ねむたいむ

好きなもの ゆるやかで懐かしい時間

あけましておめでとうございます。

2017-01-04 | Weblog
年明けからずっと、家を出ていない。
テレビを観て、本を読んで、ごちそうからの残り物を食べて、まあ考えたら正月に限らず一年中似たような生活なのだ。

一日からずっと読みつづけていた本を昨日やっと完読。
何年か前の出版なのだけど、年末に紀伊国屋で見つけて、そうそうこれ読みたかったんだと、買った本だ。
高樹のぶ子著「マルセル」。実話をもとにした小説だ。

1968年、まだ新しくなる前の国立京都近代美術館で開催されていたロートレック展から名画「マルセル」が消える。そして7年たった時効後に、絵は無事返却される。誰が、何のために盗んだのか。その謎を、返却されたのちもずっと追いかけていた新聞記者がいて(ここまでは事実通りだ)、物語は、40年後、その新聞記者の残したメモをやはり新聞記者になっていたその娘が見つけ、さらに深く追及していくというミステリー仕立ての筋立てになっている。

私の好きな京都やパリの街もよく描写されていて、面白く読めた。
この事件については、当時実際に現場にいて、高樹氏が「マルセル」を書く上でその取材メモを提供したという新聞記者本人も「マルセル嬢誘惑」という本を別に出しているそうで、そっちのほうも読んでみたいなと思っている。

ロートレックはポスターよりも洗濯女や踊り子たちの舞台裏や普段の娼婦たちを描いた作品のほうが私は好きだ。
マルセルは、ロートレックが通っていた娼館の娼婦なのだろうか。
けだるそうで、でもどこか人生を達観しているような、冷たさとやさしさとあきらめとが同居している横顔。じっと見ていたい絵だ。

今年12月に東京で上演する「絵葉書の場所」という作品にも絵がかなり重要な役割で登場する。
その絵は、名画でもなんでもないのだけど、登場人物にとっては大切な絵だ。
今回は制作のお手伝いはあまりできないけど、舞台に飾るその絵を描きたいと思っている。
自己流だけど絵を描くのは好きなのだ。
そういえば「ポプコーンの降る街」にも絵が登場してきていたっけ。
絵から物語をつくるという作業もまたやってみたいと思う。

そうだ、前回、移行に失敗したとか言っていた星みずくのホームページ、移行はちゃんとできていました。ただ、検索エンジンにひっかからなくなってしまって…、なぜかな。

以下が星みずくの移行先のURLです。

「星みずく」
URL : http://hoshimizuku.blue.coocan.jp
お気に入りに登録しておいてくださいね!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年一年 | トップ | 絵を描く  »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事