mimi-fuku通信

このブログを通して読み手の皆様のmimiにfukuが届けられることを願っています。

56年ぶりの「みなし否決」と、暫定税率再可決。

2008-04-30 22:07:40 | 政治・社会・時事

 
 ガソリンにかかる揮発油税の暫定税率を復活させる税制改正法案は、2008年4月30日午後、衆議院での本会議場で、ガソリン税の暫定税率維持を盛り込んだ
<租税特別措置法改正案>を、与党の3分の2以上の賛成多数で再可決しました。

 衆議院本会議では、民主党、社民党、国民新党は欠席。
 共産党は出席して反対票を投じました。
 よって、ガソリン税の暫定税率維持法案の衆議院本会議での投票結果は、
 賛成:337票、反対:12票でした。
 
 これにより、暫定税率は5月1日に、1カ月ぶりに復活することによって、
 4月1日より値下げしていたガソリン価格は、1ℓ当たり約25円値上げされます。

 同改正案は、2月29日の衆議員本会議で一度は可決しましたが、参議院では多数を占める野党からの審議拒否により、法案審議がいっこうに進みませんでした。
 これは、期限切れを狙った野党の政策で、このことにより、周知のガソリン価格の値下げが実行されました。
 仮に、野党が3月31日までに参議院で法案を否決してしまえば、
 即日中に、与党が多数を占める衆議院での再議決をされるために、
 審議を拒否することで時間を稼ぎ、ガソリン価格を一度下げることが、野党の狙いでした。
 参議院での審議が進まない以上は、政府与党にも手を出すことができず、今日までが過ぎていきました。
 (ねじれ国会。)


 そして今日、政府は憲法59条の規定(第4項)により、衆議院での議決から60日間たった4月29日以降、参院での可否が示されなかったことにより、「みなし否決」であると判断し、再び衆議員での再議決の手続きが取りました。

 これが、今回の騒動のあらましです。

 「みなし否決」を経て、衆院再可決による法案の成立は、1952年の<国立病院特別会計所属資産譲渡特別措置法>以来、56年ぶり2例目となるそうです。

 今後の展開としては、
 政府、与党は、道路特定財源を今後10年間維持する、
 道路整備費財源特例法改正案を5月12日に再可決する方針を示しています。
 (ただし、福田総理は、1年後、2009年4月1日をメドに、道路特定財源を一般財源化するための姿勢を明言しています。)

 民主党は、5月12日の政府与党の出方を確認後に、福田首相への、問責決議案を参議院に提出し、対抗するとの見方が有力です。

 「ガソリン価格の値上げに反対する声が多いということは、十分承知しております。しかし、一方で医療や少子化対策など社会福祉の充実を求める切実な声もある中で、果たして現在の歳入不足の状態をそのまま放置してもよいものでしょうか?国全体の財政をあずかり、国民の福祉、地方の景気にも責任を持つ私としては、歳入不足が継続するという無責任な状態を解消することは必要であると判断し、本日(2008年4月30日)、衆議院において歳入法案を可決し成立させることといたしました。」
 (福田総理の弁:4月30日、午後6時半頃)


資料/日本国憲法第59条(法律案の議決、衆議院の優位)

 第一項:法律案は、この憲法に特別の定のある場合を除いては、両議院で可決したとき法律となる。

 第二項:衆議院で可決し、参議院でこれと異なった議決をした法律案は、衆議院で出席議員の3分の2以上の多数で再び可決したときは、法律となる。
 
 第三項:前項の規定は、法律の定めるところにより、衆議院が、両議院の協議会を開くことを求めることを妨げない。
 
 第四項:参議院が、衆議院の可決した法律案を受け取つた後、国会休会中の期間を除いて六十日以内に、議決しないときは、衆議院は、参議院がその法律案を否決したものとみなすことができる(みなし否決。)

 *以上、今日のニュースのみを記載します。
   できる限り分かりやすく書いたつもりですが如何でしょうか?


ブログ内の関連記事へのリンク。

4月 2日 http://blog.goo.ne.jp/mimifuku_act08/e/f644cff7723fc8d5f9a82cd862a8d635

3月30日 http://blog.goo.ne.jp/mimifuku_act08/e/2ed7d2ca9acec34bb05cc9903bd8ab96

1月25日 http://blog.goo.ne.jp/mimifuku_act08/e/4d5fd825c6733d352f3b10c38a8c6593

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

コブクロ スーパーライブ (再放送) ~mimi-fuku番組情報。

2008-04-29 20:48:11 | 番組メモ


スーパーライブ コブクロ(再放送)

放送局 :BS2
放送日 :2008年 5月 5日(月)
時間   :午後7時45分~午後9時15分
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2008-05-05&ch=12&eid=30740
 

 ベストアルバムが300万枚を突破!
 小渕健太郎・黒田俊介による人気デュオ“コブクロ”が、2007年夏に大阪城ホールで行った感動ライブの3度目の再放送。
 以前、見ることのできなかった方は必見です。

この番組の詳細記事(レビュー)へのリンク。
http://blog.goo.ne.jp/mimifuku_act08/e/da9c734a3a4f88b5f052193cfd63a4bf


<曲目リスト>

「どんな空でも」コブクロ
「君という名の翼」コブクロ
「桜」コブクロ
「赤い糸~LIVE AT 大阪城ホール2007.07.05~」コブクロ
「水面の蝶」コブクロ
「ここにしか咲かない花」コブクロ
「WHITE DAYS」コブクロ
「蕾」コブクロ
「ストリートのテーマ」コブクロ
「神風」コブクロ
アンコール
「Diary」コブクロ
「風見鶏」コブクロ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノラ・ジョーンズ、ジョン・メイヤー ▽ ワールド・プレミアム・ライブ

2008-04-28 21:16:13 | Pop&Jazz


<ワールド・プレミアム・ライブ>
▽ノラ・ジョーンズ、ジョン・メイヤーほか

放送局   :BShi (ハイビジョン)
放送日    :2008年 5月 2日(金)
放送時間 :午後8:00~午後9:30(放送終了)


<番組内容>

*下記、NHKホーム・ページよりの転載です。
  今回の放送では、今年映画にも出演した実力派シンガー、ノラ・ジョーンズに注目しています。
  他にレッチリや、ジョン・メイヤーの演奏技術の高さにも期待が高まります。


 ギタリストとしての評価も高いシンガー・ソングライター、ジョン・メイヤー。

 元ザ・ヴァーヴのリードシンガー、リチャード・アシュクロフト。

 2002年度グラミー賞8部門を受賞したジャズ歌手ノラ・ジョーンズ。

 イギリスの女性シンガー・ソングライター、コリーヌ・ベイリー・レイ。

 1990年代以降のアメリカのロックシーンをリードし続けてきたレッド・ホット・チリ・ペッパーズ。

 以上、5組によるアビーロードスタジオでのライブ放送。

 ビートルズやピンク・フロイドの一連の名作が制作された伝説的なレコーディング・スタジオ、アビーロード。

 「ライブ・フロム・アビーロード」は、その雰囲気と魅力を生かし、一流ミュージシャンたちが観客も司会もいない環境で自由に演奏を展開していくプログラムです。


【曲目リスト】

ジョン・メイヤー(John Mayer)

1、BELIEF
2、GRAVITY
3、VULTURES


リチャード・アシュクロフト(Richard Ashcroft)

5、BITTER SWEET SYMPHONY
6、BREAK THE NIGHT WITH COLOUR


ノラ・ジョーンズ(Norah Jones)

7、THINKING ABOUT YOU
8、UNTIL THE END
9、SINKIN’ SOON


コリーヌ・ベイリー・レイ(Corinne Bailey Rae)

10、LIKE A STAR
11、PUT YOUR RECORDS ON
12、I’D LIKE TO


レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(Red Hot Chili Peppers)

13、DANI CALIFORNIA
14、DESECRATION SMILE
15、SNOW (HEY OH)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蔵出し劇場「この人、淀川長治ショー」 ~mimi-fuku番組情報。

2008-04-28 07:32:30 | テレビ番組


  NHK蔵出し劇場

 「この人、淀川長治ショー」
~わが命は銀幕と共に、76歳映画に愛をささげて~

チャンネル:BS2
放送日    :2008年 4月30日(水)
放送時間  :午後7時45分~午後8時
34分(放送終了)


 <mimifukuから、一言。>

 mimifukuの、好きな人ランキングの中で、何時の時代でも上位に占めるのが、意外にも?淀川長治さんとジャイアント馬場さん。

 淀川さんのことを、余り存じてはいないのですが、もう30年近くも前に、NHK教育で放送された講演番組の印象が強く残っています。

 自らが映画と共に生きると決意した時から、自分の心中で神との契約。
 「すべての物を欲しがりません(妻も家族も名声もお金も)。
 ですから神様、私に映画と生きる人生をお与えください。」
 
とのニュアンスの言葉は、私の好きな求道者の姿勢につながります。
 (勿論、私には無理ですが・・・。)
 また、淀川さんは生涯を独身で過ごし、晩年は仕事先の
テレビ朝日近くの、
 住まいとしていた全日空ホテルの一室で亡くなったと記憶しています。

 「何か自分に困ったことが起きると、私は映画のシーンを自分の人生に照らし合わせます。『嵐が丘』の中で、主人公が自然に向かい<不幸来い。>と叫ぶ姿を見たとき、私にとって、不幸は怖いものではなくなりました。そして、自分に言うのです。<不幸来い>と。」
 古い話なのでハッキリとした記憶ではありませんが、その言葉は、その後の私に新しい視点を植えつけました。

 この番組は、私に影響を与えた番組ではないと思います。
 しかし、久しぶりに、淀川さんの考えに触れたくて、私はこの番組を見ます。
 *淀川 長治(ながはる)さんは、1909年兵庫県生まれ~1998年に他界しています。



 *下記、NHKホーム・ページからの転載

 「さよなら、さよなら…」の名台詞(めいぜりふ)と、独特の語り口調でファンを魅了した淀川長治さん。
 チャップリンとの思い出や、本人が感化された映画など、評論家になる経緯などを聞く。
 
 【出演】淀川長治、大林宣彦
 【司会】山川静夫

 (初回放送:1985年)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「歌伝説、河島英五の世界」NHK-BS ~mimi-fuku番組情報。

2008-04-27 00:50:00 | J-POP


「歌伝説、河島英五の世界」
  
   5月17日土曜日(放送終了)
 午後3時30分~
 BS hi (ハイビジョン)
 

 昨日(4月26日)の夕方、友人から一通の携帯メールが届きました。
 「8時からBS2の河島英五、録画しといて。」
 8時から外出の予定があったので、留守録したものを今見ています。

 この番組があることは、知ってはいましたが、今日は録画したい番組が3タイトルもあり、5月の再放送を録画すればいいやと思っていたのですが、幸いなことに友人の希望は、ビデオ・テープとの事なので、自室のビデオに録画しました。

 自分にとっての河島英五さんの印象は、世渡り下手かな?

 私の高校時代に、河島英五さんのファンって言ったら、蛮カラ・タイプの野郎達。
 軟派タイプの不良たちは、キャロルやクールスに走っていました。
 と言っても、それは一部の音楽ファンの間の話で、その当事の音楽事情を支配していたのは、黒柳・久米の黄金コンビで世間を席巻した「ザ・ベスト10」の全盛時代に当たり、河島さんの持つ、不器用でストレートなメッセージは、ヒット・チャート・ランキングを賑わせることもなく、多くの方々の耳には届かなかったのが現実でした。

 高校2年生の時だったと思いますが、河島さんは小松市公会堂(石川県)にコンサートに来ています。
 確か500円という破格な安さで、本物なの???って。
  1970年代の後半のライブ・チケットの平均価格は、日本人アーティストが金沢に来た場合、2200円~3000円位が相場で、500円では、「誰か別の人が河島英五さんの歌をカバーするだけじゃない?」、って噂も出るくらいの安値でした。

 私は行かなかったのですが、何人かの友人が行ってきて、河島さん一人でギターやピアノを弾き語りで歌ったとの事でした。
 特に、「何かいいことないかな」は、10分を超える熱唱だったらしく、500円の元は取ったと。
 (番組の中で、~河島さんのライブ活動は生涯で4000回を超える~、とのことで、今にして思えば、この小松でのコンサートも納得できます。)

 ・・・疑わずに行っておけばよかったと後悔してます。

 
 今の高校生達もそうだと思うのですが、好きなタイプの歌手や俳優に対する派閥みたいなものあって、好きな著名人に合わせてファッションやスタイルが決まっているみたいです。
 と、同時に自分らしさを模索している内に、同調性のある音楽や映画に嗜好が偏る傾向にもあるようです。

 河島英五さんの決定的な凄さは、ファースト・アルバム<人類>に集約されていると感じます。

 このアルバムには、
 「何かいいことないかな」、
 「酒と泪と男と女」、
 「てんびんばかり」、
 と、絶叫型フォークと、強い心象メッセージが込められています。

 上記の3曲は、この番組の前半の放送で紹介されましたが(ヒストリー的な番組制作のため)、特に「てんびんばかり」の映像は心に残りました

 「何かいいことないかな」の歌詞は、当事の私にとって、
 吉田拓郎さんの「人間なんて」と同じくらいの衝撃がありました。

 R40の男性達の、カラオケの定番曲を何曲も持つ河島英五さんの人生は、生前には、高い知名度に包まれていたものではなかったように思います。
 しかし、この番組を見ていて、
 <短い成功よりも、永い音楽活動。>
 に赴きを置いた河島さんの姿勢に感じる部分が多かったですね。

 再放送は、ハイビジョンですが、機会があればご覧ください。 


BSエンターテインメント 
「歌伝説、河島英五の世界」
チャンネル :BS2
放送日   :2008年 4月26日(土)
放送時間  :午後8:00~午後9:30
(放送終了)

 「酒と泪と男と女」「野風増」「時代おくれ」で知られる、シンガーソングライター、河島英五。
 彼の足跡と名曲の数々を、彼と交流のあった関係者の証言をまじえて紹介する。

【出演】
   
        桂南光,笑福亭鶴瓶,原田伸郎,清水國明,
        河島あみる,河島アナム,河島翔馬

         *以上、NHKホーム・ページよりの転載。


資料1:ブログ記事の歌詞検索。

*何かいいことないかな
http://music.yahoo.co.jp/shop/p/53/197290/Y024521
*てんびんばかり
http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=B09238
*人間なんて
http://music.yahoo.co.jp/shop/p/53/30849/Y026870


資料2:アルバム「人類」(現在廃盤)

 ~曲目リスト~

 1. 何かいい事ないかな 
 2. ひとりごと 
 3. てんびんばかり 
 4. バイ・バイ・バイ 
 5. うたたね 
 6. 酒と泪と男と女 
 7. さよなら 
 8. かけがえのない人 

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

「生き抜く、小野田寛郎」ハイビジョン。 ~mimi-fuku番組情報

2008-04-26 22:08:04 | テレビ番組


 ハイビジョン特集
 
「生き抜く、小野田寛郎」

 放送局 :NHK-BShi (ハイビジョン)
 放送日 :2010年12月16日(木)
 放送時間 :午後8時~午後9時50分

 放送局 :NHK-BShi (ハイビジョン)
 放送日 :2008年4月29日(火)
 放送時間 :午後5時~午後6時50分
(放送終了)


 
以前に偶然にテレビをつけたら放送していた番組で、
 途中から見ていて衝撃を受けた番組の何度目かの再放送です。
 
 小野田少尉のことは子供心に記憶していましたが、
 その生涯の歴史に隠された幾つかの真実を知ることになります。

 小野田さんの貴重な証言は、
 現代に生きる私達にとって別の世界の出来事のようにも感じます。

 しかし、
 日本に帰ってきて間も無くブラジルへ移住する小野田さんの心情に触れる時、
 時代の英雄としての社会の中での受け止めた方と、
 戦前的な思考と行動に批判の目を向ける方々の受け止め方との違いに、
 私は戸惑いを覚えました


 帰国後、
 政治的に利用されていると感じる部分と、
 自身の信念に忠実に生きたい小野田さんとの心中との葛藤。

 悲劇の帰還兵として同情したい国民感情と、
 「人の助けを求めず自らの力で生きて生きたい。」
 と考える小野田さんの個人的な感情。

 戦中のことも交えながらの証言の記録と、
 小野田さんの強靭な精神力。

 耳をふさぎたくなるような生々しい戦時下の証言。
 
 この番組を通して知ることのできる、
 小野田さんが考える、
 <自分の力で生き抜く姿勢と信念> には、
 現代人にとって喪失した自分を見つめることの尊さや、
 自分に与えられた使命に遵守した生き方を貫くことへの意義を、
 問い直すヒントとして重要な課題を突きつけられていると感じます。

 この番組を見て素直に意見すれば、
 こんな番組こそ地上波で放送し世に問うべきではないかと感じますし、
 この番組を通して些細なことに執着する現代人に対するメッセージを、
 読み取ることができれば幸いと考えています。

 
~以下NHKホームページより記事転載。

 太平洋戦争が終わってからもフィリピン・ルバング島で、
 戦い続けた小野田寛郎氏。
 戦前、戦中、戦後と激動の時代を生き抜いてきた、
 小野田氏に徹底インタビューし、
 人生の真相に肉迫します。

 【出演】小野田寛郎
 【聞き手】作家…戸井十月

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

証言でつづる現代史▽大韓航空機爆破事件 ~番組情報。

2008-04-25 21:16:53 | 番組メモ


BSドキュメンタリー 
~証言でつづる現代史~ 
▽大韓航空機爆破事件

チャンネル :BShi(ハイビジョン)
放送日 :2008年 4月29日(火)
放送時間 :午後4:00~午後4:50(放送終了)

 一昨年(おととし)の大晦日だったと記憶していますが、BS1で放送されたものの再放送です。
 いくつもの偶然と、それを見逃さなかった日本人外交官。
 歴史の1ページには、絶えずドラマがあります。
 ホテルの一室での時間の経過が事件の解決の糸口になる。
 サスペンス・ドラマを超える想像も付かない事件の展開。
 見ていただければ、この事件の解決に係わった日本人外交官の臨機応変な対応がいかに問題解決に重要な役割を果したのかを理解できる内容になっています。
 貴重な証言とリンクした映像再現されています。

 1987年11月に起きた大韓航空機爆破事件。
 日本人ハチヤ・マユミになりすまし逃走を図った北朝鮮の秘密工作員で、実行犯のキム・ヒョンヒは、事件発生の2日後、バーレーンで拘束されました。
 彼女はなぜバーレーンに逃げ込んだのか?
 どのようにして拘束されたのか?
 キム・ヒョンヒの自筆供述書、バーレーン内務省の捜査報告書、さらに彼女を追い詰めた日本人外交官の証言をもとに、拘束劇を克明に描いています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

証言でつづる現代史▽ダッカ・ハイジャック事件 ~番組情報。

2008-04-25 21:06:28 | 番組メモ


BSドキュメンタリー 
証言でつづる現代史
▽ダッカ・ハイジャック事件

~交信テープが語る106<WBR>時間の攻防~

チャンネル :BShi (ハイビジョン)
放送日 :2008年 4月29日(火)
放送時間 :午後2:00~午後2:52(放送終了)

~第23回ATP賞テレビグランプリ2006:ドキュメンタリー部門 最優秀賞受賞~

 一昨年の大晦日に、「証言でつづる現代史」として、まとめて放送された番組の中で、最も衝撃を覚えた作品が、この<ダッカ・ハイジャック事件>でした。
 ひとつの事件をきっかけに、その国の革命(軍事クーデター)に利用される状況と、乗客の安全のために戦う日本人と現地人。
 本当にあったことなのかと、疑いたくなるような壮絶な展開に息を呑むばかり。
 そこには、本物のプロフェショナルの仕事がありました。


 【語り】和田 源二


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オペラが凄い!5月のNHK-BS&デジタル ~mimifuku番組情報。

2008-04-24 21:22:09 | オペラ・バレエ・舞台

 5月のBS放送は、オペラが充実。
 再放送番組も多いものの、必見のオペラが盛りだくさん。
 この1ヵ月のオペラを視聴すれば、現代のオペラ地図を確認できる内容になっています。
 特に、
5月10日放送の「フィガロの結婚」は、歴史的な舞台公演。
 オペラ通の方には、
5月3日放送の「死の家から」は、
 ブーレーズ&シェローの「ニーベルングの指環」コンビの演奏。
 想像しただけで芸術に域に到達しそうです。

 ~下記、NHKホームページより記事転載。

 5月3日(土曜)午後10時~  
 ~エクサン・プロバンス音楽祭 2007~ 
 歌劇「死の家から」:ヤナーチェク作曲(上級向き:注目 )
 チャンネル:BSハイビジョン
 
 
パトリス・シェロー(演出家/映画監督)の演出。
 ピエール・ブーレーズ(作曲家/指揮者)の指揮という永年の黄金コンビによる上演。
  緊張感と集中度の高い舞台は、必見です。

【出演】
 
ゴリャンチコフ     : オラフ・ベーア 
アリイエイヤ      : エリック・ストックロッサ 
フィリカ / モロゾフ  : ステファ・マルギータ      ほか
                   
合 唱   : アルノルト・シェーンベルク合唱団 
管弦楽 : マーラー室内管弦楽団 
指揮  : ピエール・ブーレーズ 
演出  : パトリス・シェロー 

[ 国際共同制作: AZOR FILMS ]


 5月5日 (月)午後1時~
 ザルツブルク音楽祭 2006
 歌劇「ポントの王ミトリダーテ」:モーツァルト作曲(中級向き)
 チャンネル:BS2

 2006年のザルツブルク音楽祭でのライブ。
 この曲は、モーツァルト14才の作品。
 クレーマーの斬新な演出により、初期作品の中で最も注目を集めました。

【出演】

ミトリダーテ (ポントの王)  : リチャード・クロフト 
アスパージア (ミトリダーテのいいなずけ)  : ネッタ・オル 
シーファレ (ミトリダーテの息子)  : ミア・ペション 
ファルナーチェ (ミトリダーテの長男)  : ベジュン・メータ  ほか

管弦楽  : ルーヴル宮音楽隊 
指 揮  : マルク・ミンコフスキ 
演 出  : ギュンター・クレーマー 

[ 収録: 2006年8月, レジデンツホーフ (オーストリア・ザルツブルク) ]


 5月10日(日曜):午後2時~
 ~ザルツブルク音楽祭2006~
 モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』全曲(初級向き:推薦)
 チャンネル:BS:ハイビジョン

 この月のオペラ放送のハイライト。
 再放送ですが、2006年のザルツブルクでの「フィガロ」の特筆すべき舞台に言葉は要りません。
 このオペラに対する潜入感(イメージ)を排除して、何度でもご覧ください。
 きっと、21世紀のオペラの未来が見えてきます。
 個人的な意見ですが、シェーファーは凄い歌手だと感じます。

【出演】

 イルデブラント・ダルカンジェロ、(Br:フィガロ)
 アンナ・ネトレプコ、(S:スザンナ)
 ドロテア・レーシュマン、(S:伯爵夫人)
 ボー・スコウフス、(Br:アルマヴィーヴァ伯爵)
 クリスティーネ・シェーファー、(S:ケルビーノ)
 
 ウィーン国立歌劇場合唱団
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ニコラウス・アーノンクール(指揮)
 演出:クラウス・グード

 { 録音:2006年8月、ザルツブルクでのライブ。}



 5月10日(土曜)午後9時~
 ~ザルツブルク音楽祭2005~
 歌劇「椿姫」:ヴェルディ作曲 (初級向き:推奨) 
 チャンネル:BS:ハイビジョン

 今、最も人気の高いソプラノ歌手のアンナ・ネトレプコ。
 「椿姫」は、小悪魔的でキュートな彼女の魅力が最大限に引き出された演目になっています。
 演出や舞台装飾には賛否があるものの、舞台が進行していくうちにネトレプコの魅力に釘付け?
 まさに、映像時代が生んだ新しいディーバの誕生が予見できます。

【出演】
 
ヴィオレッタ  : アンナ・ネトレプコ 
フローラ  : ヘレン・シュナイダーマン 
アンニーナ (ヴィオレッタの女中)  : ダイアン・ピルチャー 
アルフレード  : ロランド・ビリャソン 
ジョルジョ・ジェルモン (アルフレードの父)  : トマス・ハンプソン 
グランヴィル (医師)  : ルイージ・ローニ 

合 唱  : ウィーン国立歌劇場合唱団 
管弦楽 : ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 
指揮  : カルロ・リッツィ 
美術  : ウォルフガング・グスマン 
演出  : ウィリー・デッカー  
字幕  : 武石 英夫 

[ 収録: 2005年8月7日, ザルツブルク祝祭大劇場 (オーストリア) ]


 5月12日 (月曜)深夜0時40分~
 ~チューリヒ歌劇場公演~
 歌劇「リゴレット」:ヴェルディ作曲(初級向き :推奨) 
 チャンネル:BS2

 中規模ながら毎回、質の高い舞台制作をするスイス・チューリヒ歌劇場の公演。
 日本でも人気のあるイタリア・オペラの巨匠、ネルロ・サンティの指揮によるヴェルディの「リゴレット」が放送されます。
 今回の「リゴレット」の見所は、何と言ってもミスター・リゴレットのレオ・ヌッチ。
 1942年生まれのヌッチが、どのようなドラマチックな<リゴレット>を演じるのか?
 乞うご期待。

【出演】

マントヴァ公爵  : ピョートル・ベチャーラ 
リゴレット (マントヴァ公付きの道化役)  : レオ・ヌッチ 
ジルダ (リゴレットの娘)  : エレナ・モシュク 
スパラフチレ (刺客)  : ラースロー・ポルガー 
マッダレーナ (スパラフチレの妹)  : カタリーナ・ペーツ 
ジョヴァンナ (ジルダのうば)  : キスマーラ・ペサティ 
モンテローネ伯爵  : ロルフ・ハウンシュタイン 
マルーロ (廷臣)  : ワレリー・ムルガ 
ボルサ (廷臣)  : ボグスワフ・ビジンスキ

合  唱  : チューリヒ歌劇場合唱団 
管弦楽  : チューリヒ歌劇場管弦楽団 
指揮     : ネルロ・サンティ 
美術・衣装  : ウィリアム・オルランディ 
演出     : ジルベール・デフロ 
字幕     : 武石 英夫 

[ 収録: 2006年11月1/3/5日, チューリヒ歌劇場 ]


 5月17日(土曜)午後9時~ 
 ~パリ・シャンゼリゼ劇場での公演~
 歌劇「ペレアスとメリザンド」 ドビュッシー作曲(中級向き:注目)
 チャンネル:BSハイビジョン

 「ペレアスとメリザンド」は、クロード・ドビュッシーが完成させた唯一のオペラです。 
 象徴派の詩人モーリス・メーテルリンクの戯曲に基づいて作曲されました。
  注目のメゾ・ソプラノ:マグダレーコジェナーのメリザンドをはじめ、充実した歌手人に加え、巨匠ベルナルト・ハイティンクのタクトに大きな注目が集まりました。

【出演】 

メリザンド  : マグダレーナ・コジェナー 
ペレアス  : ジャン・フランシス・ラポイント 
ジュヌヴィエーヴ  : マリ・ニコール・ルミウ 
ゴロー  : ローラン・ナウリ 
アルケル  : グレゴリー・ラインハート 
イニョールド  : アメル・ブラヒム・ジェルール  
                                          
合 唱   : シャンゼリゼ劇場合唱団 
管弦楽  : フランス国立管弦楽団 
指 揮   : ベルナルト・ハイティンク 
演  出   : ジャン・ルイ・マルティノーティ 

[ 収録: 2007年6月22日, シャンゼリゼ劇場 (フランス・パリ) ]

 

 5月24日(土曜)午後9時~
 ~スイス・チューリヒ歌劇場公演~
 歌劇「アラベラ」:リヒャルト・シュトラウス作曲(中級向き:注目 )
 チャンネル:BS:ハイビジョン
 
 スイス・チューリヒ歌劇場の公演。 
 指揮は、フランツ・ウェルザー・メスト。
  リヒャルト・シュトラウスは、「ばらの騎士」「ナクソス島のアリアドネ」等、喜劇的要素を持つ作品を数多く残しています。
 「アラベラ」も、お決まりの恋愛喜劇。
 乙女チックな恋物語は、女性向け?
 R・シュトラウスを演じれば現代最高のディーバ、ルネ・フレミングが演じるアラベラは必見。

【出演】

アラベラ  : ルネ・フレミング 
アラベラの妹ズデンカ  : ユリア・クライター 
アラベラの母アデライーデ  : コーネリア・カリッシュ 
アラベラの父の退役大尉ワルトナー伯爵  : アルフレート・ムフ  
                                                      
合 唱  : チューリヒ歌劇場合唱団 
管弦楽 : チューリヒ歌劇場管弦楽団 
指揮    : フランツ・ウェルザー・メスト 
演出    : ゲッツ・フリードリヒ 

[ 収録: 2007年6月19日, チューリヒ歌劇場 (スイス) ]


 5月31日(土曜)午後9時~
 ~ブレゲンツ音楽祭2006~ 
 歌劇「トロヴァトーレ」( ヴェルディ )
 チャンネル:BS:ハイビジョン
 
 
ブレゲンツ音楽祭はオーストリアのボーデン湖畔で行われる音楽祭。
 湖上につくられた舞台で演じられるオペラは、大がかりな装置と演出によって、常に注目を集めています。
 今回の「トロヴァトーレ」はカナダの演出家カーセンによるもので、伝統を踏まえながら、 大胆で革新的演出は高い評価を得ました。
 破格なオペラを破格の演出で。
 グングンと前に進む音楽。
 迫力ある演出と映像をお楽しみください。
 

【出演】

レオノーラ  :  イアノ・タマール 
アズチェーナ (ロマの老婆)  :  マリアンネ・コルネッティ 
イネス (レオノーラの侍女)  :  ディアンナ・ミーク 
マンリーコ  :  カール・タナー 
ルーナ伯爵 (アラゴン公に仕える貴族)  :  ジェリコ・ルチッチ 
フェランド (ルーナ伯爵の衛兵隊長)  :  ジョヴァンニ・バッティスタ・パローディ 
ルイス (マンリーコの部下)  :  ホセ・ルイス・オルドネス 

合 唱  : モスクワ室内合唱団 
 〃    : ブレゲンツ音楽祭合唱団 
管弦楽  : ウィーン交響楽団 
指揮  : トーマス・レスナー 

振付  : フィリップ・ジロドー 
美術  : ポール・スタインバーグ 
演出  : ロバート・カーセン 
字幕  : 小畑 恒夫
 
[ 収録: 2006年8月9/13日, ボーデン湖畔 (オーストリア, ブレゲンツ) ]

                ・・・以上NHKホーム・ページからの転載:再編集。

 


 2008年4月28日(月曜):午後8時~
 ~ミラノ・スカラ座公演~
 歌劇「イドメネオ」 モーツァルト作曲(中級向き)


 2008年4月28日(月曜):午後8時~
 ~ミラノ・スカラ座公演~
 歌劇「イドメネオ」 モーツァルト作曲(中級向き)

 

 チャンネル :デジタル教育3 (地上波デジタ)

 指揮者のダニエル・ハーディングは、1975年生まれの時代に嘱望された若きエース。
 近年は、ザルツブルク、ミラノと大きな仕事も引っ張りだこの人気。
 2006年、ザルツブルクでの「ドン・ジョバンニ」は、賛否両論でしたが、果たして今回は?
                              
【出演】

イドメネオ :スティーヴ・デーヴィスリム
イリア    :カミラ・ティリング
イダマンテ  :モニカ・バチェルリ
エレットラ   :エンマ・ベル
アルバーチェ :フランチェスコ・メリ
祭司長       :ロビン・レガーテ

(合唱)   ミラノ・スカラ座合唱団             
(管弦楽)ミラノ・スカラ座管弦楽団
(指揮)   ダニエル・ハーディング
【演出】   リュック・ボンディー

  ~イタリア ミラノ・スカラ座で録画~

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベスト・オブ・カラヤンの遺産(レガシー) 市販DVDの紹介。

2008-04-23 00:29:30 | クラシック・吹奏楽


 <mimifukuから、一言。>

 生誕100周年を迎えるカラヤンの映像の遺産を破格の超廉価で販売。
 今年は、NHKハイビジョンでも延べ20時間を越えるカラヤンとベルリン・フィルの大特集がありました。
 ハイビジョンを視聴できなかった方々には、朗報。
 NHKでは、60年代後半~70年代前半の映像の紹介でしたが、
 今回の『ベスト・オブ・カラヤンの遺産(レガシー)』と題されたDVDは
 
ファン必見の1980年代のライブ映像を中心に、選りすぐりのお宝映像が、
  この1枚のDVD
に凝縮されています。

 さらに、NHKの映像では、ベルリン・フィルの映像中心でしたが、今回のDVDは、
 半分がウィーン・フィルとの共演であり、ありがたいチョイスです。
 また、このDVDは、誰もが一度は耳にしたことのある名曲揃い。
 肩肘の張らないポピュラー曲の網羅で、若葉マークのクラシック・ファンにもお勧めできる内容です。
 収録時間も、1枚(168分、~2時間半強)と大盤振る舞い。
 当然この時間配分を分析すると、おそらく全曲ノー・カット収録でしょう。
 さらに、廉価DVDには珍しく、16ページの解説書付。

 驚きもプライスは、2100円。
 クラシック史上空前の大ヒットDVDの予感。
 mimifukuも今週中には、
購入予定。
 視聴したら、必ず評説を書きますね。
 楽しみに(?)お待ちください。

            ・・・笑えるくらいのヨイショ記事のPOPになりました(笑)。
                 レビューをmimifuku名義で下段アマゾンに記載しています。
                 写真をクリックしてご覧ください。

ベスト・オブ・カラヤンの遺産

ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

このアイテムの詳細を見る

ベスト・オブ・カラヤンの遺産 (レガシー)
 ~2008年4月23日発売~
http://www.sonymusicshop.jp/detail.asp?goods=SIBC000000068    


 <曲目リスト>

 1 ロッシーニ:歌劇「ウィリアム・テル」序曲

 2 ウェーバー:歌劇「魔弾の射手」序曲

 3 プロコフィエフ:交響曲第1番ニ長調 作品25「古典交響曲」

   Ⅰ.Allegro 
    Ⅱ.Larghetto
    Ⅲ.Gavotta.Non troppo allegro 
    Ⅳ.Finale.Molto vivace

  4 チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番変ロ短調 作品23

   Ⅰ.Allegro Non troppoe molto maestoso-Allegro con spirito 
    Ⅱ.Andantino semplice - Prestissimo -Tempo Ⅰ 
    Ⅲ.Allegro von fuoco 
                                        エフゲニー・キーシン(ピアノ)


  5 ラヴェル:ボレロ

  6 ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調 作品95「新世界より」

    Ⅰ.Adagio -Allegro molto
     Ⅱ.Largo 
     Ⅲ.Scherzo.Mooto vivace 
     Ⅳ.Allegro con fuoco

  7 ヨーゼフ・シュトラウス:ワルツ「天体の音楽」作品235

  8 ヨハン・シュトラウスII世:ワルツ「春の声」作品410 

                                      キャスリーン・バトル(ソプラノ)

  9 ヨハン・シュトラウスII世:ワルツ「美しく青きドナウ」作品314


《演奏者》

 ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮        (①~⑨)

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (①~⑤)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団  (⑥~⑨)

《収録と概要


1983年12月31日   ベルリン、フィルハーモニーザール(1)
*83年のジルヴェスター・コンサートからのライブ映像。
(当時は、ニュー・イヤー・イヴ・コンサートと言って言われていたようです。)

1985年12月31日   ベルリン、フィルハーモニーザール(2,5)
*85年のジルヴェスター・コンサートからのライブ映像。

1988年12月31日   ベルリン、フィルハーモニーザール(3,4)
*88年のジルヴェスター・コンサートからのライブ映像。
 ベルリンにおける最後の演奏会。

1985年 2月6日-9日 ウィーン、ムジークフェラインザール(6)
*ムジークフェラインザールでの収録映像。

1987年 1月 1日   ウィーン、ムジークフェラインザール(7~9)
*87年の恒例、ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート。
 世界中に同時中継された。

<DVDの仕様詳細>

 発 売 日 :2008/04/23
 品    番  :SIBC-68 
 レーベル SONY CLASSICAL
 形    態  DVD12cm(映像) 
 
※表示価格は全て税込み金額です。
   通常価格   2,100(税込) 

 

<カラヤンの生涯・年表>

 ヘルベルト・フォン・カラヤン
 (Herbert von Karajan 1908~89

1908年:4月5日(日)曜日の夜、ザルツブルクで、医師(著名な喉の専門家)
     エルンスト・フォン・カラヤンの
次男として生まれる。
     子供の頃からピアノを弾きこなし、10歳の頃には人前で演奏会を開く。
     生地のモーツァルテウム音楽院に学び、パウムガルトナーの勧めで、
     ウィーンの音楽アカデミーに進み、指揮をヴンデラーに師事。

1929年:1月23日。モーツァルテウム管弦楽団で指揮者デビュー。
     R・シュトラウス作曲 「ドンファン」
     モーツァルト作曲 「ピアノ協奏曲第23番」
     チャイコフスキー作曲「交響曲第5番}

1934年:アーヘン市立歌劇場で音楽監督に就任した。

1933年:ザルツブルク音楽祭に参加。

1937年:ウィーン国立歌劇場でデビュー。
     ~ワーグナー作曲「トリスタンとイゾルデ」

1938年:ベルリン国立歌劇場及び、ベルリン・フィルにてデビュー。

1939年:ベルリン国立歌劇場、同国立管弦楽団の指揮者の地位を得る。

 ~第二次世界大戦を境に一時活動を禁止される。~

1948年:ミラノ・スカラ座のドイツ・オペラの音楽監督に就任。
     ウィーン交響楽団の首席指揮者の地位を得る。

1949年:ウィーン楽友協会の音楽監督に就任。
 
~このころ、イギリスの音楽レーベルであるEMIの専属オーケストラであったフィルハーモニア管弦楽団との録音を盛んに行い、情熱的な演奏を披露した。~

1955年:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の終身指揮者、
     芸術総監督の地位に就任。~栄光の日々が始まる。

1967年:ザルツブルク復活祭音楽祭を創設。さらに芸術総監督に就任。
     ~ワーグナー「ワルキューレ」でのオープニング。

1968年:カラヤン指揮者コンクールを創設

1982年:自身の映像制作会社テレモンディアルをモンテカルロに設立。

1989年:健康上の理由でベルリン・フィルの芸術監督と終身指揮者を辞任した。
     :7月16日1時30分、自宅において永眠。



<NHKでの関連番組の記事へのリンク>
 ~ただし、すべての放送は終了しています。~

「まるごとカラヤン」本文へのリンク
http://blog.goo.ne.jp/mimifuku_act08/e/b18e9316c7406b09006bff7a899181d7

カラヤンの芸術 <全3回シリーズ>
http://blog.goo.ne.jp/mimifuku_act08/e/2918d90767504a4151915bba6d612e04

夢の音楽堂:世界最高のオーケストラ/ベルリン・フィルのすべて。
http://blog.goo.ne.jp/mimifuku_act08/e/c2d870b083488b30f7593657fe02881f



<mimifukuからのお知らせ。>

 今回は、gooが推奨する、アマゾンのアフィリエイトを使用してみました。
 ブログの記事がカラフルになってお楽しみいただけると思います。
 あくまでも、資料として参考にしていただければ幸いですが、ご購入の場合は、下記の配送料を考慮に入れて、ご自分にとって有利な取引をお考えください。
 代引きを使えば手順を踏んでどなたでも購入できると思います。

 アフィリエイトとは、企業のサイトにリンクを張ることで、閲覧者がそのリンクを経由して商品を購入すると、リンク元の当事者に報酬が支払われるという仕組みの広告手法です。アマゾン社の場合は、<Amazonアソシエイト>が管理運営しています。gooブログの場合、アマゾン社に登録する場合は、gooブログアドバンスに登録する必要があり、月々200円の使用料が発生します。
 過去の記事にも、アマゾンのリンクを張ることができるので少しづつ、記事をカラフルなものに変えようかと思っています。


<アマゾンでの商品取引の手数料。>

*配送料 :注文合計金額が、¥1,500以上の場合  ¥0
      :注文合計金額が、¥1,500未満の場合¥300

*支払い方法が、カード決済や金融機関決済の場合は他の手数料はかかりません。

*支払い方法が、現金での代引取引の場合は、下記手数料がかかります。
 
      * 注文金額合計が¥1,500以上は、 発送1件につき¥260  
           * 注文金額合計が¥1,500未満は、  発送1件につき¥260 


 

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加