ミモザの花咲く庭から

一期一会に感謝     写真中心のブログです

雉を見ました

2017-04-21 | デジカメ散歩&ウォーキング
昨日は目的地への往復で17000歩も歩いてしまいました
帰り道の川の土手では花や鳥などを撮りながら~


鷺を撮っていて・・・逃げられたり…
   

学校帰りの子供たちを見送ったり・・


川鵜やすずめ、そしてはるか対岸に人(?)らしき物体を発見し、ズームで・・・
写真に撮ってはっきりわかり、やはり人でした。釣り人みたいですね・・
ズーム機能の見事さを実感しました。
これって盗撮になるのでしょうか?
         



私を追い越して歩いて行かれたご夫妻が何か見ているようです。
追いつくと雉がいると教えて下さいました。


かなり離れていましたがズームで姿を追いながら撮ってみたところ
結構写っていてくれました。




珍しくて雉に数十分も付き合ってしまいましたが・・・
      

Goodタイミングです!! 鳴いた時シャッターを押せました。


我が町にも雉がいた事、新発見でした。
私が知らないだけだったのかも・・ですが。


日暮れの道はウオーキングの人が多かったです。


『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 避難 | トップ | デジブック 『景信山へ』 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
最近多い キジ (屋根裏人のワイコマです)
2017-04-21 09:56:02
信州では、キジは大概、鍋を想像して・・
綺麗なキジ・・というよりも 美味しそうな雉
と言って叱られますが、私の小さい頃はお爺様が
年に数回罠で獲って、皆親戚中が集まって
鍋にしたり 焼き鳥にしたり・・美味しかった
と言うか、その日は皆が集まって鍋をつついて
皆笑顔で飲食したのが嬉しかった・・
なので、失礼ながら 雉は美味しいもの・・
なんです。 変な話でゴメンナサイ・・
野の鳥たち (A.S(たわごと的オピニオンの))
2017-04-21 10:15:50
おはようございます。
「鷺」や「鴨」や「雉」を散歩で見つけるとすごく感動するというかやった-って気分になります。でも一番多く出会うのが「カラス」でして、中には攻撃的で騒がしいのもいたり、「まったく」何て思ってしまいますが、一方で「カラス」の羽が白かったりだったら何てことも思ったりです。
確かにこの何年か「雉」が増えてきたなと感じています。自然を大事にしたいです。
ワーキングの17,000歩はすごいです。
Unknown (mimoza)
2017-04-22 00:04:02
ワイコマさん こんばんは
キジ鍋、いただいたことはありませんが
おいしそうですね。
信州は海がない分鳥や動物たちから
蛋白源を得ていたのでしょうね。
ひとつの写真や記事から
さまざまな方向へ広がって行く事は楽しいものです。
ありがとうございました。
Unknown (mimoza)
2017-04-22 00:16:14
A.Sさん こんばんは
花などと違い、鳥や動物は会えないと撮れないですものね。
本当に“やった~!”です。
カラスは子育て中は威嚇しますからこわです。
白いカラスが大量にいるのもちょっと・・・異様ですね。
私の中で雉は珍しいと思っていますが、
A.Sさんの方では多くなっているのですか。
多くなってワイコマさんのおっしゃるような
鍋の材料に・・・まさか都市ではそんな事する人もいないでしょうが(笑)
この辺もカラスばかり増えずに
雉などが増えてほしいものです。

コメントありがとうございました☆
雉をありがとう (コルナゴ親父)
2017-04-22 05:15:26
沢山歩かれましたね。
そのご褒美に雉に出会えて雉の鳴く姿を撮ることが出来ましたね。

ありがとうございました😊
Unknown (mimoza)
2017-04-22 07:49:04
コルナゴ親父さん
はじめまして。
DBからおこしくださいましたか?
ありがとうございます☆

自転車でなく、てくてく・・・専門です。
オカリナ吹かれるのですね
オカリナの音色も素敵ですね。

ありがとうございました♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。