こんにちは江崎遊子です。

ちょっと言ってもいいですか。

早起き。

2017年06月17日 | 日記

 早起きと言えるのかどーなのか、夜中の2時半に目が覚めた。
 こんな事は1年のうちに1回あるかどーかである。
 仕方ないので起きだしてブログを書いている。

 このところ、旦那の個展の準備で焼き物を窯場から車で運んで
 洗い、旦那の検閲が済めば、プチプチで包んでいる。
 昨日、ほぼ済んでほっとした。
 早めに片付いたので、これでゆっくり金沢の21世紀美術館に出向いて、
 池田学の個展を見がてら、孫の顔をみて来ようと思っている。
 その所為ではないと思うけれど、目が覚めたのである。

 3時間半しか寝ていないのに、この目覚め。

 このところの冷温で、畑の作物が足踏みして,中々成長しない。
 一応,窯焚きなどの影響で芽だしに失敗したものの、
 皆のお陰もあって、果菜が見事に畑に並んだ。いい眺めである。
 しかし、気温が上がらないので,パオパオをかけてある。
 タマネギが病気になり,恐らくベト病と思われるけれど、
 成長が望めないので,早々と収穫した。連作の影響があるかも知れない。
 もう1箇所の方は,連作ではなく、病気が出なかったし,割合大きくなった。
 あの独特の辛さがない、自慢のタマネギである。小さいけれど,味はいい。

 今、お寺に秋田犬がいる。
 金沢のブリーダーさんからお試し期間といって預かっていて,気に入れば飼うと言う話である。
 3歳の雌で,この秋田犬が滅茶滅茶可愛い。
 しかし、問題が多く、結局飼えない、とお寺のご夫婦は決めたらしい。
 気が小さい優しい性格だろうとおもう。
 ブリーダーさんの事務所で、母親とべったり暮らしていたらしく、3歳なのに子どもみたいだ。
 秋田犬の中でもトラと言う種類で、赤毛と黒と白のまだらで、顔の縞はトラのようである。
 近づくと必ず、身体を低くして警戒する。
 人の中でも女性が大好きで、べたべたと甘えて来る。
 大きい犬の良さがあるけれど、我等も年を取って来たし、人が引っぱられるようでは無理がある。
 もっと小さい犬にすれば、と思うけれど,和尚さんは大きい犬がいいと主張している。
 結局,あくまで秋田犬にこだわって、子犬から飼う方向にするらしい。
 かっては,この村でも我が家のゴールデンリトリバー、N家のハスキーもいて雄ばかりで何かと騒がしかった。
 ハスキーの後に雌の秋田犬が登場し、ゴールデンとの間で2度出産し、これもまた賑やかだった。
 ゴールデンのソクが亡くなり,秋田犬のハナも亡くなり、今はイタグレのカンちゃんだけ。
 しかし、このところのイノシシの登場で、やはり日本犬が飼いたい、と思うのは分かる。
 N家もマメシバを飼いたいと言っている。
 これからまた賑やかになりそうである。

 犬がいると、犬だけ置いて出掛けられない。
 友人の北海道の陶芸家一家は、北海道から犬も連れて全員で大型のバンでやってきた。
 どこかで、犬と縁を切りたい,猫とも縁を切りたい,と思うけれど
 果して、どうなりますやら。
 A子女史がオウムを飼いたいと思ったらしいがオウムは100年も生きるとか言われ諦めたと言っていた。
 わたしたちより長生きではね。
 トカゲを飼っている人もいるね。
 動物と付き合うのは面倒,と思ってしまうのは年を取ったということなのか。
 カンちゃん長生きしてね。このサイズは楽である。
 
 庭の鉄線ももう終わりだ。
 白血病で亡くなった友だちのお墓と決めて去年バラを植えた。
 病気っぽいけど、必死で咲いてる感じが、何故か悲しい。
 
 4時15分、空が白んで来た。
 さて,少し寝ようか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バラの香り。 | トップ | ちょっと反省。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事