エア百戦錬磨を目指す日記

140文字じゃ表せない乙女ゲーやアニメの感想をぶちまけるブログ。ネタバレしかないので注意

梶原景時

2017-03-18 23:56:38 | 遙かなる時空の中で3
彼に惚れたのは別の人のルートで山道を歩いて、主人公達が疲れているのを見て「(この辺が限界かな……)俺もう疲れちゃった〜休憩にしようよ〜」って言ったところですね!
他人への気の使い方最高に優しい。

彼のルートは苦しくて苦しくて……一緒に逃げたくなりました。でも逃げちゃだめなんです。

まずは屋島……だったかな?では劣勢に立たされた源氏の軍を逃し、一人平家の足止めをします……もちろん帰っては来ません。
そのときのスチルったらさあ……諦めたような、満足したような微妙な顔で笑ってるんですよ……それで「俺は大丈夫だからさ」とか「このくらいしか役に立たないからさ」とか言うからさ〜……(TдT)
もちろん運命上書きで回避します。だけど回避した先にある運命はもっと悲しいものでした。
景時さんには頼朝さんから秘密の命令が下っておりました。それは「戦いの決着が見えたら白龍の神子を殺せ」というもの。
景時は主人公を殺したくない、もう人を殺したくないと、訳も言わず高校生の主人公にすがり付いて「逃げよう……」と言ってきます。思わず何度も逃げたくなるんですけど、景時さんが辛いのを分かっていても逃げちゃダメなんです……(このまま現代にお持ち帰りしたい……)
そして運命を受け入れる主人公。景時さんの銃に打たれます。
でも景時さんは主人公を殺しませんでした。殺さずに気絶させる術と幻術を組み合わせて死んだように見せかけてくれたんです。
主人公が目が覚めた後は捕えられた仲間を助けることと頼朝さんぶん殴りに行きます!(殴れない)
ここのスピード感が最高でした!景時を信じる仲間と、仲間と主人公を信じる景時さん……
そして見事仲間を助け出し、頼朝さんの支配からも解放されることが出来ました!!
全部景時さんが信じてくれたお陰だし、景時さんは勇敢で機転も利いて頭もいい、とっても素敵な人です!

主人公に泣きながらすがり付いて「逃げよう」と言っていたあの景時さんとは思えない!でも弱い景時さんも頼もしい景時さんも好きです愛してます。

好きなシーンは「二度駆け」です!
敵陣の中取り残された主人公を助けるためにわざわざ戻ってきて馬でかっさらってくれるんです!
でもスチルは前のスチルの方が躍動感があって好きでした……(´・ω・`)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒノエ | トップ | 茜さす世界で君を詠う »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。