんとか基本形になってるかしら。寒がりなんです、ええ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加