伊豆の青春ドライバー【ミモリーの日記】

普段は静岡県伊豆の路線バス運転士。そして伊豆を舞台にした曲を日本中で歌い続けるシンガーソングライター&ギタリストです。

伊東市内にあるマニアックな楽器店【タナカピアノ】です。

2017-07-10 12:52:54 | 音楽
2017年6月4日、静岡県熱海市・多賀地区にある道の駅【うみえーる長浜】で行われた伊豆ご当地ロックンロールバンド MIMORY-IZU(ミモリーイズ) 野外ライブ終了後、別件があり早々と引き上げてしまった堤さんを除く、ミモリー&小倉さんの二人で伊東市内にある知人の飲食店で簡単な打ち上げを行う事になりました。


その移動の途中、小倉さんに『伊東市内にこんな楽器店があるよ』と紹介したのが、伊東市の伊豆急行・南伊東駅近くにある楽器店【タナカピアノ】です。


店の外観はどう見ても昔ながらの古い感じのピアノ店ですが、入店すると狭い店内には所狭しとエレキギター・アコースティックギター・各種アンプ・ブランド弦・楽器チューナー・メンテナンスキッド・音楽書籍とミュージシャンなら最低限絶必要なものが揃っているだけでなく、地方にある個人の楽器店は珍しく店頭に販売されているアコースティックギターは何とMatin OOO (USA製) で本格派の品揃えでした。


またそのギターが独自に仕入れいるのか、販売価格も大手楽器店と比べても安いなと思いました。


 またギターバラ弦は一袋ずつ丁寧に真空パックされ劣化を押さえている心遣いが素晴らしいと思いました。


また店主が自らの好みで仕入れたと思われる他店では絶版になって今では手に入らないマニアックな音楽書籍も販売され、更に70年代ロックの LP も販売されているから極めてマニアック度が高い楽器店です!


その高いマニアック度と変に充実している楽器店の品揃えにもとよりマニアックなもの好きの小倉さんも大喜び!


しかしながらピアノ店の主人がマニアックな品揃えをする訳もないと思っていたのですが、やはりミュージシャンだった息子の趣味でこの世界になったんですが、かなり造形が深いと思いました


あと余談ですが、私は数年来この店に通っている事もあり、オリジナルアルバム【我が青春の三島広小路】【修善寺ストリート】を持ち込む息子さんに聴いてもらっています。


あと本人曰く『もう少しこの店の認知度が上がれば・・』だそうですが、このブログを読んだ方が足を運んでくれれば嬉しいです。



※ 写真は小倉さんから拝借しました。












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【うみえーる長浜】特設市に... | トップ | ライブの打ち上げは伊東市内... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL