ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the cat:JAPAN TRAVEL)

京都在住の旅ジャーナリストとネコのミモロが、京都の伝統と新しさをはじめ、注目のお店などをご紹介。心和む雑誌のようなブログ

[粟田神社」の夜渡神事。大燈呂が夜の氏子町を巡行。

2017-10-11 | 祭事・神事・風習

京都東山の「粟田神社」のお祭りが行われた秋の連休。ミモロは、毎日、神社へと通います。
8日の夜は、名物の大燈呂が、氏子町を巡行します。ミモロは、黄色のはっぴを着て、その行列に参加しました。

「このはっぴ、お友達に作ってもらったんだ~」という自慢のはっぴです。

さて、大燈呂は、とても歴史あるもの。すでに室町時代の記録に、当時の人たちが、それを見物に出かけたことが記されています。江戸時代には、数百という数の大燈呂が登場。さまざまな形で人々を驚かせたのだそう。その後、しばらくの間途絶えていましたが、平成20年から、京都造形芸術大学の学生さんたちと氏子町の人たちにより180年ぶりに復活。年々、その製作技術は向上し、今や見事な作品が毎年生まれているのです。


今年は10基が登場。源義経や、お地蔵さま、スサノオノミコトとクシナダヒメ、因幡の白兎、そして来年の干支の犬など、3メートル以上の大燈呂が、氏子町を進む姿は、祭りの見どころの一つです。
「この大燈呂って、青森のねぶたのルーツなんだって~」と教わったミモロです。

「迫力あるよね~」「さぁ、そろそろ巡行に出発しますよ~」と造形大の学生さんたち。
 

「ミモロも台車、引っ張るね~ヨイショ」
「ダメだ~動かない」お手伝いがしたいミモロは、台車の綱を引っ張りますが、あまり助けにならないよう…だって小さ過ぎますから。

そこでミモロは、台車にのって動かす人たちを応援することに。
「いろんな大燈呂の応援しよう~」
「ここにいてもいい?」ミモロはあちこちの大燈呂
「はい、どうぞ~」 
ミモロは、お手伝いしたくてたまらないのです。だって同じはっぴ着てるんですから…しっかり仲間のつもりです。

さて、今年は、子どもたちが自作の燈篭をさげて、町を巡行しました。
 
その先頭には、京都市の門川市長の姿も…。

夜、9時過ぎまで、大燈呂は、町を巡行します。ミモロは途中でお友達を案内することに。
「あ、来た~」白川沿いを進む光が見えてきました。


「ここで見る大燈呂が好きなんだ~」と。そう、白川の流れに移る光・・・それがとても情緒があるのです。

「昔の人も、大燈呂の光を見て、感激したんだよね~。わかるなぁ~」

昼間の勇ましい神輿とは異なり、なんとも穏やかな行列です。ぜひ多くの方に見物してほしい、すごく素敵な景色なのです。

「明日は、お神輿と剣鉾が巡行するから、それも応援しなくちゃ~」と、いろんなところに出没するミモロ。明日はとても忙しい1日になりそうです。






人気ブログランキング
ブログを見たら、金魚をクリックしてね ミモロより

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都東山「粟田神社」に残る... | トップ | [粟田神社」の神幸祭。勇まし... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

祭事・神事・風習」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL