ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the cat:JAPAN TRAVEL)

京都在住の旅ジャーナリストとネコのミモロが、京都の伝統と新しさをはじめ、注目のお店などをご紹介。心和む雑誌のようなブログ

[大黒天と恵美須」展。町家で楽しむ福徳のひととき。「京空間mayuko」10月1日まで

2017-09-11 | イベント

ミモロは、大国さまと恵美須さまが大好き。「京都のお家には、よく大黒天や恵美須さまの像が、飾られてるのよ~」と。そう、関西地区、特に、商売が盛んな大阪や京都の町家には、昔から商売繁盛、福徳を願って、大黒天や恵美須さまの像が、神棚や台所の上の方に飾られ、家の人たちに大切にされています。

「わ~大黒様と恵美須さまが、いっぱい揃ってる~」と、ミモロが楽しそうなのは、京都の醒ケ井仏光寺にある「京空間 mayuko」のお座敷。


ここは、ミモロのお友達のお家。年間、さまざまな文化イベントや展示が行われ、京の町衆の暮らしを紹介しています。
今年は、お雛祭りのお飾りのお手伝い、また五月人形のお片付けのお手伝いに伺いました。

さて、今回は、10月1日まで「大黒天と恵美須」展が、お座敷とお蔵で開催。「お電話して行くことを伝えれば、無料で拝見できるんだよ」とミモロ。呉服商であり、友禅作家であるご当主の黒田さんが、今回は、家に昔から伝わったり、ご自身が収集なさった大黒様や恵美須さまがお披露目されます。

町家の座敷の床の間には、江戸末期から明治にかけて活躍した絵師、日本画家の鈴木百年作のお軸が。その脇には、この家に伝わる古い大黒様と恵美須さまの像が…。

そばにかかる軸は、狩野探幽の木版。それを掛け軸に仕立てたもの。


「これ、水晶でできてるの?」背丈5センチほどの小さな像。黒田家に伝わるもののひとつだそう。


「いろんな大黒様と恵美須さまいらっしゃるんですね」とミモロ。
 
「みんな、笑顔だよね~」
  
そう、大黒天も恵美須さまも満面の笑み。そのお姿を拝見するだけで、こちらも思わず微笑みたくなります。

「こんにちは~」
 
ミモロは、ひとつひとつにご挨拶。

そもそも大黒天は、インド生まれの神様。日本では、大国主命と同一化されることも。縁結びをはじめ、福徳開運の神様として、人気の高い神様です。また、恵比須様は、日本生まれの神様。七福神の中で、唯一日本出身の神様なのです。こちらも商売繁盛などの神様として大人気。京都では、1月にさまざまな神社で恵美須祭りが行われ、多くの人の崇敬を集めています。

「なんか親しみを感じる神様だよね~大好き~」とミモロ。

さて、町家の奥にあるお蔵にも行きましょう。

中庭の向こうにでーんと構えるお蔵です。
「わ~お二人楽しそう~」この掛け軸は、明治生まれの京都出身の日本画家、中島秀嶺のもの。でも昔から黒田家ではお正月に飾られるお軸だとか。

  
「ここにも、いろいろ並んでる~」

ホント、いろいろな表情の大黒天と恵美須さま。

「仲良くしてくださいね~」とミモロ。
「はい、ミモロちゃんもみんなを笑顔にしてくださいね~って二人に言われた」とミモロ。そうなんだ~「うん」と、人には聞こえぬ会話がそこに…。

見ているだけに、幸せな気持ちになれる展示です。
 

*「京空間 mayuko]京都市 下京区醒ケ井仏光寺上る要法寺町444  075-351-0326 「大黒天を恵美須」展、10月1日(日)まで、10:00~18:00 火・水曜休み。ほかに9月12,13,19,26,27日休み。入場無料(予約の電話を)

「大黒様と恵美須さまに会いに来てね~」








人気ブログランキング
ブログを見たら、金魚をクリックしてね ミモロより


ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昭和23年創業のレトロな喫茶... | トップ | 重陽の節句に行われた「京の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

イベント」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL