MINの目

MINの目が見つけた事柄をつれづれなるままに綴ります

ほぼ歩き遍路 三弘法参り

2017年07月11日 | お遍路好き


計画当初は全く知らなかったのですが、調べて行くうちに、
高野山が総本山であることを知り、それならばと高野山に挨拶してから行こう、
高野山で数珠が作れるらしいから数珠を作ってスタートしようなどと計画を立てていました。

そんなことを決めていてほぼ予定が組み終わりそうな頃に三弘法巡りがあることを知り、
動揺しました!予定の組み直しです。
完璧な歩き遍路ではないけど、順に回っていきたい。。。
そもそも、高野山は最後にお礼参りするのが順番の様だったので違うと言えば違うのですが。。

三弘法参りとは

昔、西の方に住んでいた人たちが、
東寺で菅笠、神光院で納札箱、仁和寺で金剛杖を調達して、
お遍路の安全を祈願したという習わしがあったそうなのです。

そして、今はそれがストラップのお守りとして再現されていました。

まずは東寺です。
新幹線からいつもみていました。修学旅行以来かもしれません。。
いつ見ても東寺の五重塔は素敵です。
本当は内部の公開をしていたので、見たかったのですが、到着が遅れたので叶わずです。
駐輪場は駐車場の片隅にありました。
入り方が悪かったのかようで、広い敷地をウロウロしながら
御影堂でお参りし、
案内に従って、食堂でお参りし、
初めての御朱印をいただきました。(東寺の御朱印が一番のお気に入りです。)

そして、神光院へ。東寺から10kmほどのところにあります。
住宅街を抜けてたどり着いた神光院は
静寂につつまれた落ち着いた感じのするお寺でした。
目のご利益があるとのことです。

最後の仁和寺
神光院でナビのセットをすると、「閉まっているかもしれません。。」
との案内。間に合わなかったら明日にしよう。
間に合わなかった時の事を考えながら自転車を走らせました。
ギリギリ到着!まだ門は空いています。
仁王門をくぐるとはるか向こうに、中門!こんなに広かった?
せっせと歩いていると「急がないと閉まっちゃいますよ」との忠告を頂き急ぐと。
中門から金堂までがさらに遠い。
しかし、ここまで来れば金堂の近くに納経所もあったはず!
金堂までたどり着いて納経所を確認すると閉まってます(^^;)
ここまで来たのだからお参りはしよう!
お参りをして閉まってしまった納経所に立ち寄ると御殿で受け付けてくれるとの案内があり、
だめもとで訪ねました。
御朱印を書いてくださる方も帰り支度されていることろ、快く対応してくださりました。
最後の金剛杖のお守りも奥から出してきてくださり、無事に揃いました。
ありがとうございます!!
仁和寺と言えば、修学旅行で来たり、古文の時間に徒然草で勉強した親しみのあるお寺です。
仁王門の前は昔訪れた時よりも整備されて、門全体を離れたところから見やすくなっていました。

またゆっくり訪れたいです。
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ほぼ歩き遍路 青春18きっぷ... | トップ | ほぼ歩き遍路 九度山へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL