mimosa days

ピアノのこと その他・・・気の向くまま綴ります

社交ダンスまでの道のり

2016年09月18日 | 社交ダンス
2週連続 ブログUP ってホントに久し振り。

おかげさまで
先週の《新しい試み》、予想外に好評だったのよ
『トーク(?)だけの記事でも楽しんでもらえるみたいだわ~v 』と 勝手に自信をつけちゃったかも。。^m^

今日は 《社交ダンス》を習うに至るまでの道のりをお話したいです。

                                          

さて、
ダンスにも色々な種類がありますよね。

私の《人生初!ダンス体験》は 母に連れて行かれたバレエ教室
たぶん3、4歳・・幼稚園に通う前。

そもそも なぜ母が私にバレエを習わせようとしたか というと
「子供らしく活発に走り回る子ではなかったから」だそう。
偏食で・・殆ど食べなかったから いつも疲れっぽくて・・ って一体どんな子供よ?

因みに 3歳年下の妹は、私とは まさに正反対!!
モリモリよく食べる健康優良児。いつも全速力で走り回っては 転んでいたので生傷が絶えなかった。
「座敷机の角に頭をぶつけてからは おつむを守るためにハチマキをしてやったのよ」と母が言っていましたが
赤いハチマキ姿という 妹の雄姿、家の中を駆け回っていた様子は 私の記憶にもありますョ。
なので
妹はバレエは習わせてもらってないです。かわりにスケートと水泳。
綺麗なフォームで滑れて、泳げて、羨ましかったわ。

先日、お盆に会った時も「週1日のプールのお休みの日以外は 毎日必ず1km以上泳いでるのよ」と言ってました。
「1kmをどれくらいの時間で泳ぐの?」私がたずねると
「前は1時間くらいだった。今は1時間泳ぐと1km+250mになるわ」とのこと。
ダンス始めてから「ちょっとは体力がついているかな?」って思ったけど とんでもない! 彼女には全然かなわないわ~~
妹が元気そうで頼もしいです! 嬉しくなりました

話が脱線しかかってますね ^_^ゞ バレエの話に戻します。

《今の私》だったら 「わ~ ママ、バレエ習わせてくれるの?!」 とテンション上がりそうだけど
当時の私には 《有難迷惑》だったみたい。 母が「やれ」というから しょうことなしにやっていたのでしょうね。
母が繰り返し聞かせてくれたエピソードがありますよ。

幼児バレエ教室では、いつもママ達が傍らで練習を見守っていたの。
発表会に向けて練習していた時
最後の『みんなが蜘蛛の子を散らすように走り去る』という場面で
私だけが そのままポツンと中央に残り、ゆっくりとスタスタ歩いて行って・・(滝汗
何回も何回もやり直しても 私だけそんなことになるので 
『もう!この子ったら どうして他の子のようにしないのよ?!』と 母はヤキモキしていたそう。
「アナタがそんなだから いつの間にか発表会の演目が違うのになって あまり動かなくていい踊りに変わっていたわ」とのこと。
三つ子の魂で、私はその当時から《超・マイペース人間》だったのか・・(汗 
ただ単に、ちょっと走るのも無理なほど ひ弱だったのか・・ 定かではないです。。^m^; 

今の時代、私がそんな子の親だったら (他のお母さんに睨まれそうだけど)こっそり撮影して 面白ビデオに投稿するでしょうね。。

母もさすがに 「バレエは この子に向かない」と納得。 あっさり挫折してくれて
バレエの次に連れて行かれたのがヤマハ音楽教室でした。 それはまた別のお話。

                                          

バレエの後、ダンスと言えば幼稚園のお遊戯。
あとは普通に学校で フォークダンスとか 盆踊り少々。。

初めて自分の意思でダンスに参加したのは 大学卒業後だったなぁ。
夕方から英語塾やっていたので 日中は《やりたいこと》ができたのよ。

偏食がなおって 何でも食べれるようになってからは
「お姉ちゃんのは《てへん》がとれた拒食症(=巨食症)だね!」と妹から呆れられるくらい大食いに。
どうしてこう極端から極端へ変われるんでしょうねぇ?! 人生で一番ぽっちゃりしていた時代ですョ。
とにかく身体動かさなきゃ ということになって 
へっぽこテニスにハマった時期もあれば、ダンス教室に通った時期もありました。

元タカラジェンヌがオーナーさんのダンス教室、良かったですよ~♪
(その当時)70代のおばあちゃまでしたが お背がすごく高くて体格・姿勢が良くて まるで外人女性みたいだった。
たまに ナツ先生自らレッスンしてくださることも。
どの若い先生よりも颯爽と踊られてカッコ良かったわ~

この教室は 自ら志願して参加したのですが・・
単純なエアロビクスはまぁいいとして ジャズダンスは(ハッキリ言って)下手でしたね。。^_^ゞ
でも!
とにかく『音楽に合わせて体を動かすことの楽しさ』に開眼できて良かったです。

                                          

ここまでが《社交ダンスのお話》の前振りです。
でも すでに長くなり過ぎていて・・(滝汗

これ以上続くと 私だけじゃなく 皆さんも疲れそう。。

なので

次週、《本編》を書かせていただくことにしますね。

本日もお付き合いありがとうございました。
次週もよろしくお願いします~


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新しい試み・・ かな? | トップ | 今日こそ、熱く語りますよ!! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お母様素晴らしい!! (ブレンダ)
2016-09-19 14:43:32
お母様素晴らしいですね!!

バレエとピアノ、水泳とスケート。
姉妹の適性を見抜いてそれぞれ別の習い事をさせるって素晴らしい!あと週に4個以上て送迎だけで結構大変だと思います。

お母様素晴らしい。

我が家は兄弟で同じ習い事をさせてますが、それも私は兄弟で差を付けたくないから・・・・
もしかしたら次男にはもっと適性のある習い事があるかもしれないですけどお兄ちゃんがやっていて自分も本当はやりたかったとかなったらどうしようかとか、いろいろ考えてしまいます。

お母様はスパッと長女はこれ、次女はこれと判断されて素晴らしいですね。

お母様の子育て方法もお伺いいしてみたい気もしますー
コメントありがとうございます♪ (mimosa)
2016-09-19 23:37:44
(^^♪ブレンダさん

姉妹で性格・適性が全く違っていたので
習い事も 別のことをさせてくれました。
今から思うとありがたかったです♪

ピアノは妹も習っていましたが
彼女は中学生になると フルートに興味が移っているみたいでした。

私も「スケート習ってみたいな~」と言ったことはあるんですよ!
でも
「アナタは転んで後頭部でも打ったら大変だから やめておきなさい!」と
即、却下されました。^m^;

他にも、
大学1年生の時、(私の場合は後期)
硬式テニスが必須だったのですが・・
夏休みに帰省すると、
母がプライベートレッスンを予約してくれていてビックリ!
私がスポーツ苦手なので グループレッスンだと落ちこぼれると思ったみたい(汗
もちろん妹に それは必要ないと判断してましたよ!

坊やたちは二人とも似ていらっしゃるので
同じ習い事をしながら切磋琢磨されるのが素敵だなって思います!

でも もしかしたら 『これやりたい!』と
自分で何か見つけられるかも?
これからが楽しみですね!!^0^v

コメントを投稿

社交ダンス」カテゴリの最新記事