絵を描く手の人生

やっぱりどうしても一生涯 漫画、絵を描いて生きていきたい
この人生を愛してる 感謝の生涯を送りたい どうか神様お願い 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

おどろきの連続でした

2017-05-05 15:10:52 | どこかに行く
つい最近、台湾の女性とお近づきになり
美術館へご一緒しました。
その人がいなかったら、現代アートとか、絶対行かなかったと思う・・



も~~~、びっくりこんなの・・・
え~~~・・・・なんでこんな作品作っちゃうの!?
エネルギーなんでしょうか、
あふれるエネルギーがこの作品をつくらせたのでしょうか・・





も~~、なにこれは~~~
目がチカチカする、シールを受けとり好きな場所にシールを貼るという
参加型の作品です。



圧倒されました。すごいすごい・・・・
ただワクワクするというか、
なんで、なんでこんなにわけわかんないんですか!


外国人が圧倒的に多くて、しかも撮影してもいいのです。

「野に出でて喜ぶ」とか、たしかそんなタイトルでした。
ついていけない、もう私の想像力の限界なんですが

誰の作品展かといいますと・・・

草間弥生でした~~~。



お花ありますよ。
草間弥生さんの昔の作品もよかった
あと、展示物が次々と予想できないものばかりで
でも、人としての悲しみとかも伝わってきたり、
行ってよかったです。



毎日おだやかに過ごしています。
最近は、本屋さんや図書館によく出かけています。

心が何を求めているか、どんな物としっくりくるのか
本屋さんで自分と向き合っています。

そのうち、また就職活動しなくちゃいけないんですが
ターシャテューダーの本に

人生は短いから、嫌な事に時間を割いちゃいけない。
とあるのですが、

本当にそんな人生を生きていける人がいるのかな?
願わくば、私もそんな風に生きていきたいのですが・・・・・

でも、多分夏以降、ちゃんと就職していたいですね。
なので、ご安心ください。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 免許届きました! | トップ | 最近の活動 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL