伊豆の青春ドライバー【ミモリーの日記】

普段は静岡県伊豆の路線バス運転士。そして伊豆を舞台にした曲を日本中で歌い続けるシンガーソングライター&ギタリストです。

【ぬまづ港の街BAR】に参加しました。(その6)

2017-06-15 18:48:08 | 音楽
2017年5月27日、沼津市の食べ歩きイベント【ぬまづ港のBAR】で飲食を楽しんだ後『他のアーティストの演奏も聴いて自らも学べ!』と言う事で、沼津港で演奏していた富士市のピースケさん率いるバンド【BlLLY  the  CAT】のライブにお邪魔しました。


ピースケさん始めバンドの存在は知っていたのですが、今回こういう形で実現しました。


バンド名から分かる通り、ビリー・ジョエルを敬愛するピースケさんのピアノ弾き語りを基本に各パートに腕利きのミュージシャンを従えたスタイルのバンドでした。


我々 MIMORY-IZU (ミモリーイズ)と違い演奏レベルが・・ではなく、各パートの演奏が互いにぶつかり合う事によって新しく斬新な音楽を作っていくのでしょう。


ちなみにギタリストは腕利きの高校生、知り合い奥山和香さんもすっかりアーティストの貫禄を見せていました。


ビジュアル的に見るとピースケさんのワンマンバンドのイメージがありますが、ジャコパスのThe  Chicken・フュージョン系のプリズムをナンバーに加えている所からバンドサウンドにうるさい【通】な一面も持ち合わせ、とても聴きごたえのあるバンドでした。


演奏終了後、そのまま退席するつもりが、あの姫様がが【投げ銭娘】に変身して、演奏に見合ったギャラ?を支払わせて頂きました。(笑)


今回、【ぬまづ港の街BAR】は単なる食べ歩きのだけでなく、市内数ヶ所のストリートで地元ミュージシャンが演奏させる姿は【沼津版・楽寿の森音楽祭】の様相でしたが、次回以降もこうしたイベントを用意して欲しいものです。


どうしても私自身が演者になっているので、他アーティストの演奏を聴くのが難しいのですが、お互いに切磋琢磨しながらも仲良く交流するきっかけになって欲しいものです。


























ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ぬまづ港の街BAR】に参加し... | トップ | 【伊東湯のまちバル】に参加... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL