ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the cat:JAPAN TRAVEL)

京都在住の旅ジャーナリストとネコのミモロが、京都の伝統と新しさをはじめ、注目のお店などをご紹介。心和む雑誌のようなブログ

「粟田神社」の例大祭。今年のお祭りもおしまいに。お茶の接待や神楽の奉納なども

2016-10-17 | 祭事・神事・風習

「今日もいいお天気~」とミモロが出かけたのは「粟田神社」です。
 
15日は、「例大祭」の行われる日。「今年のお祭りもこれでおしまいだね~。なんか寂しい」とミモロ。

本殿の前では、神事が執り行われます。ミモロも座って見守ることに。
今年、神輿の大修理を完了した佐々貴宮司さん。表情にもほっとした様子が伺えます。
崇敬会の前田会長のご挨拶。お話を伺いながら…
「ホント、今年は、みんな頑張ったよね~」とミモロ。

「例大祭」では、神楽の奉納も行われました。
 
京都に暮らすと、何度も拝見する機会がある神楽です。

神事が終わり、境内をお散歩するミモロ。
「なんかお日様が気持ちいい~」と秋晴れの空を仰ぎます。つい最近まで、毎日30度を超す猛暑だった京都。10月に入って、急に秋になりました。だからあんなに避けていた太陽の光も、今は、心地よく感じます。
「あ、干し柿・・・まだ食べれないね~」社務所の軒につるされた柿。冬への準備も始まりました。


「干支の大燈呂だけ残ってる~」祭りの時、夜、氏子町を巡行した大燈呂。大きなものは、別の場所に保管され、神社には、地元の人たちが作った干支のものが置かれています。
今年のサルと来年のトリ。仲良く並んで今年の残りの時間を過ごします。
「う~今年も、あと2か月半しか残ってない~。わ~速いね~時間が過ぎるの~」とミモロ。

本当に、京都に暮らすと1年の移り変わりが、あっという間の気がします。
「11月は、紅葉でしょ。それが過ぎると年の暮れの準備になるし、すぐにお正月になっちゃう~」

ミモロも京都に暮らして丸5年。ご近所の赤ちゃんが、今や小学生に…。
「ミモロちゃんは、変わらないね~」と言われるたびに、「うん」と、ちょっと寂しそうに応えるミモロです。
変わらないことは、いいことなの?と、時々思うミモロです。

世の中には、変わるものと、変わらないものがあっていいんじゃないの?
「そう・・・」とポツリ。

ミモロだって、すごく変わったじゃない?ミモロを知ってくれる人が、すごく増えたし、愛してくれる人たちもたくさん・・・。「そうだよね~。あんまり外見は変わらないけど、5年間で、いろんな経験したしね~」と、やっと目に輝きが戻りました。

目に見える変化だけじゃなくて、目に見えないこともたくさんあります。
ミモロの体には、いろんな経験がギューっと詰まっているのですから。

「ミモロちゃん、お茶頂いた?」と、お祭りで大活躍した西沢さんご夫妻。
「あれ?誰かと思った~。二人ともカッコイイ~」と、ちょっと失礼なミモロでした。
「もう、お茶の接待おしまいだって~」と神社への到着が遅れ、この日は、参拝客も多く、すでにお茶の接待は終了していました。「大丈夫、ミモロちゃんは、お祭りでもがんばったし、地元のネコということで特別に…」と、お茶を点ててくれました。
「わ~うれしい~もうお菓子食べられないかと思った~」と、ホットした表情のミモロ。

緋毛氈の上に座り、ゆっくりお茶をいただきます。


ミモロの体に注ぐ秋の陽光。町の木々も色づき始めた秋・・・


お茶をいただき、神社の石段を下がると、鳥居では、祭りの飾りの撤収作業が…。

「あ~もうお祭りおわっちゃった~」とちょっぴり寂しいミモロ。
「だって、すごく楽しかったもの~」と、忙しくても活気ある時間を懐かしく思います。

でも、また初詣や節分なんか、次々にあるでしょ。
「そうだよね~。ホント、京都っていろいろたくさんあるよね~」

「今年の紅葉どうかな?」と、まだ色づかない楓の葉を見上げるミモロでした。






人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね ミモロより

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [千本銘木商会」で開催された... | トップ | バラやコスモスなど、秋の花... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL