こんにちは江崎遊子です。

ちょっと言ってもいいですか。

ほんとは濛々,怪漢?

2017年07月18日 | おばあちゃん

 昨日、おばあちゃんに「仏さんにまんまあげたかね」と言われた。
 おばあちゃんが毎朝炊きたてのご飯を仏壇に供え、ろうそくに火を点け、線香を焚いていたのは
 もう随分前になる。仏壇は綺麗に掃除して、おばあちゃんのコレクションの人形が飾ってある。
 花は造花である。

 うーん。仏さん復活か。
 おばあちゃんが信心深い感じはしなかったけど、朝の日課は続いていた。
 おばあちゃんに頼まれて,仏花を買って来てたのは、何年前だろう。
 しかも、昨日畳の上でおむつを変えると、仏壇に向かって両手を合わせていた。  
 さて、どうする?と考えている。

 昨日、「みんなは」と聞くので、おばあちゃん皆がいるのは老人フォーム、と答えた。
 ここは息子の家で,今はわたししかいないよ,と言った。
 みんがいる所がいい?と聞くと「優しい」と応えた。
 はて。
 このところ,おばあちゃんに自分でズボンをはくように促す。
 実は寝たまま,お尻を上げて,はけるのである。
 誰かがやってくれる,と思っていて、施設では丁寧だし親切だから、ありがたいのかも。
 自分で椅子に座れだの、洋服を着なさいだの嫁は厳しいのである。

 親切で,沢山人がいる老人フオームがいいのかもしれない。
 もしかして,自分の家の方がいいのでは,と思っていたけど考え違いかもと思った。
 何がおばあちゃんにとっていいんだろう。
 親切で丁寧に扱ってもらい、次第に能力が低下して行くのがいいのか。
 
 今まで、自分の家の方がいい、とおばあちゃんは思っているに違いないと考えていたけど
 もし、施設がおばあちゃんのお気に入りと言うことになれば、
 施設に全面的にお世話になることに対する、われらの引け目が軽くなる。

 分かり難いけど、おばあちゃんの気持を掘り下げてみよう。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 思い出したおばあちゃん。 | トップ | ロケッツ買いたい。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。