中国西安で奮闘する大学教師Mの日々

日本人教員として中国の山東省済南市の大学生・大学院生に対し、「日本文化・社会」や「小論文・論文」などを教えています。

中国での実践記録を理論化する試みを始めます!

2015年03月21日 17時10分49秒 | Mの研究活動や成果
私は教えるという作業自体も好きではありますが、何より夢中になるのは自分自身が調べ、新しい知見や視角を得る研究活動です。
中国に来て以来、一年間のうち、9~10ヶ月は中国の大学において日本語、また日本文化・社会を教える仕事をしています。

そのため、研究に専念したり、それに関わる仕事をする時間は2~3ヶ月程度と言う計算になります。
これまで中国の現在の職場では、自身の研究とは相当離れたことをしているという考えが私の中にはありました。
ですから、「日本へ早く帰りたい」と毎年のように思い、それが叶わない現状を憂いたような時期もありました。

しかし、このような考えを変え、もう少し現状を活用する方法を編み出そうと、今年の冒頭から考え始めていました。
その結果、

①日本に一時帰国している際は、とにかくほぼ100パーセント自分の研究に専念する。
②そして、中国に戻ってきたら、自身の教育現場で課題を見つけ、現場でデータを集め、それを活字化する。
③活字化した成果は中国や、場合によっては日本でも発表する。
④なお、中国にいる間は自身の研究活動は原則、研究論文の概要を整理・資料収集・書評論文などに限定する。

このようなスタンスで活動していこうとの考えにいたりました。
これならば、日本でも中国でも異なるとはいえ、共に研究活動をすることができます。
また、門外漢の日本語教育分野の研究とはいっても、自分の専門に近い日本文化・社会の授業現場での課題の克服に関する研究もありですし、
中国人特有の日本語取得における難しさ、課題など、中国人学習者を対象にしている私にしかできない研究が十分できると考えました。


これまでの中国経験で、自身の研究論文の主な作業は、全て一時帰国中に行ったものでした。
今後もどんどん忙しくなることを考えると、恐らくこの流れは変わることはないでしょう。
中国での日々の仕事をもっと楽しく、より実りあるものにさせるためにも、歴史に限定せず、日本語教育の分野でも少しづつ研究を始めることにしました。


そのためにまず、中国の自宅を歴史関係の研究室と日本語教育の研究室とに分けてみました(笑)
こうした時、リビングの他に部屋が三つもある環境は素晴らしいです。

歴史研究室①


歴史研究室②


そして、まだ研究書と呼べるものが皆無に等しい日本語研究室



まずは今学期の研究調査としては、日本語作文の誤用事例を実際に学生が書いた作文からリストアップする調査からはじめたいと思っています。
加えて、日本概況に関する研究をやっていきたいのですが、まずは作文の研究からとりかかるつもりです。
東京外大に留学した教え子、同じく北京外大の院に進んだ教え子には、先行研究の論文(張麟声氏の成果など)を送ってもらうようお願いしました。

こうした時、様々な地域で教え子が活躍していると助かりますね。
彼女たちには感謝をしつつ、頑張りたいと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国に戻って大学の新学期が始まる

2015年03月13日 23時00分25秒 | 中国の大学、大学生
更新が遅くなりましたが、3月5日に北京入りして一泊し、翌6日に山東省済南に到着しました。
そして、3月9日から大学の新学期が始まっています。

今回は済南についてから、今までの日々を日記形式で更新します。
というか、最近は日記形式ばかりのような気もしますが・・・。

3月9日(月)
新学期一発目の授業の日。
なお、この日は90分が3コマ(大学二年の日本語会話、日本概況)。

学生達は相変わらず元気で、笑顔が絶えない。
この日、前学期病気で半年休学していた学生L君も戻ってくる。
また元気な顔が見れて、自分自身も気持ちが嬉しくなる。


3月10日(火)
午前は自宅で授業の準備。
この日は午後に、90分が2コマ(大学二年の現代日本社会・文化と三年の小論文)
二年生は相変わらずだが、三年生を担当するのはこれが始めての私。
学生達はなんとなくまだ緊張している印象だったが、これから授業でどんどん皮をとっていく予定(笑)

夕方は学生達と一緒に、学食で夕食。
今学期から一部の学食の値段が「二倍」に跳ね上がったという噂を確認するため。
実際に一部の値段はあがったようだったが、元々安かったというのが理由のようだ。
これから、中国はどんどんインフレで全体的に物価が上がっていくのだろうが、
その影響は当然、こうした学食の値段にも反映されていく。


3月11日(水)
この日は90分が3コマの日(大学二年の日本語会話、日本概況)。
ちなみに、今学期は地理と歴史を中心にやる予定だが、
地理に関しては都道府県や山や河川を無味乾燥に教えるのではない。
冬休みにも考えていたが、各地方の地誌情報を取り入れ、地理・政治・経済・歴史にまで話しが広がるように教えたいと考えている。
また、教師が教える時間に制限を決め、それ以外は学生の発表や作業を積極的に入れていくようにした。

そして、歴史は日中交流史(古代から現代まで)に話しを絞り、数回に分けて紹介することにした。
具体的な実践例、学生の反応などはこのブログでも紹介していきたいと思っている。


3月12日(木)
この日は外部の大学へ出講の日
自分の大学で、出講先の大学のスクールバスが止まってくれるので大変有難い。
私の大学より、郊外へバスを約20分ほど走らせると到着。

初めての授業なので、30分以上早めに教室に入ったのだが、既に学生達が座っていて驚く。
聞くと、この大学では大半の授業で授業の20~30分前には着席し、自習をしているそう(!)
さらに驚いたのは、受講生の中に一人しか男子学生がいなかったこと。
日本語科とはいえ、ここまで男子学生がいない授業は初めてだったが、こちらの学生も雰囲気がいい。
お陰で楽しく授業をさせてもらい、あっという間に時間が過ぎた。

午後大学戻り、大学の印刷所で名刺を作成。
その後、部屋に戻って論文を読み、早速来週の授業準備を始める。
食事をとりつつ、学生から紹介された中国の番組を見る。


3月13日(金)
午前は前回書いた研究ノートの初稿が送られてきたので確認し、日本事情教科書構成の案に関してメンバーにメール。
教科書作成をしている各メンバーは皆忙しそうだが、本当に良く頑張っている方ばかりで自分の刺激になる。

その後、自分のアパートで来週の授業準備を進める。
夜、大体の準備が終わったためアパートを出て、市内のショッピングセンターへ。
そこで夕食、洋服を買い、帰宅。

日曜日は第二専門の授業が入っているので、明日は一日研究日とする予定。
恐らく、一般的な外国籍教員よりも1.5倍から2倍近い授業をこなしている私。
しかし、前学期もこのような状況だったので、もはや負担に感じなくなった(苦笑)
上がった給与で好きな本を買い、調査費用にまわせるのでラッキーとさえ感じている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日から、また暫く中国へ

2015年03月05日 06時19分55秒 | とりあえず日記
本日、成田を発ち、北京へ向かいます。
そして本日は北京で一泊、明日は大学のある山東省済南へ戻ります。

今回の冬期休暇は、1月下旬から現在まで日本にいることが出来ました。
毎回、夏期・冬期休暇はあっという間に過ぎ去りますが、今回はよりそう感じられました。
ただ、今度の帰国では自身の研究活動にある程度満足する結果を得られたように感じます。
年二回、約一か月強の研究専念期間が与えられる、現在の環境に感謝しないといけません。

来週明けからは、いよいよ大学の新学期も始まり、中国での仕事が開始です。
今日からは仕事第一、研究は第二に据え、また暫く中国で奮闘して参ります。


日本の皆さん、またお会いましょう!
再见,日本的朋友们!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加