ミモザの花咲く庭から

一期一会に感謝     写真中心のブログです

たたくとほこりが・・・

2016-10-25 | 山行
あまり良くない時のたとえのようですが、
こちらの埃はホコリダケと言うキノコです。
櫛形山で教えていただきました。
棒でキノコを叩いて見せて下さいましたが
本当にほこりのようなものが出るのです
若い出たての物は食べられるのだとか・・・?
でも、キノコはこわいです~~


サルノコシカケですか?       二種類並んでいました

オオイタヤメイゲツと言う木の根元付近に出ていました

こちらはどんなキノコでしょうか?


櫛形山は自然の姿がそのまま残っていて
一人だったらちょっと・・・と思うような原生林もありました。
随時UP致します。


今日は同期の仲間でお食事会。
いつもの4人のほかに3人加わり大勢です
行ってきます
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二十四日の月 | トップ | お食事会 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
きのこの世界 (屋根裏人のワイコマです)
2016-10-25 10:55:01
食用から 鑑賞用から 薬用まで・・
沢山のきのこがありますが意外と自然界
のきのこは知られていませんよね
怪しいもの知らないものは・・口にしない
これが原則ですね でも興味深いですね
Unknown (mimoza)
2016-10-25 23:40:27
ワイコマさん こんばんは
茸は良く知らないと怖い事になります。
信州の仲間たちは詳しくて・・・
キノコを見つけると登山になりません~~

ある方からの情報で
やはりホコリダケの出始めの若いものは
食用になるそうです。

コメントありがとうございます☆

コメントを投稿

山行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。