こんにちは江崎遊子です。

ちょっと言ってもいいですか。

スパーズ強し。

2016年10月29日 | NBA雑感

 ダンカンがいないスパーズなんてスパーズじゃない、と言いたいけど
 どってことない。薄情なんだろうか。

 ウォリアーズが気になる。あんなに強かったんだよ。
 どうウォリアーズを倒すか、去年皆、研究してた筈。
 今のウォリアーズ、どう受け止めよう。
 ダンカンのいないスパーズだけど、何の問題もなく受け入れられる。

 色々な不思議をまだ引きずっていると感じてしまったウォリアーズ。

 まあ、そう慌てず、一試合済んだだけだから。

 キャブスは調子いい。ラプターズもいい。スタメンがそこそこ変わっていないと安心してみられる。
 ラプターズにビヨンボがいなくなってしまったけど、カメルーンのパスカルシアカム
 オーストリア人のヤコブパートルとか加入してた。
 
 ニックスに移籍したノア。今シーズン調子がいい事を願う。
 やっぱり、存在感が凄くて、彼がいるだけで安心感がある。
 ローズも頑張って欲しい。

 新生ブルズも面白い。
 ジミーバトラーやあのロンドまで、ウェイドに話しかけて何かを確認しているような所があった。
 リスペクトされてるう。ッと思ったね。HCより信頼されてたりして。
 巧くまとまれば、キャブスを脅かす存在になるかも。

 どこか置き去りにされ気味のクリッパーズもグリフィンとポールが頑張ってた。
 
 ペーサーズいいじゃん。ホークスから移籍したティーグが生き生きしてるように感じちゃった。
 ジョージヒルよりいいと思うな。ぞろぞろと選手を連れて来たラリーバード。
 ボーゲルHCを放出した事にブーイングだったファンも黙ったらしい。
 活気があって、ポールジョージの陰が薄くなるようなマイルズターナーの大活躍があった。
 マブスとの対戦で、出た出たセスカリー。
 ステフィンカリーの弟で、しかも岩崎大整さんの井戸端会議の話がなければ
 つい、その存在に気付かないかも知れない。
 存在が薄い。でもつい注目してしまった。
 なんかの動物に似ている。そのうちハッキリしそうだ。
 バーンズ、ボーガットもマブスにいる。どうだろ、今年のマブスは。
 デロンウイリアムスが凄く良くて、びっくり。
 バーンズはもっとオレオレ、行く行くがでて来た方がいいかもね。
 何せスタメンですから。

 サイクリングマシーンを漕ぎながらのNBA観戦。
 農作業もほぼ終わりに近づいて来てるし、これだね。
 署名活動止めようかな。

 放送カードはチームがどうしても限られてしまうのかな。
 見たいなあ、ウルブズ、ジャズ、セブンティシクサーズ、グリズリーズなどなど。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちょっと考えた。 | トップ | カチュウシャは欠かせない。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

NBA雑感」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。