ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the cat:JAPAN TRAVEL)

京都在住の旅ジャーナリストとネコのミモロが、京都の伝統と新しさをはじめ、注目のお店などをご紹介。心和む雑誌のようなブログ

[千本銘木商会」で開催された「木の感謝市」。木工体験で、ミモロもマガジンラックを製作。

2016-10-16 | 体験

「また、参加したい~」と、今回2回目となるミモロの木工体験。今年も10月8日に「千本銘木」という京都屈指の銘木店に意気揚々と向かいました。

  
「千本銘木商会」は、もともと三条通の高瀬川のそばに店を構え、神社仏閣や茶室をはじめ、さまざまな建築物に優れた木材を供給してきた歴史ある老舗です。「酢屋」という屋号でも知られ、幕末、坂本龍馬をかくまった商家として、その名を歴史に刻みます。

現在「千本銘木商会」を担う中川典子さんは、ミモロのお友達。「ミモロちゃん、今日も頑張ってね~」と。「あ、田村さんも参加するんだ~」と偶然、プロデューサーとして活躍するお友達とも一緒になりました。
「ミモロちゃんも来てたんだ~」 「うん、2回目」と。

木工教室は参加費3000円。千木銘木の良質の木材を使って、木工雑貨を作ります。ベテランの職人さんが指導してくれます。
「今回は、マガジンラックだって~」
参加者の前には、すでに切りそろえられた木材が。それを組み立ててゆくのです。
 形は自分の好みで
「え~と角の部分は削ろう」とミモロは、木に切断する線を描きます。「のこぎりで切らなくちゃ~」
「う~動かない」「のこぎりは、あまり立てないで・・・手前に引くときに木が切れますから、押すときは力を入れすぎないようにね~」とのこぎりの使い方を教わります。
「なるほど、こんな感じね~」「そう、上手上手・・・」

次に、切った部分やマガジンラックに使う木材の角をすべてやすりで丸くします。
「これミモロ得意・・・」と、なかなか丁寧な仕事をするミモロ。すべての木材の角にやすりをかけます。「できた~」

「では、次はいよいよ組み立てますよ」マガジンラックの上の持ちて部分と底の板を付けます。すでに持ちて部分は、丸く穴が開いているので、そこに円柱の木材を差し込み、またそこの部分にも切り込みがあるので、そこに底板を入れ込みます。
「ぎゅ~」体重をかけて穴に差し込むミモロ。
「大丈夫かな?」と鉄棒のようにしながら安定具合を確認。ミモロがぶら下がってもビクともしないほど安定。
「では、底板と側面の板に釘を打ってください~」と。「は~い」
「重い~ヨイショ、トントン」体重を掛けながら釘打ちを…。
「あ、曲がっちゃった~まずい…」と慌てるミモロ。「大丈夫ですよ、ちょっと貸して~」
「上手だなぁ~」と職人さんの釘打ち作業に見惚れるミモロ。
「見てばかりいないで、ミモロちゃん、自分でやってください」と。「うん、全部やってくれてもいいけど…」
なんとか残りの部分の釘打ちを澄ませたミモロ。

「キャ~完成!すごい~」
サイドの木材は、いろいろな種類があって、ミモロは、ヒノキとトチの木を選びました。「あの~1枚多くしてもいいですか?」と完成品より、サイドの木材は1枚おまけで多くなってます。

「あれ?だれもいない…」ミモロが自分のペースで一生懸命に作業をしていたら、気づけば、すでに参加は全員作業を終えて、帰っていました。「わ~ミモロ、ビリだったんだ~。ごめんなさい。遅れちゃって~」と。
「いいんですよ、気にしないで・・・まだまだ時間ありますから…」と優しく・・・。

「ミモロちゃん、こっち来て~。最後に焼き印いれましょうね」
「ブチュ~」「熱いから気を付けて…」リハーサルしてから、ミモロのマガジンラックに焼き印を押します。

「この焼き印入れると値打ちが上がる~」とちょっと誇らしげなミモロ。

「ミモロちゃん、できた~」と、ミモロが終わるまで待っていてくれたお友達の田村さん。
「あ、待っててくれてありがとう…ほら、こんなのできちゃった~」と、作品をうれしそうに見せます。

さて、この「木の感謝市」は、木工教室のほかに、日頃公開されていない「千本銘木」の作業所の見学も無料でやっています。
「多くの人に木に触れ合ってほしい。また木のすばらしさを知ってほしい。さらに木を育てることがいかに大切で、そして多くの人が長い年月をかけているかを知ってほしい」と中川さん。

私たちが使う木材は、100年以上の歳月をかけて育まれたものも多いのです。
先人たちが、未来を思い、植えた木が、今の私たちの生活に役立てられているのです。

「感謝しなくちゃね~」とミモロ。

100年先も、1000年先も、人々が木材を使うためには、今、環境を整え、自然を守ってゆかなくてはなりません。
「木のお仕事って、昔に感謝して、未来につなげるお仕事なんだ~」と、木工体験を通じ思うミモロです。

*「千本銘木商会」の詳しい情報はホームページで。個人の家の改装なども手掛けています。「どうぞお気軽にご相談ください」とのことです。


人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね ミモロより

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1日1組のゲストハウス。「0C... | トップ | 「粟田神社」の例大祭。今年... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL