キ上の空論

小説もどきや日常などの雑文・覚え書きです。

投影

2008年12月25日 | 日常
 たとえば、「あなた、私のことが嫌いでしょう?」と言う人は、言われた人のことが嫌い。
 自分の中にある、居心地の悪い誰かを憎む感情を、憎む相手に押しつける。そして、嫌われたからこちらも嫌いになったと思い込む。「だから、私は悪くない」

 そういう仕組みを学んだことがあっても、関係の修復は難しいです。他人(自分でないという意味)の感情は勝手に変えたくないですし、願うようには変わらないものです。

 直す気があまりない悪い癖に、「怒りの理由を説明する」があります。改めて自分を怒らせる現実を(自分に)突きつけたらどうなるかを想像したら、あまり良くない癖とわかります。
 しかし、自分が何にどうして腹を立てるのかがわかるのは、きちんと文章にして残していない限り、そのときだけです。
 その文章がまとまりのないものであったなら、かなり逆上しています。怒りの対象と向き合わない方が良いタイミングです。
 (自分を)怒らせた相手に同じ事態を防いでもらうためには、当時の文書を落ち着いて読めるようになってから……などと悠長なことを言っていると、二度目三度目がやってくることもあります…。
 実際にはそのような困ったさんとは一旦距離を置くのが正解なのかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サイト更新記録です。久しぶりすぎて笑えません

2008年12月16日 | 更新記録
ブログの過去ログをアップしました。
新作なしです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

涙の中には傘がいっぱい

2008年12月16日 | 日常
 一度そう聞いてしまうと、正確な歌詞を知って尚、聞くたびに間違った方の歌詞が脳裏をよぎる曲がいくつかあります。ハーヴェス・トレイン(harvest rain)などは友人にはめられたいい例です。そろそろ石清水を鰯水と聞き間違うのは卒業したいのですが、気を抜くとうっかり出てきます。名曲なのに(自分の中でイメージを保ちたいので曲名は伏せます)。あ、この鰯水イメージに王子様は関係ありません。

 これまでそれほど真面目に友達が欲しいとは思わなかったのですが(いてもいなくても良いと思ってます)、アクトのカレー屋さんに一緒に行ける友人が欲しいなあ、と最近思います。一人で行ったことがないわけではないし、美味しいです。それはわかってる。でもあのカレー屋さんは「友人と行きたい店」なのです。
 カレーの友を募集しようかなあ、でもよく知らない人といってもしょうがないしなあ、と通るたびに思う日々です。
 どうしようかなあ(まだ迷ってる)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

個人的不思議事件

2008年12月10日 | 日常
 特に更新もしていないのに閲覧数が増える日があるのはなぜだろう……。
 元々の数が少ないから増えたと言ってもたいした数ではないのですが、僻地なので驚いています。
 読むべき文など書いてないですよー。駄文垂れ流しブログですよー。知り合い向けの生存確認ですよー。
 小難しい思想のたぐいはここでは書かないようにしていますので、なおさら駄文度が高いと思います。ぐだぐだ上等。

 また短文のシリーズを増やそうかどうしようか思案中です。「みるいら」は冬に思いついた話のせいか、夏になると何も浮かばなくなるという病にかかります。設定はだいぶ細かいところまで決まっているので、それだけでも書いたら良いのかしらと、最近投げやりです。別の話が浮かんでしまい、そちらが脳内で稼働中だからです。
 設定だけ書いてしまうと、後で文章を書くときに困るかも知れず、困らないかも知れない。年末までに考えておきます。もうひと月足らずですが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

傘を忘れた

2008年12月05日 | 日常
 今日は出先に傘を忘れました。朝も家を出るときは降っていませんでした。使わないと(存在ごと)忘れます。もらい物の傘なので、壊れるまで使いたいと思っています。明日、回収に行こうかなあとぼんやり考えています。

 こないだ書き進めていた小説は、まとめて捨ててしまいました。こういうことをするから更新が滞るのですが、駄目なものは駄目なので、また修行して出直します。

 お酒のにおいも比較的苦手ですが、たばこほどではないのです。……今日ちょっと壊れ気味なのは、煙を多めに浴びたせいかと思われ。うう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅に出たんだぜ

2008年12月01日 | 日常
 脳内語尾「~ぜ」が未だに猛威をふるっております。治らなかったらどうしましょう。

 お寺さんに行ってきました。CD付きの本を買い、朝からお経を聞く羽目になるとは思いもよらで。個人的には自分のとこのおっさま(おっさま:遠州弁で僧侶の意。御師様の転か)の声の方が好きだなあ(ありがたいお経になんてあほな感想を)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加