ミモザの花咲く庭から

一期一会に感謝     写真中心のブログです

居待月

2016-10-18 | 月・星・雲、空
夕方から雲が広がり
準備万端、待っていたのにこんな月の出でした


雲を褒めすぎたけれど、ここまで広がられるとねぇ~


でも人には想像と言う力もありますから・・・


撮影モードを換えてみてもあまり変わりはないですね・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真田丸大河ドラマ館で | トップ | 楽しかった10月、まだ継続... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (fukurou0731)
2016-10-18 23:27:44
こんばんは。
立待月、居待月、寝待月、更待月と続くのでしたかね?
昔の日本人の感性には驚かされますね。
Unknown (mimoza)
2016-10-19 09:57:33
fukurou0731さん おはようございます
月の出を
そのような言葉で表現して
待つ
私たちの中にもその血は流れているのですよね・・・

  あかときにかがやく月の紅を
  古代乙女のごとく仰ぎぬ

阿木津 英さんがこのように詠まれています。

余分な物を捨てて一途に月を仰ぎたいです。

コメントありがとうございます☆
月さまは恥ずかしがり (屋根裏人のワイコマです)
2016-10-19 10:30:22
上田、真田館・・ご来訪ありがとうございました
昔、この地に真田家の皆さんが生きて暮らした
その信繁が幸村と名乗って最終章は大阪が
舞台・・でも 若侍の信繁の雰囲気を感じて
頂けたことでしょう
お月さま・・この頃は、なんとなく気まぐれ
恥ずかしがり屋は昔から・・それに気まぐれが
加わりますと、撮るのにも苦労させられます
ポコちゃん見えましたか??
Unknown (mimoza)
2016-10-19 15:21:06
ワイコマさん  
上田・・・いい町ですね。
もしかしたら松本以上に好きかも・・・?
時代を戦国に戻して、一時浸る
いいですね~

今日は日の出だけの顔見せで
その後はお日さままで隠れています。

コメントありがとうございます☆

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。