mimi-fuku通信

このブログを通して読み手の皆様のmimiにfukuが届けられることを願っています。

藤田嗣治と宮本三郎と戦争画 & 自衛隊支援活動と吹奏楽(音楽隊)。

2011-06-28 00:12:00 | 美術・芸術・創造

 こんなタイトルで投稿するブログは世にないだろう。
 タイトルだけを見れば関連付けを想像できないでもないが、
 内容について読まれる前に想定できる人はいないと思う。

 2つの記事に分け投稿すれば内容にも説得力が増すし、
 検索から入ってこられる方も多いことだろう。
 でもこの文書は、
 mimi-fuku通信読者の方だけが読まれればよい。
 内容もそれほど深いわけでもないし時間もない。
 この文書は、
 自分用の記憶のためのコラージュに過ぎない。

 2011年6月27日。
 BSプレミアムでは藤田嗣治さんの猫にまつわる番組を放送。
 絵画好きよりもネコ好きの方が興味深く見られたのではないかと思う。

 内容は、
 *猫を愛した芸術家の物語
 「第1回:藤田嗣治」
 
猫を愛した芸術家は数多い。
 創作に身を削る日々のなかで猫は支えとなりその存在なしでは生まれなかった作品もある。
 芸術家と愛猫の関係を描く4回シリーズの映像評伝。
 初回は、
 20世紀初頭のパリで活躍し「女と猫の画家」とも呼ばれた画家・藤田嗣治。
 生涯に5度の結婚。
 藤田のもとから女たちは次々と去ったがそばにはいつも猫がいた。
 天才芸術家の孤独を癒やし波乱万丈の生涯を寄り添った猫たちとの物語を紡ぐ。
 【出演】:竹中直人、弘中くみ子
 【語り】:高橋美鈴

 昨日の夜(6月26日午後8時)は再放送ながら、
 *日曜美術館
 『裸婦と戦争:画家・宮本三郎の知られざる闘い』
 
 
 昭和の洋画壇を代表する画家・宮本三郎(1905-1974)。
 その類まれなデッサン力は師・安井曾太郎も一目を置くほどだった。
 「レ・トロワ・グラ―ス」など晩年に発表した裸婦像では、
 高度な描写力と豊かな色彩感覚を融合させ、
 生のエネルギーに満ちた独自の世界を作り上げた。
 宮本はまた、
 最も有名な戦争記録画「山下、パーシバル両司令官会見図」を描いた画家でもあった。
 そのデッサン力を買われ従軍画家となった宮本。
 軍の要請を受けて描いた大群像画面は従来の日本の洋画の歴史にはないものであり、
 宮本にとっては美術上の西洋との闘いでもあった。
 その成功は宮本の名を一躍高らしめることになったが、
 戦後はまた別の意味を帯びて画家につきまとったのである。
 宮本の死後、
 アトリエから一枚の大作「死の家族」が発見された。
 荒涼たる大地に横たわる死せる男とその死を悼む妻の姿。
 それは戦後まもなく描かれた「最後の戦争画」だった。
 勇ましい群像でもなく戦場の兵士でもない、「死」の普遍的表象。
 それを宮本は一度も展示することなくアトリエに置き続けていた。
 豊穣(ほうじょう)な裸婦像と対極にあるようなこの作品はいったい何を意味するのか。
 激動の時代を生きた画家の足跡を追う。

 【出演】:阿部 信雄(美術評論家)、山本 貞(洋画家) 

 藤田嗣治と宮本三郎。
 連夜にテレビ番組で紹介された2人の共通点は何か?
 答えは戦争に翻弄された画家であること。

 近年にもBSで何度かアンコール放送された
 ハイビジョンスペシャル
 『さまよえる戦争画』
 ~従軍画家と遺族たちの証言~
 初回放送:2003年1月27日

 
藤田嗣治、小磯良平、宮本三郎など日本の美術史に残る画家たちが、
 戦意高揚のため軍の依頼により描いた「戦争画」。
 現在、
 国立近代美術館に保管されている戦争画は合計153点。
 戦後一度も全面公開されたことがなく公開をめぐってさまざまな議論を呼んできた。
 いったい、
 この戦争画はどのようにして描かれたのか?
 今日どんな意味を持つのか?
 多くの戦争画を紹介しながらそれを描いた画家やその遺族の思いを聞く。
 【ナレーション】:兼清麻美
 【朗読】:佐藤慶

 戦争絵画(記録画)所蔵先の東京国立近代美術館では、
 夏休み期間
に所蔵名品展と題し戦争絵画を展示していた時期があり、
 私も15年ほど前の夏に近代美術館を訪ね観覧した経験がある。
 
藤田嗣治さん、小磯良平さん、宮本三郎さんの他にも中村研一さんや、
 戦争絵画とは逆の方向性として靉光さん、北脇昇さんの作品なども展示。
 主張の少ない日本絵画の中では異彩を放つ近代絵画の作品群にも、
 常設展ではギャラリーは少なく贅沢極まりない時間を過ごした記憶があり、
 常設展は写真撮影が自由だったので手持ちの使い捨てカメラで数枚撮影。
 もっとも興味深く時間をかけて鑑賞したのが藤田嗣治さんの大画面。
 戦争絵画の中で最も残虐性が高いとされる“アッツ島玉砕”だった。 

 藤田嗣治さんの戦争画は、
 2006年の春に同美術館で開催された藤田嗣治展でも、
 *シンガポール最後の日:1942
 *アッツ島玉砕:1943
 *神兵の救出到る:1944    
 *血戦ガダルカナル:1944    
 *サイパン島同胞臣節を全うす:1945
 が展示され多くの鑑賞者の目に触れた(私も鑑賞)。
 ~総て油彩・キャンバス画で接収先の米国から無期限貸与されている。   

 現代では白と線の画家として世界的に評価の高い、
 技巧派画家のレオナルド藤田(Léonard Foujita)。
 ~現代はレオナール・フジタの名称が親しい。
 その、
 藤田嗣治さんの汚名として語られることの多い戦争画作品。
 私の目には、
 狂気と静寂が同画面の中で幾多の手法で語られる独自技法に驚嘆。
 ただし、
 “アッツ島玉砕“決戦ガダルカナル”で描かれる真実は一般公開まで100年を要す。
 仮にそうした判断が米国政府や日本政府から下されたとしても私は疑問を抱かない。
 なぜなら、
 思い出したくもない戦地の記憶を抱える方々にとってこの絵画は不快極まりないものであろう。
 *戦争絵画の一般公開を反対する意見として東南アジア諸国への配慮も指摘される。

 しかし私の視点は、
 戦後の日本に吹き荒れた反戦の正義から戦争絵画の公開を否定するのではなく、
 辛い経験(国防)を土足で踏みにじった反戦思考の論点は的確な判断を持たない事実。
 また、
 藤田の作品群を色眼鏡なしに絵画技巧や心理描写の観点から鑑賞すれば、
 フランスを主戦場に活躍した恐るべき画家の力量は他の戦争画とは次元が違う。
 芸術を鑑賞する視点には前後のストーリー(経歴や時代背景)が重要な場合もあるが、
 芸術を評価する上で必要な相対的な比較と創造性の発見にストーリーは必要ない。
 
 宮本三郎さんは石川県出身の画家で私にとって馴染み深い。
 宮本さんの代表作とされる
山下、パーシバル両司令官会見図”は、
 藤田作品と比較すれば穏やかな作品であり表情の捉え方に確かな技術を感じる。

 初期の豊かな構図や色彩、戦争絵画時代の写実性、晩年のバラ色の作品群。
 特に、
 宮本三郎さんの作品としては“SALOME(サロメ)”が好きだ
 *SALOMEhttp://search.artmuseums.go.jp/gazou.php?id=4877&edaban=1
 1
ヶ月ほど前にBSで放送されたロイヤル・オペラの楽劇『サロメ』は、
 オスカー・ワイルドの戯曲をもとにリヒャルト・シュトラウスが作曲し、
 絵画作品としてはギュスターヴ・モローの作品群が有名だ。
 宮本さんの“サロメ”はサロメの絵画的イメージを決定づけた挿絵画家、
 オーブリー・ビアズリーのアプローチとは全く違った日本的で柔らかい筆致の絵画表現。
 銀の食器の上に置かれるヨカナーン(ヨハネ)の首を素裸の少女が虚ろな表情で持ち歩く。
 瞳に潤いを感じる少女の表情は後悔なのか罪の意識なのかの判別はつきかねるが、
 海外画家の残忍・冷徹・神秘といった表現とは一線を画する日本人的な“サロメの表情”は、
 もしかしたら、
 “思い出したくない記憶を抱える人々にとって不快にならないための配慮なのか?”
 と夢想してみると、
 “昭和の時代を生きた日本男児の心の葛藤”
 が想像できれば絵画の鑑賞は数倍も自分自身の身に付くのだが、
 多くの絵画鑑賞者は既存のマニュアルから逃れられないでいる。 
 
 余談だが、
 石川県南部の小松市には宮本三郎さんの美術館と記念館が現存。
 初期の傑作も多く小松市にお越しの際は是非お立ち寄りください。

 *小松市立宮本三郎美術館 
  http://www.komatsuguide.jp/index.php/spot/detail/8/1/3

 *小松市立宮本三郎ふるさと館
 http://www.komatsuguide.jp/index.php/spot/detail/9/1/3

 ***** 

 少し前に酒場でこんな声を聞いた。
 日本のマスコミは自衛隊に冷たすぎる。
 そう言えばNHK等も震災から100日が過ぎても、
 医療やボランティアの特集番組は組むものの、
 自衛隊(&米軍の協力)や警察官の特番を組んでいない。

 私は先の文書で、
 
戦後の日本に吹き荒れた反戦の正義から戦争絵画の公開を否定するのではなく、
 辛い経験を土足で踏みにじった戦後思考の論点は的確な判断を持たない事実。
 と文字にした。


 この言葉から文字をバリエーションすると、
 戦後の日本に吹き荒れた反戦の正義から自衛隊の存在を無視するかのような風潮は、
 戦中の誤った国防意識の延長線上に自衛隊があるとする認識が反戦の論点の起点となる。
 とすれば読み手の方々はどのように感じられるのだろうか?

 書店で偶然見つけた、
 週間大衆増刊号『自衛隊支援活動:100日全軌跡』 
 ワンコイン・500円で買えるミニ写真集はオール・カラーで文字も満載。

 記事:『福島第一原発:20キロ圏内での過酷な任務』
 
の中で記入されている、
 「ほとんどの隊員たちは被災地で活動したがっています。
 これまで私は数年間自衛官として働いてきましたが、
 “ご苦労様”とか“頑張って”という言葉を国民から、
 あまりかけられた記憶がありません。
 でも震災後は、
 多くの方々が私たちに声をかけてくれます。
 それが何より嬉しいです。」
 記入されている言葉が、
 任務につく自衛官すべての気持ちでないことを承知で、
 国民にできる過酷任務に就く方々への最大の行動喚起。
 それは“感謝を口に出して言葉に表す”ことである。
 否定することを正義として突き進んだ戦後日本の言論界。
 言論の先端を走るマスメディアや有識者の正義。

 私が先の文書で文字にした、
 夢想してみると昭和の時代を生きた日本男児の葛藤を想像できれば、
 絵画の鑑賞は数倍も自分自身の身に付くのだが多くの絵画鑑賞者は、
 既存のマニュアル(専門家の評価=他力)から逃れられないでいる。 
 この言葉をそのままに、
 “既存のマニュアルから逃れられないままに足を引っ張る貴方達”
 すべて贈る。

東日本大震災:自衛隊支援活動
100日全軌跡
2011年 7/23号 [雑誌]
クリエーター情報なし
双葉社

 週間大衆増刊号『自衛隊支援活動:100日全軌跡』
 
記事『女性自衛官の献身』
 にカラー掲載されている音楽隊に所属する女性自衛官の姿。
 自衛隊の吹奏楽は盛んであり、
 吹奏楽団に所属したいがために自衛隊に入隊する隊員も多いと聞く。
 しかし、
 音楽隊入隊はかなりの難関で入隊している隊員はかなりのエリート。
 そこで調べてみるとこんなCDを発見。

吹奏楽決定版101
陸上自衛隊第1音楽隊,航空自衛隊航空中央音楽隊,
海上自衛隊東京音楽隊,陸上自衛隊中央音楽隊,
陸上自衛隊西部方面音楽隊,海上自衛隊横須賀音楽隊,
航空自衛隊西部航空音楽隊,海上自衛隊大湊音楽隊,
航空自衛隊南西航空音楽隊,陸上自衛隊北部方面音楽隊
日本クラウン

 CD購入に躊躇するあなたのために無料映像の定番は、

 <付録:youtubeで観る自衛隊音楽隊(吹奏楽)の演奏>

 *陸上自衛隊音楽隊
 http://www.youtube.com/watch?v=PyUUqbeCdPU

 *海上自衛隊音楽隊
 http://www.youtube.com/watch?v=yYXUHJJx9VU

 *航空自衛隊音楽隊
 http://www.youtube.com/watch?v=kdFKgsV0t5M

 *日米海軍音楽隊
 http://www.youtube.com/watch?v=gAPl0C3lqao&feature=related

 *自衛隊音楽祭り
 http://www.youtube.com/watch?v=TKpvnK-s4t4

 *他にも自衛隊各部隊が選り取り見取りで閲覧可能。
 キーワード絞って検索すれば思いもよらぬお宝映像も?

 その他の自衛隊の活動を紹介した本の紹介>。

東日本大震災
自衛隊もう1つの最前線 (毎日ムック)
クリエーター情報なし
毎日新聞社

 【内容紹介】
 東日本大震災でいち早く動いた自衛隊の活動はこれまで多くは伝わっていない。
 今なお国民の生命と財産を守るために戦っている自衛隊の記録を未発表の写真を中心に紹介します。
 東日本大震災 自衛隊もう1つの最前線 (毎日ムック)
 価格: ¥1,000(2011年6月27日発売)  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平泉の世界遺産登録&中尊寺と今東光&BS-TBS:マイケル特番。

2011-06-26 08:30:30 | mimifuku

 タイトル表示に工夫がなさすぎる?
 でもストレートでいいんじゃない?
 
 昨日に続き今朝(6月26日)のGoogleニュースから、
 *世界遺産:「平泉」登録、復興に弾み 落選バネ、住民一体
 *東日本大震災:復興構想会議提言 所得・法人税を想定 増税論、難航必至
 *谷垣・自民総裁:2次補正に「協力」 来月後半の成立強まる
 *腎移植の闇:臓器売買事件/下 縁組偽装、見抜けぬ病院
 *巨大銀の新規制、日本3メガなどに自己資本増求める

 *レディー・ガガは日本好き、肩には「LOVE TOKYO」
 *ガガ様がエール「情熱で苦境乗り越えて」…MTV震災復興イベント
 *AKB48 渋谷ジャック!! ツタヤ店内一色に
 *織田、あばらにキター!伊藤と格闘シーン
 *史上最長!中居司会で歌番組7時間40分

 *土居美咲「自信になった」3回戦敗退…ウィンブルドンテニス
 *藍 涙の予選落ち「ベスト尽くした」…米女子ゴルフ
 *サッカー女子W杯26日開幕 日本は27日にNZ戦 

 注目される嬉しいニュースは、
 何と言っても“平泉”の世界遺産登録。

 『世界遺産:「平泉」登録(復興に弾み)』
 「平泉」の世界文化遺産登録が決まった。
 地元・岩手県平泉町は祝賀ムードに包まれた。
 国内からの推薦遺産として3年前には初の「落選」ショックも味わった。
 関係者は「登録は町の誇り。被災者への元気づけになれば」と喜び、
 東日本大震災で未曽有の被害を受けた岩手県にとっても、
 復興に向けた大きなはずみになりそうだ。

 平泉町の表玄関にあたる通称「中尊寺通り」は、
 JR東北線の平泉駅から中尊寺参道に続く約1・5キロの県道。
 江戸時代には奥州道中と呼ばれ、
 松尾芭蕉(ばしょう)が「奥の細道」で訪れた街道としても知られる。
 しかし現在は空き店舗が目立ち往時のにぎやかさはない。

 ◇「意味のある3年」
 26日午前0時50分前。
 パリの菅原正義町長から「登録」の一報が入ると、
 平泉町役場で待機していた職員から拍手が起こった。
 滝山秀樹副町長は、
 「今か今かと待っていたのでうれしい。
 登録延期から3年は長かったが意味のある3年間だった。
 県内は東日本大震災の被害を受けたが、
 (登録が)多くの人々の励みになれば」
 とほっとした表情をみせた。
 (
2011年6月26日:Web毎日新聞・記事転載)

 先ずは嬉しいニュースも平泉には行ったことがなく、
 そう言えば岩手県には一度も足を踏み入れたことがない。
 北は、
 新潟県(村上市)・山形県(山形市)・宮城県(仙台市)が、
 私にとっての本州最北の移動地で北海道には3度ほど。
 昨日登録された“小笠原諸島”にも行ったことがなく、
 嬉しい反面ピンと来ないのも事実。
 でも、
 平泉:中尊寺は知っているし中尊寺所蔵の美術品(工芸・書)は、
 東京・・京都・奈良の国立博物館:特別展示で何度か鑑賞。

 *****
 
 中尊寺で思い出すのは今東光(こん とうこう)さん。
 1970年代に週刊プレイボーイで連載されていた、
 極道辻説法(読者のための人生相談)は私にとっての名著であり、
 『極道辻説法』、『続極道辻説法』、『最後の極道辻説法』
 
の3冊は数ある書棚の片隅で今も大切に保存されている。

 今さんを調べると〝youtube”には今さんの声が。
 *内容はお下劣な庶民話なので要注意(笑)。
  http://www.youtube.com/watch?v=ycdeFgpRQCA  

 
近年ではNHKで放送されているミニ番組“あの人に会いたい”にも登場。
  http://www.nhk.or.jp/archives/anohito/past/2005/049.html

 では何故、
 “中尊寺(世界遺産)と今東光”
 
がつながるのか?

 『極道辻説法』によると、
 今さんは1960~70年代に、
 平泉:中尊寺の貫主(貫首)として迎えられ中尊寺の保存に努めた。
 昨晩のニュースで奈良・薬師寺東塔の大修理が大きく報道されたが、
 今さんは1960年代の中尊寺・金色堂大修理に尽力された。
 薬師寺再興に情熱を傾けた
高田好胤さん同様に、
 観光資源としての文化財保存には名物和尚あり。
 自らが“客寄せパンダ”を演じることで贖罪を集める。
 それはそれで、
 与えられたキャラクターを最大限に活用することであり、
 
 その功績を否定して何もせず静観している者を私は認めない。

 調べてみると今東光さんの著作物として、
 『平泉・中尊寺 (1967年)』
 『蒼き蝦夷の血・藤原四代』
 『奥州藤原氏の栄光と挫折』
 等が中尊寺貫首時代の執筆として残る。

 『極道辻説法』には“中尊寺の保存”について、
 「秋の紅葉時には落葉する境内を銜え煙草(くわえたばこ)で闊歩する輩(やから)がいる。
 俺はそんな奴らを容赦なくステッキで(頭を)
ひっぱたくと境内に立札を出している。
 俺はこの文化財を政府からではなく、
 “日本民族=過去・現在・未来”から預かっているんだ。
 今日この寺にやってくる子供たちは金色堂を見ても何もわからないだろう。
 しかし彼らが大きくなり再びこの寺を訪ねたときに焼け跡で何もなければ、
 どんな思いをするかを考えたときに、
 何十人、何百人の頭をかち割ることに俺は躊躇(ちゅうちょ)しない。」
 との趣旨の言葉を述べている。
 
 〝youtube”の中に刻まれている今さんとは大違いのモノを見る確かな目。
 私は本物が好きだとの思いは“今さんの言葉”にも多く感化されたと認識。
 でも表面的には“ひどい人”です(笑)。
 *天国か地獄か?今さんはあの世で世界遺産登録を誰よりも喜んでおられるだろう。

 *****

 最後のタイトル表示はマイケル。  
 朝食の時間が迫っているので手短に転載。

 映画「マイケル・ジャクソン:キング・オブ・ポップの素顔」
 ~BS-TBS:2011年6月29日
(水)19:00~20:54

 監督:マーク・シャフェル
 監督&エグゼクティブ・プロデューサー:オースティン・テイラー
 Staff2010年 アメリカ

 【番組内容】
 2009年6月25日。
 ひとりの偉大なミュージシャンの死に世界中が悲しみに包まれた。
 キング・オブ・ポップ:マイケル・ジャクソン。
 急逝の後も彼が与える影響力は計りしれない。
 数多くの映像や活字が今なお彼の足跡をたどり彼の功績をたたえている。
 しかし私たちが目にするのはイメージばかり増幅された偶像としてのポップスターの姿。
 それは晩年の彼が苦悩した、
 「メディアが取り上げる自分は本当の自分ではない」という葛藤を消し去るものでは決してない。
 この作品は、
 彼がもっとも信頼するマネージャーに依頼し撮影された貴重なフィルムである。
 カメラが密着するのはマイケルの真実の私生活。彼はくつろいだ雰囲気のなか、
 かつて見せたことのない素顔を、初めて私たちの前に見せる。
 カメラを通じてマイケルが私たちに伝えたかったこととは?
 (上記:BS-TBS・HPより記事転載)

 *****

 さらに
 Webニュースから真夏の気になる番組をひとつ。

 史上最長!中居司会で歌番組。
 
テレビ史に残る音楽番組が7月16日に誕生!
 その名もズバリ“音楽の日”。
 NHK「紅白歌合戦」もフジテレビ系「FNS歌謡祭」も、
 テレビ東京系「年忘れにっぽんの歌」も及ばない、
 7時間40分の生放送という史上最長の歌の祭典だ。
 年末恒例のTBS系「CD(カウントダウン)TVスペシャル『年越しプレミアライブ』」の持つ、
 5時間15分(昨年)を大幅に更新する。
 
司会に抜てきされた中居正広は、
 NHK紅白の司会を局アナ以外では最多となる6回も務めたほか、
 昨年の「CDTVスペシャル」の司会も担当。
 まさに長時間音楽番組司会の“スペシャリスト”で、
 歴史的音楽番組を仕切るにはうってつけの人材。
 これに同局のエース:安住アナを配して万全の大型タッグで進行する。

 今をときめく約50組が出演予定で現時点でAKB48らが次々と決定。
 今後、大物アーティストの参戦予定も数多くある。
 あらゆるジャンルから集結しており大ブームを巻き起こすK-POP勢では、
 KARA以外にも複数のグループが出演する見込み。
 同局制作担当者は、
 「ジャンルを問わずに音楽を届ける記念日を作りたい」と説明する。

 1つの背景には東日本大震災がある。
 制作担当者は、
 「ジャンルなど関係なく歌謡界全体が1つになって歌の力で日本を元気づけたい」
 と力を込める。
 
 
中居は、
 「TBSにとっても僕にとっても新たな歴史のはじまり」
 と並々ならぬ決意を見せ、
 「今こういう時代なので音楽の力で少しでもみなさんに楽しんでいただける番組になれば」
 と日本全体にエールを送る。
 史上最大の音楽の祭典が列島を熱くする。
 (2011年6月26日:Webサンケイ・スポーツ記事転載)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おはよう・・・南の海上には台風5号が北上中&小笠原諸島は世界遺産に。

2011-06-25 07:37:00 | mimifuku

 おはようございます。
 23日、24日と暑かったな~と思ったら、
 24日の熊谷市では39・8℃
 6月としては過去最高気温を記録。
 南の海上に目をやると、
 台風5号が南西諸島付近を北上中。
  
 台風第5号 (メアリー)
 ~平成23年06月25日05時45分~
 大きさ 大型
 強さ -
 存在地域 宮古島の北北西 約280km
 進行方向、速さ 北 40km/h(21kt)
 中心気圧 970hPa
 最大風速 30m/s(60kt)
 最大瞬間風速 45m/s(85kt)
 25m/s以上の暴風域 東側 330km、西側 220km
 15m/s以上の強風域 南東側 750km、北西側 390km

 ~平成23年06月26日18時45分~
 大きさ 大型
 強さ -
 存在地域 黄海
 中心位置 北緯 37度05分(37.1度) 東経 123度00分(123.0度)
 進行方向、速さ 北北西 20km/h(10kt)
 中心気圧 980hPa
 最大風速 25m/s(50kt)
 最大瞬間風速 35m/s(70kt)
 15m/s以上の強風域 南東側 750km(400NM) 北西側 390km(210NM)

 必ずとは言えないけれど台風が南西諸島付近にいると、
 列島は南からの暖かい風とフェーン現象の影響で温度がうなぎ上り。
 台風からの湿った空気の影響は前線を刺激し前線の南側付近で局地的豪雨。
 ~mimi-fuku通信ではお馴染みのフレーズは気象現象を知る上での常識。

 南西海上の台風はフィリピン近海でも台湾近海でも香港近海でも、
 ヒステリックな気象現象や温度上昇の原因となる時があるので要注意。
 さらに北からの寒気の流れ込み。
 台風&寒気は異常現象を知る上で必須のキーワードです。
 
 23、24日と東京にいたので地元石川はどうだろうと目をやると、
 32℃前後の真夏日になっており帰宅して部屋に入ったらム~っとして。
 外は土砂降りで窓を開けることもできずエアコンのスイッチをON。
 蒸し暑い季節が続きそうな気配です。

 台風5号の進路を確認する上では、
 国内での
直接的な被害は少ないと予想されるものの、
 北陸地方では活発な前線の活動で低地への浸水は要注意。
 前日、前々日と大雨に悩まされた東北地方での雨は一段落?
 そう言えば上高地では大雨のために土砂崩れで足止め客も。
 ニュースでは希望者は徒歩で下山した模様も復旧のめどはつかず。

 *6月26日夜:追記。
 黄海で停滞する位置(上記詳細)は非常に珍しく、
 中国・北朝鮮では大きな被害が予想される。

 *****

 先程、
 朝7時のニュースでは小笠原諸島が世界遺産に登録(2011年6月24日)。
 平泉(岩手県)は審査の順番が後のために今暫く登録はお預け。

 *****

 Googleニュースでは、
 *レディー・ガガ、来日会見 「みんな、この美しい日本に来るべきよ」
 *ひばりさん法要、ファン400人墓参り
 *米俳優ピーター・フォークさん死去=刑事コロンボで人気。
 が目についた。
 
 さらに、
 *東日本大震災:復興相に松本氏横滑り、週明け任命 延長国会、空転長期化。
 *菅首相、目玉人事で波風避ける カード温存との見方も。
 *福島原発、一進一退の汚染水処理 梅雨の増水も懸念。
 なにがなにやら。

 今朝の私の最注目記事は、

 *東日本大震災:建物・インフラ被害16兆9000億円(阪神大震災の1.8倍)
 内閣府は24日、東日本大震災による建物やインフラ設備などの推計被害額をまとめた。
 総計約16兆9000億円に上り阪神大震災(95年)の約9兆6000億円の約1・8倍となった。
 ただ売上高減少などの被害や東京電力福島第1原発の事故に伴う損害は含まれず、
 全体の額はさらに膨らむのは確実だ。
 東北や関東地方などの9県や関係17省庁が調べた、
 
被害額(原状復旧に必要な額=内閣府調査)。
 ▽住宅や店舗など建築物約10兆4000億円。
 ▽道路など社会基盤施設約2兆2000億円。
 ▽農業用施設など農林水産関係約1兆9000億円。
 内閣府は3月下旬にも阪神大震災の被害を基に東日本大震災の被害額を試算。
 建築物の損壊率の想定を2通りで計算し約16兆円と約25兆円の推計結果を発表していた。
 今回の推計では津波被害を受けていない地域の被害が小さかったことなどから、
 小さい見積もりに近い数字になったという。
 (毎日新聞:2011年6月24日・東京夕刊記事転載)

 この数字を前提として補正予算を算定していくものの、
 原状復興が許されないと考えられている津波被害地域や、
 収束(終息)の見えない原発被害地域は今後膨らむ可能性も大きく、
 国内の経済損失を現状で計り知れない周知の事実は織り込み外?

 大災害が起きても起きなくても、
 止めることの許されない資本主義型経済循環システム。
 その中で“止まっている能天気な人々”がいる。

 誰って?
 辞めると断言した人が内閣を改造して何をするつもりか?
 国会を止めることをよしとする野党の政局至上主義の体質。
 何が悪くて、何が良いのか?

 妖怪たちの駆け引きは国民感情とは大きく乖離。
 地方からの反撃。
 政党政治ではなく地方から選出する地方の代表としての国会議員群。
 気骨ある地方政治の在り方が新しい国家の方向性なのだろう。

 何にせよ、
 中央集権は原発問題を抱えることで信用を失墜。
 朝からコアな話題が頭にこびりつく日本の現状。
 ふ~っ、
 とひとつ溜息がでる。
  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

多く、短く、美しく? ⇔ 太く、短く、美しく!

2011-06-21 23:00:00 | mimifuku

 タイトルを見て???
 まあね。
 いつものことさ。

 *****

 ブルース・スプリングスティーンの盟友、
 クラレンス・クレモンズ
さんが亡くなった。
 Googleニュースのアラートに登録してあるボスのニュースで知ったけど、
 最近のライブ映像を見ても体調不良は明らかだった。
 Eストリート・バンドにはなくてはならない立役者の死は悔しい。
 大きな身体でコミカルに動くボスとの絡みはコンサートのハイライト。
 でも大きな身体(肥満)が禍したのかな?とも思う。

 *****

 大きな身体と言えば小さな身体は長生きの秘訣?
 Nスぺで話題になった、
 “レスベラトロール&サーチュイン遺伝子”
 再び???
 飢餓細胞と現代の日本人の長寿社会。
 戦前生まれの方々の若い時の貧困社会が、
 現代日本の長生きの秘密だと聞いたことがあるが、
 逆に現代の若者を含め、
 “インスタント世代”を生きる人々は長生きできないとも?
 そこで注目される、
 “レスベラトロール&サーチュイン遺伝子”
 科学の力に頼って好きなだけ食べて元気になろう!
 違うでしょ!って物申す。
 クラレンス・クレモンズさんの死に接し、
 “そんなこと”を考えた。

 *****

 先週に名古屋に行って久しぶりに駅裏?の大型家電店に。
 目当てはロジクールのワイヤレス・トラックボールだったんだけど、
 事前に調べていた価格よりも値段が1000円近く高いために保留。
 今週は東京に行くし慌てずとも手に入る品物だし購入を断念。
 で入店したついでなので冷やかしに、
 "i Pod"と"i Pad"を見学。
 "i Pod"は9月の発売時に購入予定(手持ちのモノは既に5年目)。
 "i Pad"は購入予定はないものの何ができるの?
 で話題の〝WiMAX”についてのお勉強。
 〝WiFi” なる言葉を覚えたばかりが、
 今の流行は、〝WiMAX”。
 でも私の住んでる地域はエリア外なので関係ないか?
 と文字にしながらも、
 自分がやりたいことはPCからダウンロードできるみたいで、
 高性能機種は(私には)必要がないみたい。

 移動通信はスマートフォンで十分見たいだし…。
 でも知識だけは持っておかないとね(笑)。

 *****

 最近このブログでは思い違い・間違いが多い。
 読み返して大汗は、
 カウフマンをカウフスマンと記入していたり、
 ヴンダーリヒをヴェンダーリヒと記入したり。
 良くも調べず誤った記憶に頼るのは恥をかきます。
 と文字にしながらも、
 “仕方ないよ”と自分に言い訳したりして。
 誤りは訂正しました。

 *****

 覚えることが多すぎる。
 と言って、
 覚えなくても良いこと覚えすぎ?
 そんなこんなが続くと、
 果ては疲れてしまい命を削るよ。
 などと文字にしながら、
 “レスベラトロール&サーチュイン遺伝子”
 がみんなを助けてくれるさ!
 ~なんじゃそりゃ(笑)。

 *****

 多く、短く・・・美しくないな。

 *****

 で美術の話題は、
 日曜日の朝に放送していた日曜美術館:宮本三郎画伯
 
は石川県小松市の出身。
 6月28日の日曜美術館“夜の部”では再放送があるので地元の人は必見!
 本当はじっくりかまえて文字にしたいところだけど今夜はパス。
 日曜美術館と言えば、
 5月に放送された“安宅コレクション”も石川県に関連が深い。
 財閥のコレクションについては“いつの日か”ゆっくりと文字に…。
 なんて言葉は聞き飽きた?

 *****

 東京行と言えば今回は顧客の都合で日程が早まり、
 久しぶりに電車で行こうということになった。
 加賀市、小松市、金沢市のみ割引周遊切符が適用されるようで、
 今回は行きを越後湯沢周りにして帰りを米原廻りにした。
 往復:23800円くらいだったかな?
 電車で東京に向かうのは数年ぶりで車窓からの景色が楽しみ!
 飛行機と違って曇っていても景色は変わらないしね。

 *****

 何のための文字記入?
 時間の無駄?
 今夜は40分だけと決めているので!
 まだ少し続けます。

 *****

 世界の原発の安全。
 先日電磁パルスと電源の影響をBS1で観た。
 僅か5時間の電源喪失でメルトダウンする原発の安全。
 電磁パルスは核爆発と太陽の働き(太陽フレア)等から発生。
 太陽の働きと自然界の脅威の関係。
 “未知の太陽嵐と既存の原発の電源の関係”
 って映画だけの話なの?
 それよりも電源を狙った国際テロ。
 フクシマの現実は国際社会に新たな不安を提示した。

 *****

 最後に往生際の悪い我が国の総理大臣
 あなたの仕事は復興でもなければ未来でもなく、
 目の前の問題と自らが公約した処理の履行。

 菅総理については嫌いな方ではないけれど、
 何か勘違いされているような気がしてならない。

 過去の処理ができない者に、
 国の未来を語ってほしくない。

 あなたのすべきことは、
 猛暑に向かう避難住民の健康の確保と瓦礫の処理。
 そして、
 福島第一原発で働く多くの方々への慰労・支援・健康管理。
 さらに不安におののく、
 原発被災地域のための市街地の汚染物質の処理。
 すべきことは山積されている。

 本題を忘れた国家指導者達の末路。
 未来に汚点は残す居残りは庶民の目に哀れに映る。

 “引き際の美学は日本人が尊ぶ武士の魂に通ず”
 ~自分の口から辞めると言った以上は約束を守るべき。

 自らの責任を全うしたい気持ちは認めるものの、
 自信の立場を顧みず未来を語れば人々の嘲笑を買う。

 誰にも望まれないのに居残ることの醜悪と、
 望まれながらも身を引く引き際の美学。
 ~後世に影響力を残したいなら目先の美辞より引き際が肝心。

 太く、短く、美しく。
 
 そんな言葉はあったっけ?

 *****

 <mimi-fuku通信からのお知らせ>

 今週はお休みします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平日の真夜中の独り言。

2011-06-21 02:30:00 | 日記・雑記・独り言

 只今6月21日の午前2時15分。
 昨晩は疲れがたまっていたのか午後8時に少し横になって目が覚めたら午前1時。
 少しPCを開いて色々確認して30分で眠ろうと思ったら目が冴えて眠れない。
 眠れない時は眠るな!がいつしか信条になり少しだけブログでも。
 そうそう。
 眠ろうとして眠れずに頭の中で色々なことが堂々巡りしはじめたら、
 時間が勿体ないので観たかった洋画(特に古い文芸作品がお薦め)でも観ていると、
 次第に眠たくなることに気付き以来は難しい本を読んだりクラシックの現代曲に没頭したり。
 たぶん30分もせぬうちに眠たくなること請け合い。
 一度お試しください。
 特に淀川長治先生推薦の映画『8月の鯨』はお奨めです(笑)。

 九州地方中南部では累積雨量が10日間で1200㍉を超える所もあり心配な状況。
 6月10日に発生した台風3号から延びた梅雨前線と、
 18日位から目についている、
 フィリピン→台湾へと移動している熱帯低気圧(台風の卵)の影響。
 さらに気圧配置からの梅雨前線の停滞。

 警戒すべきは土砂崩れの状況。
 河川の増水は3日間の曇天でも危機は回避の方向に向かうけれど、
 土砂崩れは7日間くらいの晴れが続かないと少しの雨でも崩壊の危機。
 何事もなく過ぎて行けば良いのですが住居に被害の報告も多数。
 何よりも人命と安全を考慮しての早めの避難。
 特に注意すべきは南~西側斜面の山沿い?
 累積降雨量が2週間で1500㍉に迫れば、
 低い山ばかりでなく高い山の大崩壊も注意。
 と文字にするも、
 状況により既に大崩壊の危険はかなり高くなっており、
 万全の避難体制が求められています。

 そうそう、
 アバド&ベルリン・フィルの“大地の歌”の感想を記事中に追加。
 興味のある方や番組をご覧になった方は読んでみてください。
 *大地の歌 http://blog.goo.ne.jp/mimifuku_act08/d/20110617  

 そうそう、
 友人との会話から一つ紹介。
 ちょっと気になるコーヒーの値上げから発展した、
 “Kopi Luwak(コピ・ルアク)”
 世界には色々な贅沢品があることを知りました。
 一度飲んでみたいものです。

 午前2時30分。
 気になることも文字にしたので、
 そろそろ眠りましょう。
 たぶん10分以内に眠れそうです。

 おやすみなさい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『たまにはロック&プロレスの話題でも ~You Tubeで検索の達人~』

2011-06-19 17:50:00 | 芸能・スポーツ

 mimi-fuku通信には検索からロック記事に辿り着く人も多い。
 数少ないプロレス記事も過去に多くのアクセスをいただいている。
 そこで今日は久しぶりに!

 昨晩(2011年6月19日)9時ごろに親しい友人が来た。
 
「久しぶりにプロレスのビデオ見せてよ。」
 プロレスのビデオ(VHS)と言われても、
 既に整理整頓されて別室に移動しているため、
 たまには“You Tube”でも観る?との結論に達した。
 ~長文になる前に今回紹介する映像を発表。

 上から順番に、
 Ⅰ:1985年・ライブエイド(Live Aid)のレッド・ツェッペリン=天国への階段。
 Ⅱ:1972年・デンマークでのディープ・パープル=ストレンジ・カインド・オブ・ウーマン
 Ⅲ:プロレス=バディ・ロジャース対ジョニー・バレンタイン(1953年)
 Ⅳ:プロレス=ルーテーズ対アントニオ・ロッカ(MSGでのNWA世界戦)

 Ⅰ:Led Zeppelin - Stairway To Heaven - Live Aid 1985
 *映像 
http://www.youtube.com/watch?v=Q2nJKO2wbsE

 Ⅱ:DEEP PURPLE - Strange Kind of Woman LIVE 1972 DENMARK
 *映像
http://www.youtube.com/watch?v=Ub73Wkbyzzw

 Ⅲ:Buddy Rogers vs Johnny Valentine
 *映像
http://www.youtube.com/watch?v=XqPg2Keu3O8

 Ⅳ:Lou Thesz Vs Antonio Rocca (NWA) 
 *映像
http://www.youtube.com/watch?v=Cfxzd7JCTCo

 今日の記事のタイトルは、
 ~You Tubeで検索の達人~

 そこで今日は、
 
検索から貴重映像に辿り着く方法の話をしよう。
 先ず、
 
“You Tube内の検索枠”“複数キーワード検索”が可能なこと。
 1番を検索する場合は
 “レッド・ツェッペリン+天国への階段”と入力すれば、
 日本の投稿者の投稿映像に移動する可能性が高い。
 
注意:+(プラス)と表記する部分は空間を開けるの意味で“+”は入力しない。
 キーワードを
 〝Led Zeppelin+Stairway To Heaven”に変えれば、
 世界中の投稿者の投稿にたどり着く可能性が高まる。
 それでも上記のキーワード検索2件からは、
 “ライブ映像に辿り着く可能性”が少ないので、
 ZEPが活躍した年代を想定してキーワードの項目を増やしていく。
 ライブ映像が残されている多くは1970年代初期なので
 〝Led Zeppelin+Stairway To Heaven+197”と入力。
 ~1971年、1972年、1973年、1975年の候補が示される。

 そこで昨晩は1985年に開催された伝説のチャリティ・コンサート、
 “(Live Aid)ライブエイド”の映像があるか知りたいと感じ、
 〝Led Zeppelin+Stairway To Heaven+198
5”と入力。
  → Led Zeppelin Stairway To Heaven 198
5 ←
  → Led Zeppelin Stairway To Heaven 1985 Live ←
 待望のライブエイドの映像に行き当たった。

 ライブエイドで演奏された『天国への階段』は、
 後に市販されたDVD(4枚組)には収録されておらず、
 1985年のフジテレビでの放送の際も、
 CMに阻まれ全曲の放送はなかったと記憶している。
 ドラムにはフィルコリンズが参加したツイン・ドラムの特殊編成。
 ~フィル・コリンズはイギリスでのコンサート後にコンコルドでアメリカへ移動。
 全盛期のパワーは落ちているものの、
 ZEPの出演はチャリティ・イベントに花を添えた。

 2番めのディープパープルも。
 同じような入り方だが最初はカタカナ文字“ハイウェイ・スター”から検索。
 日本の投稿タイトルを確認しながら記載されている英語文字に次々と変換し、
 1974年のデヴィッド・カヴァーデルのライブ映像に到着するも、
 
イアン・ギラン脱退以前に興味があるため1972年を選択。
 その映像タイトルに、
 〝DENMARK”の文字を見つけ、
 〝DEEP PURPLE+LIVE+1972+DENMARK”と入力。
  → DEEP PURPLE LIVE 1972 DENMARK ←
 いくつかの曲候補が列記され、
 〝Strange Kind of Woman”を選択。
 
 「ストレンジ・カインド・オブ・ウーマン」は、
 傑作アルバム『ライブ・イン・ジャパン』でも注目された楽曲で、
 イアン・ギランとリッチー・ブラックモアの音の会話が見所・聴き所。
 デンマークでのライブ映像はブラックモアの“すかし”が楽しい。
 *知らなかったのですがデンマークの映像は市販DVDも販売(下記)。

ディープ・パープル
マシンヘッド・ライヴ1972 / 73
JON LORD(Key)
RITCHIE BLACKMORE(G)
IAN GILLAN(Vo)
ROGER GLOVER(B)
IAN PAICE(Dr)
バップ・DVD

 *廉価輸入盤(全12曲)も存在します。

 
 プロレスは、
 猪木VSハンセンの映像から、
 猪木VSテーズの話題となり、
 テーズの全盛期の映像を観ようと、
 英語キーワード〝Lou Thesz” を入力。
 
 「なんでもあるな。」

 の話から、
 馬場さんが最も憧れたバディ・ロジャースや、
 アントニオ猪木さんのアントニオのネーミングの由来とされる、
 アントニオ・ロッカの映像を英語で検索。

 英語の人名は複雑なスペルも多いものの、
 “(Window)ウインドウ”を事前に2画面開いておいて、
 “(Yahoo!)ヤフー”でも“(Google)グーグル”でも人名をカタカナ入力すれば、
 人名の場合ほぼ“(Wikipedia)ウィキぺディア”がトップにくるので、
 検索候補画面から英語表記をコピーし、
 “(You Tube)ユーチューブ”の検索枠内に張り付けるだけで、
 夢の世界へGo!
 *検索のコツとしては選手名の後に半角空間を入れ vs を入力すると試合の可能性大。

 古いプロレス・ファンも見る機会が少ないだろう、
 バディ・ロジャースのファイテング・スタイルは、
 今観ても新鮮。
 ~対戦相手のバレンタインは猪木さんの好敵手。

 また、
 テーズ vs ロッカのファイテング・スタイルは、
 アントニオ猪木・全盛期の原型と言われても納得。
 
 “You Tube”には複雑な思いもあるものの、
 凄い時代が来たものだとつくづく思う。
 
 知恵を絞って海外のお宝映像をGet!
 単純に楽しめば?

 でもね…(笑)。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NHK-BS『アバド&ベルリン・フィルの大地の歌(マーラー100th)』:番組情報。

2011-06-17 00:31:10 | クラシック・吹奏楽

 BSプレミアム・シアター
 マーラー没後100年記念演奏会
 『アバド&ベルリン・フィルの“大地の歌”』

 放送局:NHK-BSプレミアム
 放送日:2011年6月18日(土)
 放送時間:午後11時30分~翌午前1時18分頃

 <mimifukuから一言>

 クラウディオ・アバドがマーラーを振る。
 21世紀のクラシック界ではそれだけで関心が高まる。
 それが、
 “アバドがマーラーの交響曲『大地の歌』を振る”
 
となればクラシック・ファンは狂喜乱舞する事件となる。

 ましてやマーラー没後100年の記念演奏会であり、
 注目される独唱がオッター&カウフマンとなれば、
 10000$出してでも、
 生のステージに接したいと思う方も多いだろう。
 演奏会はマーラー没後100年のその日である、
 “2011年5月18日”
 ベルリン・フィルハーモニーホールの撮り立て映像。

 マーラーの交響曲『大地の歌』は、
 通常の4楽章形式の管弦楽合奏の交響曲とは異なり、
 6曲(6楽章)の管弦楽伴奏をともなった歌曲集であり、
 その詩のテキストは中国の著名な古典から引用されている。

 *第1楽章:「地上の哀愁を詠える酒席の歌」(李白)
 *第2楽章:「秋に独り寂しき者」(銭起)
 *第3楽章:「青春について」(李白)
 *第4楽章:「美について」(李白)
 *第5楽章:「春にありて酔える者」(李白)
 *第6楽章:「告別」(孟浩然ー王維)

 からなり、
 1,3,5楽章(奇数楽章)をテノール
 2,4,6楽章(偶数楽章)をアルト(メゾ・ソプラノ)が担当。
 *時にバリトンが2,4,6楽章を受け持つ演奏もあり。

 1907年に長女のマリア・アンナをジフテリアで失い、
 マーラー自身の心臓疾患を医師から宣告され、
 死と対峙した晩年の作品であり、
 本来は第9番にあたる『大地の歌』を、
 ベートーヴェンやブルックナーの最後の交響曲と重ね、
 “第9の番号を嫌った”との逸話はあまりに有名だ。

 
マーラー晩年に作曲された、
 『大地の歌』、『交響曲第9番ニ長調』、『交響曲第10番嬰ヘ長調(未完成)』
 の3曲
は自らの死期を悟り自らの体調を考慮しながら作曲を続けた、
 マーラー芸術の到達点と言うべき傑作の泉として認知される。
 *今回10番についての記述は遠慮するがクック版を代表に全曲盤(全5楽章)も多く存在。
 演奏されるアダージョは第1楽章に当たり第9番の延長線上にある美しい無調風な展開から、
 ストーリー性、パロディ旋律、突然の強奏とバラエティな楽曲も統一感に欠け親しみにくい。


 私は、
 『大地の歌』のCDを5枚とカセット・テープを2本所蔵している。
 実はそれほど強く意識していた楽曲ではないものの名盤の誉れ高きものが多く、
 ワルター&ウィーン・フィル(1952年)、クレンペラー&ニュー・フィルハーモニア(1966年)、
 バーンスタイン&ウィーン・フィル(1966年)、バーンスタイン&イスラエル・フィル(1972年)、
 ジュリー二&ベルリン・フィル(1982年)のCDと、
 ワルター&ニューヨーク・フィル(1960年)、カラヤン&ベルリン・フィル(1974年)のカセット。
 は何れも推奨盤として知られる演奏ばかりだ。

 最近になって何度か記述したが、
 3.11:東日本大震災以後に私が最も耳にした楽曲が、
 
『大地の歌』より第6楽章“告別”である。

 トータル・タイム約60分の中の半分の時間を要する約30分の楽章は音楽の叙事詩。
 私の手持ちディスクでは、
 
クレンペラー盤、バーンスタイン盤(72)、カラヤン盤がクリスタ・ルートヴィヒの名唱が光るし、
 バーンスタイン盤(66)はフィッシャー・ディースカウのバリトンを通し説得力ある歌唱を魅せる。
 また何よりも評判が高いのは、
 ワルター盤(52)のフェリアーの歌声は異彩を放つ(好みが分かれる)。
 *今回は現役最高のメゾと誰もが認めるオッターの歌唱に期待が膨らむ。

 以前にも記述した
“告別”の最後の部分の詩を、
 ワルター&ウィーン・フィル盤のCD歌詞対訳から転載。
 
 ♪ 私は愁いを帯びて口を開く。
 ♪ 友よ、
 ♪ この世界に私の幸福はなかった!
 ♪ 私は1人寂しく山に彷徨い入る。
 ♪ 疲れ果てた孤独な魂に永遠の救いを求め。
 ♪ 今こそ故郷へ帰っていくのだ。
 ♪ 私は心静かにその時を待ち受けている。

 ♪ しかし、
 ♪ 春になれば!
 ♪ 愛する大地は、
 ♪ 再び至るところ花が乱れ咲き、
 ♪ 樹木は緑に覆われて永遠に、
 ♪ 世界の遠き果てまでも
 ♪ 青々と輝き渡る!
 ♪ 永遠に…、
 ♪ 永遠に…。

 この歌詞の告別の意味は“死”をイメージしたものではなく、
 友との“別れ”について歌われている。
 NHK-BSの放送では歌詞対訳がテロップで流れるので、
 参照していただきたいが告別の歌詞の中には、
 友に別れを告げる“私”と去っていく友の“私”が混在するので、
 歌詞を繋げる時には注意が必要と思われる。
 “告別は2人の男性の別れがテーマになっている”
 ことを意識して聴いてほしい。
 
 そして、
 ♪ 春になれば!
 ♪ 愛する大地は、
 ♪ 再び至るところ花が乱れ咲き、
 ♪ 樹木は緑に覆われて永遠に、
 ♪ 世界の遠き果てまでも
 ♪ 青々と輝き渡る!
 を意識して音楽を鑑賞すれば、
 私が何故この曲を好んで聴いたかの、
 理由を理解していただけるかと思う。

 また、
 第1楽章:「地上の哀しみを詠える酒席の歌」
 冒頭の管楽器の強奏からテノールの独唱に入る部分の逞しさは、
 ヴェルディの歌劇『オテロ』冒頭と並ぶクラシック音楽屈指のカッコよさ。
 誰もがマーラーの円熟と卓越した作曲技法を知ることになるだろう。

 そして、
 “クラウディオ・アバドが『交響曲:大地の歌』を振る”
 の意味はマーラー指揮者としても絶大なる信頼を勝ち得た巨匠が、
 
おそらく音源として初めて世間に発表される楽曲であること。

 既にマーラー全集を録り終え近年でもベルリンやルツェルンとの名演を重ね、
 現代の神話となろうとしている大指揮者が満を持して取り組む“大地の歌”。
 それはクラシック演奏の歴史の中でも伝説となるだろう期待。

 是非ご覧ください。


 <番組感想>

 極めて優れた演奏会であったことに異論はない。
 ただし、
 期待が大きすぎることは往往にして聴き手を不幸に導くことがある。
 演奏芸術を比較対象ばかりに着目点を置くと、
 “大地の歌のイメージ”は人により大きく異なる。
 
 カウフマンにとって不幸なことは過去の名歌手たちとの比較。
 現在のカウフマンが持てるすべての力を出し切っただろう歌唱も、
 古き大ワーグナー歌手と比較されることは酷であることを承知の上で、
 比較してしまう鑑賞者がいることを否定できない。
 ベルリン・フィルハーモニーホールでの観衆の表情を見ていると、
 決して総ての聴衆が満足しているわけではないことを感じた。
 
 ファン・オッターはベテランらしく百戦錬磨の情感を表現しマーラーに迫った。
 歌いだし暫くは時折アタックに荒いかな?と感じる部分も無きにしも非ずだが、
 最終楽章“告別”は私にとって大変に満足のいく歌唱だったし、
 現役歌手の中でこれ以上歌える者が何人もいないことは明らかだ。

 それはカウフマンにしても同じ事で現役歌手の中で誰が、
 ヴンダーリヒ(クレンペラー盤)や全盛期のルネ・コロ(カラヤン・バーンスタイン・ショルティ盤)
 の時代の歌手たちと対等に張り合うことができるのか?の答えを持つ者はいないだろう。
 *映像時代のニュースター達は歌唱以外にも様々を要求されることで集中力に乏しい。

 ベルリン・フィルのメンバーも特別な演奏会からか極度の緊張の罠に陥り、
 丁寧に丁寧に音を仕上げることに集中し“ノリの悪さは否定できない”ように感じたし、
 名匠:アバドも高性能の機能を持つベルリン・フィルを規則正しく安全運転させたことは、
 100周年と言うメモリアルの重みが巨匠:アバドにしてさえ背負うモノの大きさを感じた。
 *それは『第10番:アダージョ』でも同じようなことが言える。

 しかし、
 これほどの“大地の歌”を聴かせることのできる演奏家集団は世界中を探しても少なく、
 ベルリン・フィルの音色の美しさをここまで鑑賞者に堪能させる指揮者はいないだろう。

 緊張感の中にも本気モードのベルリン・フィルの最良の音を聴かせていただいた感激。
 さらに、
 フォン・オッターの演奏会にかける気迫は素晴らしいの言葉以外に見つけることはできない。
 

 演奏会(コンサート)は一期一会の出会いの場。
 アバドの優しさはカーテン・コールに必ず3人で登場したこと。
 この記念演奏会で絶賛されるのは自分であることを熟知した上での行動は、
 “自分が!”に拘る多くの国家指導者達に爪の垢でも飲ませたい思いだ。

 演奏会を観る姿勢には様々な角度がある。
 聴衆の極度の期待と期待に応えるべく極度の緊張感を持った演奏家。
 “一音足りとも聴き逃すか!”との緊張感を持って挑む聴衆と、
 絶対にミスが許されない立場に追い込まれた演奏家たち。
 “マーラー没後100年”の重みは会場の空気を一変させた。
 
 会場に来ていた聴衆総ての(高すぎる)期待に答えることは不可能でも、
 限りない重圧を乗り切り最良の音を奏でたベルリン・フィルのメンバーたち。

 特にコンサートマスターの樫本大進さんの肩にかかる重圧。
 現役最高の指揮者であろうアバドからの信頼も得たようだ。
 
 私は番組を通して、
 演奏会から多くを学んだ。


 <ブログ内:関連記事>
 *NHK-BS 『アバド&ルツェルン2010』:マーラー/交響曲第9番ニ長調。
  http://blog.goo.ne.jp/mimifuku_act08/d/20110217

 ~以下NHKホームページより記事転載。

 『交響曲第10番』からアダージョ
 『交響曲 “大地の歌”』
(全6楽章)

 メゾ・ソプラノ:アンネ・ソフィー・フォン・オッター(2.4.6楽章)
 テノール:ヨナス・カウフマン(1.3.5楽章)

 管弦楽:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 指揮:クラウディオ・アバド          

 ~ベルリン・フィルハーモニーホールで収録(2011.05.18)~

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

我思う、故に我あり。

2011-06-15 00:10:20 | mimifuku

 “我思う、故に我在り”
 デカルトの有名な言葉は『方法序説』からの一文。
 哲学の解釈は難解で苦手と思われる方も多いと思うが、
 「今ここに存在する私を私は否定することはできない。」
 と訳してしまえば意外と簡単だし、
 言葉通りに解釈すれば、
 「思考する私がここに存在することが私の存在証明になる。」
 言い換えれば、
 「存在そのものに疑問を持つ私がここに存在することに疑いの余地はない。」
 と文字にすると難解に感じてしまうのだろうか?

 哲学の命題の中でも最も重要な言葉は、
 “アイデンティティの証明”
 と近似語と捉えても差し支えないし、
 尾崎豊さんの、
 『僕くが僕であるために』
 は、
 “我思う、故に我在り”
 の発展(回答・証明→思考・行動)と解釈しても構わない。

 さらにゴーギャンの大作、
 『我々はどこから来たのか?我々は何者か?我々はどこへ行くのか?』
 
は言葉を超えたゴーギャンの存在証明として現代にも燦然と輝きを増し、
 つまり、
 “言葉は所詮言葉でしかない”
 し、
 言葉の意味に神秘性を感じて(自らを)縛ることは、
 疑問を持つことを提唱(=方法的懐疑)した、
 デカルトの哲学とは相反する。 

 “我思う、故に我在り”

 今日は、
 “我思う”
 に徹して、
 ”たかが言葉(=されど言葉)”
 を綴って行きたいと思う。
 ~内容は庶民の戯言~
 時間があればお付き合いください。

 *****

 昨晩(2011年6月13日)は自室に入り写真の整理をしながら、
 午後9時からBSプレミアムで放送していた、
 ブロードウェイ・ミュージカル『メンフィス』を観た。
 1950~60年代のアメリカ南部での物語はキング牧師の時代。
 バスボイコット事件が1955年の出来事。
 ミュージカル『メンフィス』の音楽を担当したのは、
 ロック・ファンなら誰もが知っているボン・ジョヴィに在籍する、
 キーボード奏者のデヴィッド ブライアンさん。
 元TBSアナウンサー海保千里さんのナビゲートがなければ知る由もなし。
 ~ひとつお利口さんになりました(笑)。 
 『メンフィス』はまさにアメリカのミュージカル。
 楽しいひとときはアッという間に過ぎてゆき昨晩はブログを御休み。
 本当に見ごたえ十分なミュージカルだった。

 *****

 先週、先々週と2週続きで飛騨界隈にドライブ。
 先々週(4日)は上高地にお出かけして、
 先週(11日)は飛騨高山にお出かけ。
 5月21日には、
 平湯温泉に新緑具合の下見に行ったので、
 約1か月の間に3度の飛騨界隈は予定通り。

 勿論例のごとく多くの写真を撮ってきた。
 紹介したいのも山々だが時間の関係上パス。
 それで今夜は土産話でも(笑)。
 
 

 “上高地は今年から大きく変わった”ことがある。
 何が変わったかと言うと2011年4月22日から、
 “あかんだな駐車場”から直接バスがでる。
 バス時刻表 http://www.nouhibus.co.jp/new/2011_kamikochi.html

 名古屋・大阪方面からの上高地ファンにとっては嬉しいニュース。
 昨年までは“あかんだな駐車場”からシャトルバスで、
 平湯温泉バス停まで行って上高地行きに乗り換え。
 が、
 今年からは“あかんだな駐車場”が始発になることで時間が読みやすい。
 石川県南部からでも高山IC周りなら家を出て4時間後には河童橋。
 安房峠を越えていた時代には考えられない時間短縮は、
 上高地さえも夏の明るい時間帯なら簡単に日帰りコース圏内。
 でも地元温泉地(=宿泊施設)は複雑な心境だろうけど。

 上高地を歩きながら感じた節電と高地(さらに流水)。
 軽井沢・草津温泉・上高地等の1000mを超える観光地は、
 基本的に地上よりも温度が数度も低い(高度差による温度変化)。
 手元にある奥飛騨温泉郷のパンフレットでは、
 8月の最高気温の平均が28.5℃で最低気温の平均が17.6℃。

 “目指せ節電の夏!お金持ちは避暑地で長期滞在”
 
 近年では各家庭に冷暖房が完備され避暑地の泊り客は激減。
 でも高地での自然の冷房は空気もキレイ!
 “行きたいな~”と思いつつも、
 仕事もあるし何よりも先立つモノが…。

 でも“できる人”は贅沢して欲しいかな?
 地方の景気を支える“お金持ち”がいないと、
 日本経済は成り立たない
 ~上高地を散策しながらそんなことも考えた。
 
 上高地の自然はいつも豊かで。
 特に流流とした美しい水の流れは心を洗う。
 でも熊笹の痛み(枯れ具合)がやけに気になる。
 ~大正池が年々小さくなるのは仕方がないけど…。

 
 飛騨高山は毎度の三町通りを避けて今回は屋台見物。
 春(山王祭)秋(八幡祭)の高山祭は、
 混雑予想から行きたいとの欲求は起きないけれど、
 当然興味がない理由はなく、
 からくり人形目当てに新しい屋台を展示する“まつりの森”と、
 秋の高山祭りを主宰する“桜山八幡宮の屋台会館”をメインに、
 茶の湯の森飛騨高山春慶会館などを見学。
 思っていた以上に楽しい時間が経過し
 
予定していた飛騨古川の屋台会館(まつり会館)は断念。

 色々なことを感じたのは、
 街を守ることと資本家(&企業)の投資バランス。
 
 詳しくは文字にしないが、
 “どちらも町の発展につながる”のだが、
 市民の思いと観光客の思いに温度差があるのかな?
 目標とする発展の方向性は、
 “便利な生活(市民視線) or
伝統の継承(観光客視線)”
 その答えはいずれ出るのだろうけど、
 守ることと責めることのバランス。
 
 特に“桜山八幡宮の屋台会館”で観たビデオ映像を見ながらも、
 伝統を守り続けてきた高山市民の意気と華は上町と下町の競い合い。

 しかし古い町並みにも容赦なしに押しかけてくる都会の資本流入。
 町のバランスと資本家の資本投資。
 “郷に入れば郷に従え”
 との言葉は10代、20代には嫌いな言葉の一つだったけれど、
 “郷に入れば郷に従え”
 を思えば(長く培った土地ならではの習慣や伝統)、
 あまりに土足で地方に進出する“金太郎飴軍団”にも抵抗を覚える。
 そんなことを考えながらも町を歩いた。

 でも郊外に対して市街地の伝統は、
 他の市町村と比較すると守られているのかな?
 諸外国から来られる観光地域では、
 ローマ字や英米語の文字の店舗に古き良き日本を見出すかな?
 エジプトのピラミッド近郊やスフィンクス近郊のマックやケンタ。
 1995年頃から本当に日本国内の市街地図は変わってしまった。
 バブルの崩壊以後行政が目指したアメリカ型社会の追随と模倣。
 この国の官僚機構(国家行政のトップは政治家ではない)は、
 いつになったら自分たちが作成したマニュアルの誤りに気付くのだろう?
 *その話は別の機会に。

 *****

 “我思う、故に我在り”


 毎日色々なことを思いあぐねるけれど、
 答えの出し方が難しい時代なんだろな。
 本当は今夜は、
 福島とフクシマの事を文字にしようと思った。
 ~いつもと同じく文末に一番重いテーマが鎮座。
 今夜は正味3日間休みを取った分、
 たっぷり時間をかけようと思ったけれど、
 本題には辿り着けそうもない。
 それでも日付が変わる時間まで、
 少しだけフクシマについて考えてみたい。

 イタリアではドイツ、スイスに続いて原発の撤廃を決定。
 投票したイタリア国民の90%以上がNOを突きつけた。
 この決断は重い。

 核爆弾の被爆国であり、
 世界有数のプレート境界を抱える我が国・日本で、
 今後は従来通りの原発推進は否定されるとしても、
 全原発の廃止を唱える声はいまだ少数に過ぎない。

 しかし収まりがつかない放射線汚染と、
 行き場のない核廃棄物を作り続ける巨大な発電機。
 20年後にはこの世からいなくなる世代は構わないが、
 2万年も先にも放射能を撒き散らすプルトニウムの存在。

 フクシマでも今後の問題点は、
 放射性ヨウ素ではない“放射性セシウム”の半減期であり、
 当初予想(発表)された以上にセシウムの放出が大きいようだ。
 その言葉の意味は、
 半減期が30年と長いセシウムの廃棄処理手法の問題。

 夜7時(NHK)のニュースでは大学の専門家が、
 下水施設での放射性物質の滞留を予測できなかった
 と語っていたが“???”である。
 当ブログでは降雨による溜り水は重力に逆らえない以上、
 洗い流される地表と流れ付く場としての側溝や水溜り(くぼみ)を指摘。
 側溝に流れ着けば、
 下水道完備が優れる都市部ほどに行きつく先は決まっているし、
 水道水も使用すれば使用するだけ汚染物質の行先は決まっている。
 ~安全と言えども水道水に含まれる微量な放射性物質の所在。
 
 その昔であれば側溝は川に流れ重力に従って海に流れついた。
 大雨が降り排水が追い付かねば必ず市街地でも洪水が起きる。
 しかし時間が経てば経つほどに、
 重力に従って水の行き場は海へと流れ着くインフラが整備された。
 ~大量の雨量によって市街地が沼地へと変化することはない。

 福島県内の小中学校では、
 運動場の土の行き場に苦慮していると聞く。
 しかし例えば大滝根山などの福島原発に近い、
 1000m級の連山に降り注いだ大量の放射性物質は、
 おそらく雨に流され日々海へと流れ着いているだろう。
 それは自然の成せる業であり誰にも止めようがない。
 ~連山が福島市や郡山市への防御壁となったことは明らかだ。

 人間の仕業には責任が生じるが、
 自然がなす業には責任は生じない。

 私が何を言わんとしているか?
 日本人はあまりに責任に怯えて成すべき作業を後回しにしている。
 海に流れ出した放射性物質の殆どが、
 福島原発からの放射能汚染水ではなく、
 計4度の爆発時に散布された数値が最大であることは明らかだ。

 現在各地で苦慮される万(まん)の数値とは桁違いの、
 京(けい)の数値が最初の7日間で海上に撒き散らされた。

 私が何を言わんとしているか?
 その答えは明白であろう。

 しかし、
 日本人はあまりに責任に怯え成すべき作業を後回しにしている。
 守るべきは子供たちと真剣に考えるならば、
 捨て場を決めることに躊躇すべきではないのではないか?
 とにかくどこかの場所を決めてどこかに集める。
 当面は1キロ四方の立ち入り禁止区域の設定に凝縮する。
 ~平均的滞留では何時まで経っても市民の不安は消えることがない。

 既に日付は変わった。
 今日はここまで。 
 読み返さず今夜は眠る。
 *翌朝に整理済。
 
 

 “我思う、故に我在り”
 必ずしも私の思いが正しい必要はない。
 読まれる方にとって何かのヒントになれば。

 それが日々1000人以上の方々が、
 何かを期待し訪問してくださる思いへの、
 私の責任であり義務だと感じる。

 
因みに、
 *2011.06.13(月) 閲覧数:5091p  訪問者:2681人 
 *2011.06.12(日) 閲覧数:4555p  訪問者:2392人
 *2011.06.11(土) 閲覧数:5270p  訪問者:2552人

 私にとって重い数字だ。

 

コメント (3)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

NHK-BS:史上空前のミュージカル特集&トニー賞(2011年6月放送)。

2011-06-11 00:00:00 | オペラ・バレエ・舞台

【トニー賞2013】
~NHK-BSプレミアム
2013年6月25日:深夜11時45分~の放送予定。

乞うご期待!

*****

 <ミュージカルの魅力>

 『日本人が愛した魅惑のミュージカル・ナンバー』
 ~BSプレミアム:2011年 6月11日(土)午後1:00~午後3:00(120分)

 『日本人が演じる名作ブロードウェイ・ミュージカル』
 ~BSプレミアム:2011年 6月11日(土)午後3:00~午後4:00(60分)

 『トニー賞授賞式2011:見どころ紹介』
 ~BSプレミアム:2011年 6月11日(土)午後4:00~午後4:45(45分) 



 <ブロードウェイの祭典>
 
 『トニー賞授賞式2011』(生中継)
 ~BSプレミアム:2011年 6月13日(月)午前8:45~午後0:00(195分)

 『トニー賞授賞式2011』(録画字幕版)
 ~BSプレミアム:2011年 6月18日(土)午後3:00~午後5:30(150分)


 <ミュージカル:ステージ特集>

 『レ・ミゼラブル25周年記念コンサート』
 ~BSプレミアム:2011年 6月12日(日)午後1:00~午後3:54(174分)

 『メンフィス』
 ~BSプレミアム:2011年 6月13日(月)午後9:00~午後11:15(135分)
 
 『RENT』
  ~BSプレミアム:2011年 6月14日(火)午後9:00~午後11:26(146分)

 『FELA!』
 ~BSプレミアム:2011年 6月15日(水)午後9:00~16日午前0:00(180分) 
  
  
 <ドキュメンタリー:ブロードウェイの100年(全6回)>

 国際共同制作:華麗なるミュージカル 
 ブロードウェーの100年(1)
 ~BSプレミアム:2011年 6月13日(月)午前0:00~午前0:57(57分)

 ブロードウェーの100年(2)
 ~BSプレミアム:2011年 6月13日(月)午後11:15~14日午前0:13(58分)

 ブロードウェーの100年(3)
 ~BSプレミアム:2011年 6月14日(火)午前0:15~午前1:13(58分)

 ブロードウェーの100年(4)
 ~BSプレミアム:2011年 6月14日(火)午後11:30~15日午前0:30(60分)

 ブロードウェーの100年(5)
 ~BSプレミアム:2011年 6月15日(水)午前0:30~午前1:28(58分)

 
ブロードウェーの100年(6)
 ~BSプレミアム:2011年 6月16日(木)午前0:00~午前1:00(60分)
 
 
 <ハリウッド映画特集>

 『メリー・ポピンズ』
 ~BSプレミアム:2011年 6月13日(月) 午後1:00~3:20
 
 パラソルを片手に空から風に乗ってやってきた家庭教師メリー・ポピンズと子供たちとの、
 楽しいふれあいを実写とアニメーションを融合して描いたミュージカル・ファンタジー。

 『雨に唄えば』
 ~BSプレミアム:2011年 6月14日(火) 午後1:00~2:44 

 サイレント映画からトーキーへと変わりつつあるハリウッド映画界の舞台裏を描いた、
 ジーン・ケリーとスタンリー・ドーネンの共同監督による傑作ミュージカル。

 『オズの魔法使い』
 ~BSプレミアム:2011年 6月15日(水)午後1:00~2:43

 「風と共に去りぬ」のV・フレミング監督によるミュージカル映画の傑作。

 『巴里(パリ)のアメリカ人』
 ~BSプレミアム:2011年 6月16日(木) 午後1:00~2:55

 ジョージ・ガーシュウィンの名曲「パリのアメリカ人」をモチーフに製作された華麗なミュージカル。

 
 <mimifukuからひと言>

 2011年6月。
 放送史上空前のミュージカル特集は再放送番組も多いものの見ごたえ満載。
 NHK-BSの毎年恒例番組となったトニー賞授賞式。
 映画のアカデミー賞、音楽のグラミー賞、舞台のトニー賞、テレビのエミー賞。
 アメリカのエンターテインメントを代表する賞取りレースは世界の注目を集める。
 私がNHK-BS2でトニー賞を意識したのが1997年頃。
 映画『タイタニック』の制作と同じころに上演されたミュージカル『タイタニック』。

 その頃だと記憶しているが、
 ミュージカルには殆ど興味を示さなかった私が友人の勧めで劇団四季を鑑賞。
 突然ミュージカルに目覚め2~3年間に各地の劇場へと足を運んだ。
 *赤坂にあった四季劇場の『美女と野獣』が最初のミュージカル体験。
 ~劇団
四季の強みである完璧な群舞は素人の目にも圧巻だった。
 その後、
 名古屋・栄に2年間だけ存在した、
 *名古屋ミュージカル劇場での『オペラ座の怪人』。
 さらに、
 
*大阪MBS劇場では『クレイジー・フォー・ユー』。
 *新名古屋ミュージカル劇場で観た『キャッツ』。
 *浜松町の四季劇場で観た『ライオン・キング』。
 *金沢の本多の森ホール(旧厚生年金会館)で観た『エビータ』。 
 記憶では2~3年の間に続け様に鑑賞して次の興味に移行した。

 四季以外のミュージカルでは、
 *帝国劇場での『レ・ミゼラブル』をキャストを変えて2度鑑賞。
 *名古屋名鉄ホールで観た松本幸四郎&松たか子親子の『ラマンチャの男』
 *日生劇場で観た東山紀之さんと薬師丸ひろ子さんの『雨に唄えば』
 等が印象に強い。

 記憶には薄いが子供の頃に宝塚劇場で一度観劇。
 ~以上は日本人が愛した&日本人が演じるで紹介されるはず?

 ドイツ・イタリア等に代表されるオペラ。
 ロシア・フランス等に代表されるバレエ。
 イギリスに代表される古典演劇。
 そして、
 ニューヨーク&ロンドンに代表されるミュージカル。
 ~私の中ではそんなイメージが強い。
   日本には歌舞伎、中国には京劇がある。

 
後出のミュージカルの面白さは、
 何と言っても華やかさと凝った演出。
 オペラやバレエとの違いは、
 ふんだんに使用されるテクノロジー。
 特に常設劇場のロングラン公演は、
 計算された夢の世界が繰り広げられる。
 ~非日常世界への憧れは万国共通。

 アメリカらしいミュージカルの発展は、
 ビート(リズム)、照明(光)、音響効果(録音技術)と、
 楽しければ何でも取り入れてしまう世界は、
 現代の古典オペラの演出にも大きな影響を与えた。
 ~近年ではスクリーンを取り入れた視覚効果の利用も顕著。
 
 古典文化に乏しいアメリカが、
 伝統的なオペラやバレエを、
 融合・模倣しながら
創作していく様子は、
 ロック誕生にも通じる黒人音楽との出会い。
 明るいリズムはショービジネスのすべてを変えた。
 ~そのストーリーは“ブロードウェイ100年”で確認。

 mimifukuのお薦めは再放送ながら、
 
『レ・ミゼラブル25周年記念コンサート』
 は絶対に外せない。
 ロイド=ウェーバーとは異なる重い作品ながら、
 心にしみる音楽の強さは全作品の中でも群を抜く。
 ~コンサート形式での舞台映像は歌の楽しみ。 

 『メンフィス』『FELA!』はテレビ初登場!
 特に、
 『メンフィス』は昨年のトニー賞受賞作品。
 *未視聴ながらダンスシーン満載と思われる?

 関連番組として放送される、
 ハリウッド・ミュージカルは傑作のオンパレード。
 知っている人は誰でも知っている作品群だけに、
 何を今更の感を拭い去ることはできないが、
 『メリー・ポピンズ』
 『オズの魔法使い』
 
の2本はお子様も楽しめるメルヘンの世界。
 特に1939年(昭和14年)に制作された、
 “オズ”はロック・ファンやジャズ・ファンにも馴染み深い、
 「虹の彼方に(
オーバーザレインボー)」を収録。

 『雨に唄えば』

 
『巴里(パリ)のアメリカ人』
 映画界最高の貴公子:フレッド・アステアと並び称される、
 ミュージカル界のトップ・スター:ジーン・ケリーの作品を2作。
 『雨に唄えば』は言わずと知れたミュージカル映画の最高傑作。
 私個人の評価でも映画史上ベスト20に必ず入るべき作品。
 ~番組録画ではないDVD完全版も持ってます。
 『巴里のアメリカ人』はクラシック・ファンならお馴染みのガーシュインの名曲。
 その名曲をバックに、
 長時間(全曲分)踊るジーン・ケリーのダンスシーンは空前のスケール。

 歌の好きな方もダンスが好きな方も、
 日本の大衆には馴染まないと思われていた、
 最高のミュージカルへの招待。

 この機会に是非鑑賞してください。


 ~以下NHKホームページより記事転載。

 Ⅰ:「ショービジネスの幕開け」1904年~1927年
 ▽ブロードウェー100年の歴史を綴ったシリーズの第1回。
 20世紀初頭の黎明期。
 ニューヨークに集まった移民が独特のスタイルを生み出す様子を描き出す。

 Ⅱ:「ジャズに夢中」1914年~1935年
 ▽ブロードウェー100年の歴史を綴ったシリーズの第2回。
 ブロードウェーを発展させたのは作曲家やスター俳優。
 ジャズを取り入れショービジネスが花開く。

 Ⅲ:「暗い時代の中で」1929年~1941年      
 ▽ブロードウェー100年の歴史を綴ったシリーズの第3回。
 大恐慌から第2次大戦にかけた時期も、
 ユーモアあふれる作品を送り出し人々に希望を与えていく。

 Ⅳ:「名作誕生」1942年~1960年         
 ▽ブロードウェー100年の歴史を綴ったシリーズの第4回。
 名作が次々に登場した第2次大戦から戦後にかけての時期。
 ミュージカルプレーの幕開けを紹介。

 Ⅴ:「新しい息吹」1960年~1980年         
 ▽ブロードウェー100年の歴史を綴ったシリーズの第5回。
 ミュージカル低迷期。
 リバイバル作品のほか現代社会の複雑さを描く新作が出るなど客層も多様化。

 Ⅵ「拍手は鳴りやまず」1980年~現代まで。
 ▽ブロードウェー100年の歴史を綴ったシリーズ最終回。
 ブロードウェー・ミュージカルは時代とともに変化し、
 アメリカ文化の象徴であり続けている。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

第95回『日本陸上選手権(2011年)』:NHK総合&BS放送予定。

2011-06-10 01:14:14 | 芸能・スポーツ

 【NHK総合】
 
第95回日本陸上選手権-1日目-
 ~2011年6月11日(土)1:15-2:30(深夜再放送) 

 第95回日本陸上選手権-2日目-
 ~2011年6月11日(土)16:00-18:00(生中継)

 第95回日本陸上選手権-最終日-
 ~2011年6月12日(日)16:00-18:00(生中継)

 【NHK-BS1】
 第95回日本陸上選手権-1日目-
 ~2011年6月10日(金)19:00-21:25(中継録画) 

 第95回日本陸上選手権-2日目-
 ~2011年6月12日(日)1:00-2:50(深夜再放送)
 ~2011年6月16日(木)2:00-3:50(アンコール放送)  

 第95回日本陸上選手権-最終日
 ~2011年6月13日(月)0:00-1:50(深夜再放送)
 ~2011年6月17日(金)1:00-2:50(アンコール放送)

 <大会結果2011>
 *男子http://www.jaaf.or.jp/jch/95/result_m.pdf?sid=06j82pqdk4k6u9e1ncnqvbs4h4


 *女子http://www.jaaf.or.jp/jch/95/result_w.pdf?sid=06j82pqdk4k6u9e1ncnqvbs4h4

 注:リンク先(陸連HP)の文字が小さい場合は拡大選択(%表示)で適度な大きさに変更可。
 

 <mimifukuからひと言>

 年に一度のお楽しみ。
 今年も、
 日本陸上選手権の季節がやってきた。
 今年の会場は首都圏からも近い、
 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

 今年も私の一押しの注目種目は女子短距離陣の成長。
 5月8日に行われたゴールデングランプリ川崎では、
 女子400メートルリレー:日本チーム(北風、高橋、福島、市川の順)が、
 43秒39を日本新記録達成し“
この記録”は、
 陸上世界選手権の決勝レース進出も夢でないかも?

 そして今年2011年の陸上界最大の注目点は、
 8月に行われる世界選手権の会場が隣国の韓国
 *リアルタイムで陸上・世界一決定戦の視聴が可能。
 日時は、
 8月27日~9月4日までの9日間で会場は
韓国・大邱(テグ)
 つまり今年の大会は、
 韓国で行われる世界選手権の選考レースであり、
 競技選手の気合の入り方も例年以上と思われる。

 しかし“残念なこと”も発表されている。
 それは
欠場選手に有力選手が多数存在。
 女子5千メートル、1万メートルの人気者:福士加代子選手。
 女子1万メートルはママさんランナーでお馴染みの赤羽有紀子選手。
 女子1500メートルの小林祐梨子選手は5000mのみの出場予定。
 さらに、
 男子短距離界の象徴的存在の塚原直貴選手も欠場を決めている。

 さて今年の日本選手権の見所と言えば先に紹介した、
 女子100&200mの福島千里VS橋萌木子の宿命の対決。
 両エースの2人に割って入る、
 急成長株の
市川華菜選手やリレーメンバー北風沙織選手。
 安定感は福島選手が一歩も二歩もリードするものの、
 昨年(2010年)の200mでは高橋選手の逆転劇。
 タイムは平凡なものの最高の盛り上がりを見せた話題のレースだった。
 今年は梅雨前線の悪戯が勝負の明暗を分けそうな気配に要注目。 
 
 
男子100mでは塚原選手の欠場は残念ながらも、
 新エースで
3連覇がかかる江里口匡史選手を軸に混戦模様。
 男子200mも混戦ながら高平慎士選手の巻き返しに注目。
 
男子400mハードルでは為末大選手が3年ぶりの出場。

 フィールドでは、
 男子やり投げ:村上幸史選手が今年も好調。
 
男子ハンマー投げ:超人・室伏広治選手の17連覇は孤高の道を歩む。
 連覇に期待がかかる選手は下段にも資料(昨年の記録)を掲載したが、

 ・男子 100m:江里口 匡史(3連覇)
 ・男子 400m:金丸 祐三(7連覇)
 ・男子 800m:横田 真人(3連覇)
 ・男子110mH:田野中 輔(3連覇)
 ・男子400mH:成迫 健児 (3連覇)

 ・男子ハンマー投げ:室伏 広治(17連覇)
 ・男子やり投げ:村上 幸史(12連覇)


 ・女子1500m:吉川 美香(6連覇)
 ・女子100mH:寺田 明日香(4連覇)
 ・女子400mH:久保倉 里美(5連覇)
 ・女子3千m障害:早狩 実紀(6連覇)
 ・女子三段跳び :吉田 文代(7連覇)
 ・女子円盤投げ :室伏 由佳(10連覇)
 ・女子ハンマー投げ :室伏 由佳(4連覇)
 ・女子やり投げ :海老原 有希(4連覇)
 
 等が連覇をかけて“王者・女王としての戦い”に挑む。
 何れの選手も血の滲むような努力に敬意を払いたい。

 また変わった鑑賞視点としては、
 近年注目されるアスリートのファッション。
 ソウル五輪でのフローレンス・ジョイナー選手の井出達は異彩を放つものの、
 近年日本人選手もファッションに自己主張が見え華やかな限りだ。
 男子ではサングラス姿で走る塚原選手の欠場は惜しいが、
 棒高跳びの澤野大地選手のスタイルも斬新で興味深い。

 女子選手は彩緑だが福島千里選手のネイルアートは有名で、
 デジタル大画面ではスタート前の指先にも注目!
 また、
 
女子100mハードルでは城下麗奈選手の“へそピ”が毎年話題に…。
 *どちらかと言えば不謹慎との見方もあるが私は賛成に1票(笑)。
 
自己主張することは“後には引けない覚悟”もいるし、
 アマチュア・スポーツ選手と言えども注目されてナンボの世界は、
 選手のモチベーションにも大きく関係すると感じる。
 それと週刊現代などにも取り上げられる城下選手ではあるが、
 選手生活を続けるうえでの悩みを下記ブログ(2010年)で確認。
 *れなちゃんのお部屋
http://ameblo.jp/rena1348/day-20100607.html
 
 様々な視点での注目。
 日本選手権を見ると見ないでは、
 4年に1度のオリンピックの楽しみが半減。
 是非ご覧ください。

 <番組感想>

 第95回日本陸上選手権2011。
 先ずは女子短距離界の話をするのが今の定石かと思う。
 近年上位入賞が定位置の渡辺真弓選手の話題から。
 結果は決勝レース6位ながら彼女のドラマを放送で初めて知った。
 これまで所属していたナチュリルの解散と福島県:東邦銀行への移籍。
 *3・11東日本大震災と被災地・福島県での練習環境。

 廃部になったナチュリルは2006年3月に発足。
 福島大陸上部監督でもある川本和久監督の下、
 2007年から全日本実業団大会で女子総合4連覇。
 2008年の北京オリンピックには、
 400メートルの千葉麻美(旧姓:丹野)。
 1600メートルリレーに青木沙弥佳、佐藤真有が出場。
 同クラブは2011年3月31日付で廃部となった。
 (スポニチ:Web記事転載)

 またナチュリルの顔であった、
 千葉麻美選手が妊娠のため今季は休養とのニュースもあり、
 おめでたいニュースに思わずニンマリも、
 アマチュアで陸上競技を続けることの困難を強く感じた。
 “好きでなければ!”
 選手達が走り続けることに大きなご褒美があれば良いのだが、
 経済の疲弊はスポーツの発展にとって大きな障害となっている。

 女子100mでは以前にもスーパー中学生として紹介した、
 土井杏南選手(高校1年生)が見事4位入賞。
 ベスト・タイム11秒51は今後の成長が楽しみ。

 福島千里選手×高橋萌木子選手の活躍で、
 急速に市民権(=社会認知)を得た女子短距離界は、
 北京五輪以後の全体のレベルアップと、
 続々とタレント(注目選手)を輩出し続け、
 今後益々目が離せない競技になった。
 *それにしても市川華菜選手の垢抜けは自信の表れか?
 秘めた闘志に自信が備われば大化けしそうな今後の活躍。
 世間の注目度が高まれば一層のレベルアップが期待できる。

 逆に、
 男子100mは低調と言わざる得ない。

 今年(2011年)の結果が、
 1位:江里口 匡史 10.38
 2位:小谷 優介   10.40
 3位:川面 聡大   10.49

 江里口選手初優勝の2009年の結果が、
 1位:江里口 匡史 10.14
 2位:木村 慎太郎 10.22
 3位:荒尾 将吾   10.23 

 追い風と向かい風の影響を考慮しても、
 銅メダルを獲得した北京リレーの翌年であった3年前。
 大学生達の上位独占の期待に反する現状のレベル低下。
 タレント(注目選手)が揃った北京五輪と比較し、
 男子短距離界でのタレント不足は否めない。

 しかし今大会。
 男子200mを制したのが、
 北京五輪でのタレント選手:高平慎士。

 今年の日本選手権2011では、
 男子:高平 慎士選手
 女子:絹川 愛(めぐみ)選手
 が私の目に映るベスト・パフォーマー。

 長時間番組も紹介されなかった競技があることは残念。
 ダイジェストでもよいので総べての優勝選手の映像を紹介することは、
 各競技の選手達のモチベーションをあげるためにも宜しくお願いしたい。
  
 今年も多くの感動に感謝・感謝。

 <関連記事>
 
*第94回『日本陸上選手権(2010年)』:NHK総合&BS放送予定。
 http://blog.goo.ne.jp/mimifuku_act08/e/ef717ba6dd857f80c36840bd7964535e


 ~以下NHKホームページより記事転載。

 
国内最高峰の大会である日本陸上競技選手権大会が、
 6月10日から12日までの3日間、
 埼玉県熊谷市の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で開催されます。
 今大会は今年の8月に韓国で行われる世界選手権の代表選考会になっており、
 選手にとっては来年のロンドンオリンピックへとつながっていく重要な大会です。
 男女合わせて700人を超える日本のトップアスリートたちが、
 トラック&フィールドで熱い戦いを繰り広げます。

 男子のトラック種目では、
 
400メートルハードルの為末大選手が日本選手権に3年ぶりにエントリーしました。
 2001年と2005年の世界選手権で2回銅メダルを獲得し世界で戦ってきた為末選手。
 33歳になったベテランハードラーが復活をかけます。
 フィールド種目ではやり投げの村上幸史選手。
 2009年の世界選手権でこの種目で日本人では初めてメダルを獲得し一躍脚光を浴びました。
 この2年は毎年自己ベストを伸ばしており、
 今大会では85メートルを超える投てきを狙っています。
 またハンマー投げにはアテネオリンピックの金メダリスト:
室伏広治選手が出場。
 日本選手権最多連勝記録を更新中の室伏選手は、17連覇を目指します。

 女子では短距離のエース・福島千里選手に注目が集まります。
 北京オリンピック以降100メートルでは国内負け知らず。
 去年のアジア大会でも優勝を果たし世界での活躍が期待されている選手です。
 去年の4月にマークした自身の持つ日本記録11秒21の更新を狙います。
 長距離では10000メートルに出場する福士加代子選手。
 5月の大会では5年ぶりに30分台の好記録をマーク。
 8回目の優勝に向かって順調な仕上がりで日本選手権に臨みます。

 *第95回日本陸上選手権(第1日) 
 
陸上日本一をかけた戦い。
 今大会は世界選手権の代表選考会も兼ねて開催される。
 1年後のロンドン五輪を目指す選手たちの熱戦に期待! 
 大会第1日の注目はハイレベルな争いが期待される女子100メートルの予選。
 自らの日本記録の更新に期待がかかる福島千里。
 今シーズン急成長の市川華菜が決勝に向けてどんな走りを見せるのか? 
 女子1万メートル決勝は長距離の女王・福士加代子が登場!

 *第95回日本陸上選手権(第2日)
 第2日の注目はハイレベルな争いが期待される女子100メートル決勝。
 男子ハンマー投げには王者・室伏広治が登場! 
 男子400メートルハードルにはベテラン33歳の為末大。復活の走りなるか?

 
第95回日本陸上選手権(最終日)
 最終日の注目は女子200メートル。短距離の女王・福島千里が登場する! 
 男子やり投げには前回の世界選手権・銅メダリストの村上幸史が出場。
 日本記録の更新、世界レベルの投てきに期待がかかる。
 日本一速い男は誰だ? 
 男子100メートル決勝は大混戦が予想され目が離せない!

 【解説】:山崎一彦
 【アナウンサー】:竹林宏、冨坂和男

 ~熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で収録~


 【参考資料:2010年大会結果:優勝者と記録】

 *男子トラック
 ・男子 100m:江里口 匡史(10秒26/2連覇)
 ・男子 200m:藤光 謙司 (20秒38/初優勝)
 ・男子 400m:金丸 祐三(45秒56/6連覇)
 ・男子 800m:横田 真人(1分47秒25/2連覇4度目)
 ・男子1500m:村上 康則(3分45秒76/初優勝)
 ・男子5000m:松岡 佑起(13分40秒11/初優勝)
 ・男子10000m:竹澤 健介(28分43秒08/初優勝)
 ・男子110mH:田野中 輔(13秒58/2連覇3度目)
 ・男子400mH:成迫 健児 (49秒01/2連覇3度目)
 ・男子3千m障害:武田 毅 (8分47秒61/初優勝)

 *女子トラック
 ・女子 100m:福島 千里(11秒30/2年ぶり2度目

 ・女子 200m:橋 萌木子(23秒56/初優勝)
 ・女子 400m:田中 千智(54秒46/初優勝)
 ・女子 800m:岸川 朱里(2分05秒22/初優勝)
 ・女子1500m:吉川 美香(4分18秒68/5連覇)
 ・女子5000m:福士 加代子(15分29秒80/3年ぶり6度目)
 ・女子10000m:福士 加代子(31分47秒56/3年ぶり7度目)
 ・女子100mH:寺田 明日香(13秒32/3連覇)
 ・女子400mH:久保倉 里美(55秒83/4連覇)
 ・女子3千m障害:早狩 実紀(9分56秒25/5連覇)

 *男子フィールド
 ・男子走り高跳び:高張 広海(2m21/初優勝)
 ・男子棒高跳び :鈴木 崇文(5m50/初優勝)
 ・男子走り幅跳び:菅井 洋平(8m10/2年ぶり2度目)
 ・男子三段跳び :鈴木 義啓(16m17/初優勝)

 ・男子砲丸投げ :畑瀬 聡(17m96/3年ぶり5度目)
 ・男子円盤投げ :畑山 茂雄(58m90/3年ぶり10度目)
 ・男子ハンマー投げ :室伏 広治(77m35/16連覇)
 ・男子やり投げ :村上 幸史(80m60/11連覇)

 *女子フィールド
 ・女子走り高跳び:藤沢 潔香(1m77/初優勝)
 ・女子棒高跳び :我孫子 智美(4m25/2年ぶり2度目)
 ・女子走り幅跳び:井村 久美子(6m31/3年ぶり5度目)
 ・女子三段跳び :吉田 文代(13m24/6連覇・7度目)

 ・女子砲丸投げ :豊永 陽子(15m79/2年ぶり8度目)
 ・女子円盤投げ :室伏 由佳(53m64/9連覇・11度目)
 ・女子ハンマー投げ :室伏 由佳(63m50/3連覇・5度目)
 ・女子やり投げ :海老原 有希(59m01/3連覇・4度目)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加