michi のひとりごと

自然大好き michiの、
日々のつぶやき

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

‘場面かん黙’ の世界って

2017-10-16 21:06:29 | バリアフリー

2年前の写真を見ていたら、こんなのがあった。

ああ、懐かしい。

 

            

 

きのう、Eテレでバリバラを久しぶりに見ました。

テーマは〔知られざる“場面緘(かん)黙”の世界〕。

当事者の方々、よくまぁ取材に応じ、出演してくださったものです。

そのうちのお一人は、「…喉の辺りが…固くなってしまって…」

というようなことを仰ったと思います。

なんとなく分かりますね。

 

ゼンゼン違うけれど、

私も時に、顔がこわばってしまうことが何度もあったし、

ある思い出が…。

 

それは、小学校の3年の頃の記憶。

国語で、指されて朗読するように言われると、立って、読み始めるんだけど、

どうしても声が上ずってくるというか、

まるで泣いているような声になってしまうのです。

クラスメイトは「え?泣いてるの?」という風に振り向く。

そうなると、ますます緊張して、必死の思いでナントカ最後まで読む、ということになる。

(家とかだったら、難なく読めるんですよ。)

 

ああいう時も、喉のあたりが緊張して、硬くなっていたのかも。

なんでこんなこと・・・と思うんだけれど、

どうしようもない時は、どうしようもないんですね。

 

番組では、専門のスタッフが、丁寧に指導したり、

スタジオでも、その方の言葉が出てくるのを

じーーーっと待ったり。

 

少し経ってから、

「あの時、ただ待ってたけど、あれで良かったですか?

どうして欲しかったですか?」と聞いたり。

――その人その人に寄り添って――。

なにか温かいものを感じました。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『心象記憶』

2017-10-13 14:22:18 | 想い

いつも母は ヘルパーさんに お風呂に入れてもらっています。

ほっかほかに温まって上がってきて、

その度に「ああ、極楽~」と言うのです。

「こんな、昼間っからお風呂入れてもろてー」

そして、昔のことを思い出し、ニコニコと こんなことを言うのです。

「そのころは全部で10人くらいの家やった。嫁だから、お風呂は一番最後。

michiはまだ小さかったから、眠くなる時間。

寝たらあかん~寝たらあかん~言うて起こしながら入れたんや。」

 

――この話はもう何度も何度も聞かされ、その度にこちらは

「すみませんでしたねぇ。お世話になりましたね」と笑いながら頭を下げるのです。

 

さて、かめおかゆみこさんのメルマガ〔今日のフォーカスチェンジ〕10/4のテーマは、

「自分を幸福にするために」でした。

一部抜粋すると、

 

  そして、あらためて、「心象記憶」の
  おもしろさに気づいたのです。

  私ほど極端でなくても、誰もが、
  記憶のずれはもっているでしょう。

  ということは、
  いま、こうだと思いこんでいること、

  それって、事実とはことなる場合が
  あるということです。


  自分にとって、うれしくない記憶が、
  もしも、自分の思いこみによって
  つくられているとしたら…?

  それを後生大事にかかえている
  必要って、あるのでしょうか?

 

これ、とても共感し、心に深く入ってきました。

そこから思ったんです。

母の昔話は、年齢の計算が合わなかったり、

ん?ほんとに?と首をかしげたくなることもあったりしますが、

母はとにかく、昔を懐かしんだり、目の前の人とおしゃべりしたい、

そういうような気持ちから話をしているのかも、と。

何度も同じ話を聞かされても、

ああ、楽しんでいるのね~、と

受けとめられるようになってきました。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

‘ ただゐるだけで ’

2017-10-02 21:28:50 | 暮らし

こないだの昼下がり。

母は、手記やら年間手帳やら つけてました。

私は、同じテーブルで、母のズボンの繕い。

新しいのを買えば良いのかもしれないけど、

母も私も貧乏性が身についてしまって。。

ウエストを直すのに、どんな風にしたら、と考え考え。

母も、真剣に集中して何やら書いてました。

 

ふと、浮かんだのは「平和だねぇ~。平穏無事でありがたい」という気持ち。

なんだか、母を抱きしめたい想いにかられてしまった。

抱いたりしたら、母はビックリすると思って、写真だけ撮りました。

実際には、日々ナンダカンダあるんですが、

「こんなひと時が、いつまでも続いてほしい」と思ってしまった。

 

 

           

 

読売新聞の投稿句で、こんなのがありました。

   母とゐる ただゐるだけで 秋の夜

これ、これ。

ピッタリ共感して、しみじみと読み返したことでした。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっと復帰♪

2017-09-28 16:32:27 | Weblog

ずっとnet環境が無くて、お休みしていましたが、

やっと復帰できました。

 8ヶ月ぶり

たまりにたまったメールを整理したりしていると、

「あなたの去年のこの日の投稿」というお知らせメールがあり、

開けてみると、広告がドカーンとあるじゃないですか。

そして、ずうっとお休みしていたにも係わらず、

かなりの方が訪問して下さっていたのですね。

ありがたいです。

  感謝

 

これからは、以前のように投稿を――と思うけれど、

母はグッと進んできて(?)

状況はずい分かわってきました。

どれだけ投稿できるか分かりませんが、

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんと桜の花が☆

2017-01-18 17:01:58 | 自然

寒いけど良く晴れているので、

通称‘丘の上の公園’に行ってきました。

母は電動アシスト車椅子に乗ってごきげんで出かけ

平らな道は なるべく杖で歩いてもらって

良いリハビリになりました。

 

あったかいお茶と、オヤツを持ってって、

ベンチで一休み。

ふと見ると、桜の木の1本がピンクっぽい。

近づいてみると、なんともう咲いてるじゃないですか。

 

桜は何本かあるけど、この1本だけ。

どういうことなのか私には分からないけれど、

何かそういう条件が揃ったか何かで

この樹だけ咲き始めたのでしょうね。

 

           

 

私ごとですが、

インターネットが、当分使えない状況になってしまいました。

一旦お休みさせてくださいね。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

その度ごとに「ありがとう~」

2016-12-05 16:22:57 | ふれあい

長いことご無沙汰しました。

はぁ、、この頃いろいろありすぎ・・・ 。

 

   

写真は、去年のもの。

例年は、紅葉の季節には そのことで心が踊ったものです。

そんなの昔のことのよう――。

 

母は みるみるうちに体力無くなって、

二四時間介護に。

春に私がこちらに来た時は、

勝手に買い物に行っちゃって、

同じものを(それも高価な)いくつも買ってきて 困り果てたのを

懐かしく思い出したり。

 

でもね、

食事を作っても、

介助してベットへ寝かせても、

その度に

「ありがとう~」って言ってくれるんですよ。

それも、お布団や毛布1枚かけるごとに「ありがとう」。

母の中では、「さっき言ったし」なんて無くて、

心に「ありがとう」という気持ちが涌いてくるごとに

その言葉が出てくるのでしょうね。

  なんか、ハッとしました。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

懐中電灯、直せちゃった

2016-10-14 22:04:28 | 暮らし

うっかり懐中電灯を落としたら、ON/OFFがおかしくなっちゃった。

ありゃ~、、と思ったけど、「ちょっと直してー」と頼めるような

オトコは居ない。

やむなく、腰を入れて調べてみることに。

そもそもスイッチって、どこがどうなって点くようになってるの?

と考えながら探っていると、原因が判明。

ちゃんと直りました。

昔からあるような単純な懐中電灯なので、

直せたからってどってことないんですが、

私の日記には記しておきましょう~。

 

 ――と、能天気なこと言ってますが、

現実の日常は、結構イッパイイッパイ。

せめて、やれたこととかは流したり忘れてしまったりしないように、

明記しておきましょうかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見えない世界を映像化

2016-09-08 22:34:00 | バリアフリー

パラリンピックの開会式、録画して多少とばしながら見ました。

(ごめんなさい☆)

 

万華鏡みたいなのは素敵でしたね。

 

それと、心に残ったのは、二人のダンサー。

どちらもほとんど見えないとか。

それでも、サッと離れたり、スッと寄っていったり。

バックに抽象的な模様の揺らぎのようなのがあって、

ナレーションで「空気の揺らぎとか、二人の感じている世界を現しているのでしょうか」

みたいなことを言ってたと思います。

  なるほど――。

 

 

分かる気がします。

私は見えるけど、あまり聴こえない。

それと関係あるか、ないか分かりませんが、

人の動きで、ちょっとした風(空気の動き)を感じたり、

なんとなく視界の明るさが変わって、

人が寄ってくるのが分かったり(足音とか聴こえなくても)。

 

 今日のような映像になると、

 すごく実感もちやすいですね。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蓮観会 ステキでした♪

2016-08-01 19:51:37 | お出かけ

三渓園には何度か連れて行ってもらったけど

蓮は写真で見せてもらっただけで、実際に見るのは初めて。

開園は朝6時。

ちょっと前に着いたら、駐車場は空いてて入れたし、

大勢、もう門の前に並んでたけど、1~2分待ったところで開門

 

連れは、「今年は咲いてる(蓮の)花が少ないわ」と言ってたけど、

私には充分。

 

 

 

連れは聾。二人の会話は筆談と、時々簡単な手話。

二人共メモを持ってるので、同時にそれぞれで書いて

サッと見せ合ったり。

「んね~♪」なんていうのは表情で充分に伝わる。

存分にしゃべり合いました。

 

 

 

木陰に ベンチがあるので、コンビニで買ってきたおにぎりを頬張る。

お腹がふくれたところで、もう一度蓮を観て回りました。

7時頃が一番見頃ということで、

スケジュールはバッチリ

 

 

朝日を浴びて、どの花も美しい。

 

 

蓮の葉のシャワー。

茎から葉の端まで、放射状の空気の通り道だそうです。

 

この他にも、あらかじめ切ってある茎をポキッと折ると、白い繊維が出てきて、

その華奢な繊維は、茎の長さよりも長く伸び、20cmくらい そよ風の中で漂う。

不思議~。

(茎の中では らせん状に納まっているのが、伸びながら出てくるんだそう。)

 

そしてそして、花はとっても良い香りでした。

そういうのを手にとって体験させて下さるんです。

 

 

 

建物との調和が素晴らしい。

丘の上の塔。見れますかね。

 

 

こういった ゆかしい建物が、そこここに。

 

 

鴨さんがいました。

 

舟に乗っているのは鴨さんたち、4羽ほど。

のんびり揺られて~。

 

 

また紅葉の頃とか、是非来てみたいです。

障がい者は無料だし、

車椅子は自由に貸して貰えるようなので、母も連れてきたいな。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんとか描いてもらえるように

2016-07-21 13:31:00 | 聴こえ

  

ずいぶん間があいてしまいました。

前に、しばらく放っておいたら、いつのまにかCMが目立つ画面になってしまったので、

この辺で何か話題を。

 

母が食事のとき、「噛む力がなくなった」と言う。

「え?これが噛めないの?」というようなものまで吐き出すので、

全て細かく刻んだり、柔らかく煮込んだり。

それで食べられたとしても、小さく刻んだものは何だったのか分からなくなるらしい。

「お母さんの好きな鶏の唐揚げですよ」と言って差し出しても、すぐ忘れてしまう。

結局満足感がうすく、「長いことお肉食べてないねぇ」と言われてしまう。

この頃は「入れ歯が当たって痛い」と言うので

入れ歯を治すことに。

    

歯科まで私の足で10分ほど。

母は杖やシルバーカーを使って、その1倍半以上かかる。

この暑さの中 こたえるらしく、なるべく行きたくないけれど、

背に腹は変えられない。自分から「行く」と言い出しました。

その歯科は予約制。受付は電話のみ。

faxもメールもダメということで、私だけ予約に行ってきた。

  

  前回も私だけ行って予約したけれど、当日になって母が体調わるく行けなくなった。

  仕方なく電話して「私、聴こえませんので一方的にしゃべらせて戴きますが」

  と言って、キャンセルしたのです。

 

  なんとか、faxが使えたら良いなぁ。。

 

それで受付の方に、話してみました。

「私が以前行っていた歯科は――別の県ですが――、

faxで予約させてもらってたんです。

『○日の##時と、

     **時と、どちらが良いですか?』

っていう形でお返事いただいて、それにfaxで応えて、ということでやってたんですが――」

と伝えたら、

「じゃ、やってみます」と言ってfax番号を教えてくださった。

 

やったことないようなことは、描けないんですね。

「理解がない」とか言う前に、

どうしたら分かってもらえるか、その気になって頂けるか、

こちらが工夫したりすれば良いのですね。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

誠意ある対応をしてくださった♪

2016-06-18 09:01:07 | 聴こえ

 

3年前の今ごろ、二重の虹に出逢ったんですよね。

分かりにくいけど、肉眼ではハッキリ二重に見えたんです。

 

 

この頃、目がちょっと…。

片目ずつだと見えるのに、両目だと二重に乱視のような状態になる(上下に)。

なので、字を読んだり書いたりするときは、ずっとウインクしたり。

三重にいた時、眼科へ行ったけれど、「異常ありません」と言われた。

 

「斜視」か「斜位」のようで、だんだんひどくなってきたので、こちら(横浜)の眼科へ行ってきました。

そういう症状をきちんと診てくれて、メールかfaxで予約できる病院を検索。 
メールで予約する時に「備考欄」があったので、
「あまり聴こえません。ゆっくり大きめにハッキリ言って頂くか、
 又は書いてください」って記入しておいた。

そうしたら、予約はfaxで出来て、

行き方を詳しく書いて伝えてくださいました。

 

小さな病院だけど、親切で対応は理想的でした☆


色んな検査のやり方を、一つ一つ紙に書いてくれてあったんです。
例えば、「カッコの左右が同じ高さになったら手を上げてください」とか。
全部で5~6枚。
今回、私のために書いておいてくれたそう。
も、感激してお礼をお伝えしちゃいました。
 

適確な検査で、結局、斜視じゃなく、斜位。
メガネで矯正できます、って。

 

 

色々な病院で「あまり聴こえないんです」と伝えても、

やっぱり声で言われて、必死で口の動きを読もうとしたり、

書いてくださいとお願いすると、面倒がられ、がっかりしたり、ということが多い。

 

先生や看護師さんも、なるべくスムーズに意志伝達できた方が、

検査など正確に速くできたりするでしょうしね。

ここは本当に優しい誠意が感じられ、有りがたかったです。

  ちなみに、関内の「カトレアeyeクリニック」です。

  ありがとうございました。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

共感してほしいんでしょうけど…

2016-05-25 20:18:33 | ふれあい

   話の聴き方の話です。

ある人のことを、「とてもヒドイのよ」と伝えられ、共感してほしいようだったけど、

同じ気持ちにはなれなかったんです。

だって、そのヒドイ人って、二四時間そういう態度なのかどうか、私は知らないし、

その人が、それで満足しているかどうか分からない。

  自省しながらも、そんな風になってしまってるのかもしれない。

又、人って変わる。思い方とか変わるのに、いつまでも「あの人は ああいう人」と

決め付けていたら、まちがってしまうよね。

  このことは事あるごとに、すごく実感するんです。

 

       

そういうようなことを、それとなく話したら、

なんだか水を差したようになってしまった。

  聴くって、むずかしいね。。

 

 

 

 

       

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

象の鼻パーク~大桟橋

2016-05-19 13:56:16 | お出かけ

こちらの状況は、イロイロありまして…。

今日は妹にせがんで「海が見たいの」と、連れて行ってもらいました。

象の鼻パーク~大桟橋。

雲ひとつない快晴でした。

手前の四角いのは何なんだろう?と思ってたら、

「夜になるとライトが点くの」という。

いっぺん見てみたいな。

 

左の方にグーンとカーブしてるので『象の鼻パーク』というんですって。

 

 

 

 

やっぱり横浜の海の風景は素敵ね。

 

 

向うに赤レンガが見える。

 

 

AM8時半頃。

朝日を受けて、波の一つ一つがキラキラ輝いてました。

 

お陰で心がリフレッシュ。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

誰もいない朝の公園

2016-05-07 07:57:52 | 自然

今朝、気分を一新したい衝動にかられ、お散歩してきました。

通称『丘の上の公園』。

風が強くて、買ってった‘ホットレモン’が美味しかった。

家がたくさんあるねぇ。

この一つひとつに、それぞれの暮らしがあって、

ナンダカンダ言いながらやってる人も多いのかな。

 

公園はよく手入れされています。

 

お花が嫌いな人って、いないんじゃない?

 

誰もいない公園で、

ほー、として帰ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『想い出を振りかえってみる』で、

2016-04-29 06:11:11 | 想ひ出

このblog、「一年前のあなたの記事」というお知らせがくるんです。↓

いつも読み返していて、「ああ、そうだったねぇ~」なんて思い返しています。

特に、今は全くちがう環境に身をおいているので。

 

 
朝日を浴びてのお散歩って精神安定剤 !?
net情報で、朝日を浴びての散歩は、うつ病予防に効果的、と聞き、詳しい専門的な説明は、すぐ忘れちゃったけどいそいそとスニーカー履いて、ケータイだけポケットに入れてお散歩に。...
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加