旅・ふ・る

体力はないけど秘境を愛するトラベラーの旅行記

メルボルン&オークランド8日め <マンガファイヘッド~ワークワース>

2017年06月15日 | メルボルン&オークランド・ワイナリー・ホビット庄

~2017年5月5日(金)~

Lochiel Estateの美しすぎる朝です。


朝、目が覚めるとベッドからこの眺め。
素敵すぎます~♪

今日もお天気に恵まれて幸せです(^^)
朝食まで少し散策することにしましょう。





ネコのミリーは早起きです。
ここで生活できて幸せだね、君は。


テラスの椅子に座って、しばらくぼ~っと朝日を浴びてました(^^)
朝はひんやりしているので、身体がぽかぽかして気持ちいいです。

●Lochiel Estateの豪華な朝食


朝食はゲスト用のダイニングで2人で頂きます。
2人だと気楽でいいですね(^^)
英語をしゃべらなくていいし(笑)


フレッシュオレンジジュース、濃厚でおいしい~!


ボリューム満点のおいしい朝食に大満足です。
Kさんはこれにベーコンが付きます。


水滴みたいなものがついているこの葉っぱ、なんだっけ?
後で調べたら、アイスプラントでした。


これは初めて見る植物です。


上の植物が紅葉するとこうなるのかな?
ゴージャスな花?葉?ですね。




ゲイリーが早朝仕事を終えて、このバイク?で戻ってきました。
ご高齢なのにまだまだお元気ですね。


広いリビングルーム。
壁には受賞ワインの証書が数多く飾られています。




日本のものもたくさん飾られていてうれしかったです(^^)


さすが、キイウイハズバンド!
お手伝いをよくされています。
夜は左のテーブルで食事をしました。

●Lochiel Estateを出発

名残惜しいけど、そろそろチェックアウトです。
もっとゆっくりしたかったけど、今日も予定があるのでそろそろ出発しないといけません。



そうだ!幻になるかもしれないワインを買わないと!
おいしかったので、たくさん買いたかったけど、免税は3本までなので、1人3本ずつ、2人で6本買うことにしました。
箱に梱包してくれたので、そのまま飛行機に預けられて助かります。
車だと運ぶのも楽でいいですね。
また来ま~す(^^)/と挨拶してお別れしました。


去りがたく、車を停めて、しつこく写真を撮ります(笑)


Lochiel Estate、とても素敵で居心地のいい空間でした。
やめてしまうのは本当にもったいないですね。

ホームページのイメージで期待しすぎて、実際は・・・とがっかりするケースは時々ありますが、Lochiel Estateはイメージ通り、というかイメージ以上で、すばらしいワイナリーのホテルでした。
今後はどうなるか分からないので、皆さんにお勧めできないのがとても残念です(T_T)


道端のカラフルな郵便受け。
敷地が広いから、1軒1軒配達できないんでしょうね。

Lochiel Estateの向かいの家
手前はオリーブの切り株のようです。
紅葉がいい感じですね。

オリーブ畑。
ニュージーランドってオリーブのイメージがなかったけど、結構作ってるんですね。
ランチのレストランでも売ってましたし。


しばらく未舗装の道が続きます。
ここも紅葉がきれいです。




●マンガファイヘッド Mangawhai Heads

海が見たい。とリズに相談すると、ここを勧めてくれました。
Lochiel Estateから10分くらいです。




ビーチハウス。オフシーズンなので開いていませんでした。


と~ってもきれいな海です。


掃除が行き届いていて、ゴミ1つ落ちていません。
ニュージーランドのビーチはどこもきれいだけど、ここまで田舎に来ると、特にきれいですね。


トイレとシャワー室もびっくりするくらいきれいでした。
ニュージーランドのビーチは設備も充実していていいですね。

●ランチのワイナリー ブリックベイ Brick Bay へ出発

マンガファイヘッドを出発し、車で南下します。
左右に牛や羊の広大な牧場が続き、得意のくねくね道ばかりなので、楽しいドライブです。






ここから3枚は牛の好きなKさんの力作です。

おもしろい顔して、こちらを凝視してますね(笑)




この牛、ぶさいく過ぎて、しばらくKさんと笑いが止まりませんでした(笑)


景色のいいところで、何度も車を停めて写真を撮るのでなかなか前に進みません(笑)

●ワイナリー ブリックベイ Brick Bay でランチ

12:30に予約していたけど、写真を撮っていたので大幅に遅れて到着。
途中で電話をしたら、全然問題なかったのでヨカッタです。

Brick BayワイナリーのThe Glass House Kitchenという、ガラス張りの素敵なレストランとおいしそうな料理をNETで見て、ぜひ行ってみたいと事前に予約をしておいたのです。


国道から入ると、


恐怖の急斜面を下ります。
しかも砂利道なのでタイヤがすべりそうで、めっちゃ怖かったです!


屋根までガラス張りのレストランです。


中はこんな感じで、明るくておしゃれです。


テラスでも食事ができます。


Brick Bay はロゼが人気と書かれていたので、ますロゼを頂きます。
と言っても私はドライバーなので、Kさんが飲みます。
飲みやすくおいしかったそうです。


これです!人気のShared Platter♪
ワインに合うおつまみ系が盛りだくさんでテンションが上がります!
どれも絶品でした~(^^)


白ワインも美味!だったそうです。
ここのワインも買いたかったけど、免税範囲を超えてしまうので、あきらめました。


アフォガード、おいしすぎ!
こちらのランチは、114NZドル(約¥9,000)。
大満足でした♪


ランチ後、周辺を少し散策することに。
ここも少し紅葉していてきれいです。




紅葉が池に写ってきれいですね~。


池には可憐な蓮の花。

●ワークワース Workworthのブリッジハウス Bridge Houseで1泊

Brick Bayを出発し、今晩泊まる小さな町「ワークワース」へ向かいます。
ここは位置的にちょうどよかったので、泊まることにしただけで、特に見たいものやしたいことはありませんでした。
小さな町なので、ホテルは期待してなかったけど、悪くなかったです。


キングベッド1台と


シングルベッド1台が、変な配置でした(笑)


部屋は狭めだけど、清潔で特に問題なく過ごせました。

●スーパー countdown へ


子供にリンゴの無料サービスとは粋ですね!

●ホテルでディナー

小さな町なので、特によさげなレストランはなさそう・・・ってことで今晩はホテルのレストランで軽く食べることにしました。




右のグラタン、おいしかったです(^^)

いよいよ明日は、Kさんの思い出の地めぐりです。

『海外旅行』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メルボルン&オークランド7... | トップ | メルボルン&オークランド9... »

あわせて読む