こんにちは江崎遊子です。

ちょっと言ってもいいですか。

タロット占いから考えた事。

2016年10月11日 | 日記

 面白い友だちが今回タロット占いをしてくれた。
 しかも、タロットの絵をあのダリが描いたと言う。
 可笑しいのは、何故かハロウィンの帽子を被って占ってくれたこと。。

 我等夫婦の愛について占うと言う。
 そうなると変な気分になる。ようは困るのだ。夫婦愛と言うものに価値を置いていない。
 にもかかわらず、村ではラブラブとか言われるのである。
 お互いが我が儘言いあって、よく喋るからかも知れない。
 
 なんで?とか言われても困るけれど、今が一番いいと思って日々暮らしているし、ある意味ご機嫌なのである。
 そこへ、我等夫婦の愛について、なんて言われると、途端に淋しくなるのはなぜだろう。

 結婚して、ほぼ36年になるかな。
 その間、色々な事があった。結婚崩壊の危機は何度もあった。
 長々と文句をたらたら言いながら暮らして来たような気もする。
 しかし、いいこともあった。相手が自分を好きであるか、が自分の中で問題になるけれど
 自分はどうなのか、というのが若い頃は抜け落ちて、ただ相手に要求してた。

 ある時、自分の思い込みの中で、相手を捉え、分かっているようなつもりでいると気が付いた。
 しかし、ほんとは相手の事を何も知らないかも知れない、と気付いた事がある。
 彼は永々と自分の人生を生きて来ていて、わたしも自分の人生を生きて来て
 今、一緒に肩を並べて歩いているだけじゃん、と思った。
 話として聞いて来た彼の人物像を自分で勝手に思い込んで思い描き、それがほんとの彼だと思い込んでいる。
 でもほんとは知らないのだ。この先も、知らない事が沢山あるし、
 一緒になってからだって、実はよく知らなかったかもしれないのだ。
 それはわたしの頭の構造だけの問題ではなく、深く相手を知る事は難しい。
 自分の事だって分からない事だらけなんですから。
 
 ほんの短い間だったけど、わたしの知らない彼がそこにいて、彼との距離感が新鮮だったことがある。
 その時、わたしは初めて彼に恋をしたと思った。それはそれで楽しかった。

 言えば、更に、お隣のご主人に一週間くらい恋をしていた事もある。他にもいくつかある。
 生の現実があって、生の自分が生きているのである。色々な事があっても不思議ではない。
 しかし、わたしの場合、長続きはしない。自分の事をリアリストだと思っているし、現実から逃げる必要がなかった。
 はっと我に返る感じである。妄想が長続きしないのである。

 ほんとの幸せという言葉は魅力的だ。しかし、男女の強烈な関係の中で、孤独感を感じるのはなぜなんだろう。
 今、年齢も重ね、性の呪縛から解き放たれた感じがある。なんか広い世界が広がっているような気がするのである。
 
 ほんとに旦那を愛していますか、なんて聞かれても到底答えられない。
 明確なのは自分への愛。これだけははっきりしている。
 
 結婚崩壊がリアルに見えた事がある。寸前まで行った時である。
 その時、自分が考えている以上に夫婦の関係にしがみついている自分が見えた。
 心がぶるぶると震え、眠れなくなった。
 この時の体験は、わたしにとって大きな意味があった。
 奈落の底から這い上がった時、わたしは確かにひとりで大地に立っていた。
 ふと見回すと、大地に立っている人が沢山いて、手が差し伸べられているような気分になったのである。
 そこは孤独であり、同時に無限に温かかった。爽やかな風が吹いていた。
 わたしはその時、ほんとの幸せってこれではないかと思った。
 身体中からわき上がる至福感とでもいうのか、みんなが生きている事が嬉しかった。
 わたしも生きて行ける、わたしも生きて行けると心からそう思えた。
 後の話になるけれど、彼も孤独であり、一生懸命生きているのだと思えたのである。

 幸い、わたしたち夫婦は離婚を免れ、今に至っている。
 離婚しなくて良かったと今では心からそう思っている。
 我等の夫婦生活を一言で表現などできない。

 好きな映画、好きな音楽、相変わらず、意見が合わない事ばかりだ。
 当たり前と言えば当たり前である。衝突するのはここ譲れないという時である。
 益々我が儘になるばかりで、中々進化できないし、この先どんな事になるか分からない。
 我等人間は占いが好きである。未来を見たいのである。
 でもね、知らぬが仏という言葉がある。

 やっぱり、今が一番いい。

 何故畑仕事が好きなんだろう、と畑で草を抜きながら考えていた。
 多分ではあるが、野菜作りってわたしの作品だからかもね。
 この自分大事から離れて無償の愛、なんてやっぱりほど遠い。

 くどいけど、今が一番いい。何がやねん、て関西の友だちに言われそうであるが
 今が一番、死ぬまでそう言っていたいです。
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジンクス。 | トップ | 高校時代の友だち来訪。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事