ミモザの花咲く庭から

一期一会に感謝     写真中心のブログです

上田へ

2016-10-16 | お出かけ
市の団体のツアーで上田へ向かっています。
大河ドラマ館、休日はとても混み合うそうです。

妙義山


浅間山
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨日の十五夜の月 | トップ | 秋の蝶 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ようこそ・・信州へ (屋根裏人のワイコマです)
2016-10-16 12:30:31
有難うございます、今年は信州上田の真田丸
ブームで終わらせるのではなく・・信州の東信の観光拠点として・・頑張って欲しいところ
皆さんでおいでとのこと・・また後日のレポートを
楽しみにさせていただきます。
群馬の山が・・・ (chika)
2016-10-16 19:51:23
関越で向かわれたのですね。
私には見慣れた山が!

先月行った松代は、平日でしたが やはりとても混んでおりました。
上田はさらにすごいことになっているでしょうね。
大河ドラマの影響はすごい!と実感しました。
展示する側もきっと張り切ってお迎えしていることと思います。
興味の輪が広がりますように。

Unknown (mimoza)
2016-10-17 11:02:06
ワイコマさん
上田城、とても大変な人でした。
展示をゆっくり読んでいる事も出来ないほど。
こういうところは本来ツアーではなく
ゆっくりの時間をもって行くべきですね。

私は昨年のコンサート以来の上田でした。
コンサート会場だった所が真田丸ドラマ館となっていました。
このお城の一角に黒坂先生の母校もあるのでしょうか。
確か校章が六文銭とお聞きしました。

忙しかったですが道中の風景に何気なく目をやっている事も
結構たのしいものでした。 

コメントありがとうございました☆
Unknown (mimoza)
2016-10-17 11:14:01
chikaさん
そうなんです。圏央道から関越に入った訳ですね。
妙義山が素晴らしかったのですが、
生憎反対側の座席でした~~
妙義山の縦走など思い出す山並でした。

真田丸・・・予想通り混んでいました。
真田神社はお参り出来ないほどの列に断念し、
横から手を合わせてきました。

戦国時代の歴史はchikaさんのように詳しくないのです~
主人は解って見ているようでした。
撮影の様子とか衣装などはよく分かりました。
刺繍がほどこされ、見事な衣装でした。

名前も幸村となり、いよいよ見逃せなくなってきたようですね。

コメントありがとうございます☆

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。