mimi-fuku通信

このブログを通して読み手の皆様のmimiにfukuが届けられることを願っています。

プリンセス・ダイアナのこと。 

2007-08-30 21:57:09 | 政治・社会・時事

 8月31日。ダイアナさんが亡くなって10年なのだそうだ。
 ダイアナさんに、特別の思い出があるわけではないが、亡くなった日のことは覚えている。
 8月の最後の日曜日。奥能登にドライブに出かけた際に、車中で偶然つけたラジオから
このニュースは流れた。
 この事件は、パパラッチなる言葉を日本に定着させた。

 ダイアナさんが、亡くなった時に強く感じたことは、平等教育が生み出す人々の心理の中に、
王族や皇族も下世話なネタのひとつに過ぎなくなったと言うこと。

 庶民にとって井戸端会議としてのネタが、公共のネタとして扱われはじめた王族。

 これまでの王族としての威厳や尊厳が喪失して久しい世の中で、王室に起きた様々な愛人ネタ等
のスキャンダル報道と、皇太子妃としての象徴的な立場の間で、皇太子妃ダイアナとして、
振舞わなければならない心中に焦燥感を感じていたことだろう。

 その後、離婚。
 一般人としてどのような活動をするのか興味があったが、
この事故ですべてを失ってしまった。

 かつては権威と権限を同時に所有した王室が、象徴という曖昧な存在の中で
          *尊敬と軽蔑。
          *憧れと哀れみ。
 の両面を自身に感じながら生きていかなければならない現実に、
シンデレラ・ストーリの真実があったように思う。
                                    ・・・たぶんあの頃にこんなことを考えていた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京モノレール ~レールの不思議。

2007-08-28 23:10:05 | 街ネタ(写真館)

 東京モノレール浜松町駅がホームの左右から乗り降りができる一本のレールしかないにもかかわらず、走ってるモノレールに上下線2本あるのはなぜでしょうか?。
 
 この問題は以前、笑っていいともで取り上げられていたもので、それまでは疑問にも思ったことがなかったのですが、観察すると色んな発見があります。

切断-1
http://blog.goo.ne.jp/mimifuku_act08/e/c38ca25f029e694d15fa8bd974f07cbd

移動ー2
http://blog.goo.ne.jp/mimifuku_act08/e/fd5b24786a5b3c90e5ea87956abf16fd

接続ー3
http://blog.goo.ne.jp/mimifuku_act08/e/3dc5bbae77d7cdaf8a5f20e515fa5d11

 東京モノレール昭和島駅にて先頭車両から、撮影した画像を掲載しています。
 昭和島駅は、快速電車と普通電車との時間調整に使われています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京モノレール ~レールが切断-1。

2007-08-28 23:05:45 | 街ネタ(写真館)

 浜松町駅発ー羽田空港第2ビル駅行の普通が昭和島駅で待ち合わせ中、対抗路線から快速が通過していく時の写真です。レールが切断しているのが確認できます。

移動ー2
http://blog.goo.ne.jp/mimifuku_act08/e/fd5b24786a5b3c90e5ea87956abf16fd

接続ー3
http://blog.goo.ne.jp/mimifuku_act08/e/3dc5bbae77d7cdaf8a5f20e515fa5d11

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京モノレール ~レールが移動-2。

2007-08-28 23:04:54 | 街ネタ(写真館)

 通過した快速モノレールのレールが切り離され、待ち合わせモノレールのレールの方へ移動いている様子が確認できます。

切断-1
http://blog.goo.ne.jp/mimifuku_act08/e/c38ca25f029e694d15fa8bd974f07cbd

接続ー3
http://blog.goo.ne.jp/mimifuku_act08/e/3dc5bbae77d7cdaf8a5f20e515fa5d11

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京モノレール ~レールが接続-3。

2007-08-28 23:03:22 | 街ネタ(写真館)

 移動したレールが、普通モノレールのレールに接続されたことが確認できます。
 これで、私の乗ったモノレールが発車することができました。

切断ー1
http://blog.goo.ne.jp/mimifuku_act08/e/c38ca25f029e694d15fa8bd974f07cbd

移動ー2
http://blog.goo.ne.jp/mimifuku_act08/e/fd5b24786a5b3c90e5ea87956abf16fd


 3まいの写真は、自由に保存することができます。
 撮影者は私ですので、著作権?はありません。
 ご自由にお使いください。
 写真付きで説明すると子供達でも理解できると思います。

                                       
                                      mimi-fuku通信

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熱中症の予防。その3-突然の失神。

2007-08-25 22:31:36 | 健康・医療・科学
 お盆明けにガソリン・スタンドに行った時のことである。
 いつもの女性スタッフに「暑いね~。」と声をかけたら意外な言葉をかけてきた。
 8月に入ってすぐにウチの旦那が顔に大きな傷を作って帰ってきたのだが、理由を聞いても言わない。
 しかたなくやり過ごしていたが、お盆休みに入って「あの時の傷は、暑さで意識が飛んで、気を失って倒れた。」と話はじめた。
 「はじめての経験なので大騒ぎされても困るから隠していた。」とのこと。
 旦那さんは、瓦職人で屋根の上で倒れたわけではないらしいのだが、本人曰く。
「何の前触れもなく突然倒れた。」らしい。
 
 8月の最初と言うと、7月の末まで日照不足と梅雨冷が続き、8月1日に梅雨明けしたと同時に、北陸では台風5号によるフェーン現象と強い日差しによって、35~37度と7月との温度差が10度前後まで上昇。
 教科書どおりに解釈するとこれが熱失神と言われる症状なのだ。

熱失神 
 強い日差しの下で、長時間の労働や運動などで起こりやすい。
 大量の発汗による脱水症状と血管の拡張によって体全体の血液の循環運動が低下し、心臓から脳に血液を送る力が弱まるために、一瞬意識が飛ぶ症状。(バタンと突然倒れる場合が多く、周囲は騒然となる。)
 熱射病とは異なり、体温変化は見られず脈拍は弱くて早い。

 
 7月と8月の温度変化や気象変化が急激すぎて、通常健康な暑さになれた人でも身体環境が対応できなかったために起きたと思われ、一過性のものだと考えられる。
 ただし、失神の怖さは体験した本人しか認識できず、仮に別の病気の可能性も否定はできないので医師に相談したほうが良い。

 3日にわたって熱中症について書いてみたが、熱中症という言葉は広義な言葉で
その中にいくつかの症状が存在し、症状によって対策や治療が違うことを学習してきた。
 素人なりにも知らないと知るでは、冷静な判断基準が異なる。
 もし、近くでそれに類似した症状の人を見かけたら、よく観察し注意した上で対処するのが望ましい。。
 
 また、脱水症は夏の暑さによるものだけではなく、
        
        *食中毒などによる激しい下痢や嘔吐。
        *病原体と免疫との攻防による発熱と発汗。
        *環境による必要量の食物摂取不足。
        *気温に関係なく、長時間にわたる激しい運動や労働。
                  ー以上の場合が考えられる。
 
 特に夏の暑さと、冷えたものへの嗜好の関係から、下痢の症状は頻繁に見られると思われる。
 下痢の症状=脱水症状と考え、外出するときは暖かめの水分補給をするなど細心の注意が必要だ。
 
 
 は~。書きたいことは、終わった。
 ちょと長すぎたかな?
 まっ、いいや。
  
                  mimifuku与太話
  
 [追記]熱中症

分類 *熱射病ー体温の異常上昇がみられ、温度上昇が脳内にも到達した時に
          重篤な事態を起こす。症状には、意識障害や昏睡状態もみられ、
          その場合は即座に救急車を呼ぶなど迅速な対応が必要。

    *熱痙攣ー塩分不足からおきるとされ、筋肉に痛みをともなった痙攣を
           起こす。

    *熱疲労ー水分不足からおきるとされ、倦怠感やめまいなどの症状を
           引き起こす。

    *熱失神ー血管の拡張から血流が減退し一時的に失神症状を起こす。

(別)日射病ー最近は余り使われない言葉ですが、分類としては熱射病に属するという意見と、別なものとする意見があるようです。
 症状としては熱射病と同じなのですが、日射病は炎天下の下での作業に限定され、熱射病は高温状態の中での作業全般や、高温多湿な環境の中での体温バランスの崩壊など広範囲な体温の異常上昇をさすようです。
 また、医学用語としてではなく、一般例としては、炎天下の中で起きる熱失神や血圧低下によるめまいなど、強い日差しが原因でおきる症状すべてを日射病で片付けてしまう風潮もあるようです。
 症状としては、熱中症に分類されてもよいのですが、名称としては熱中症の中には含まれません。
 これは上記で示したように、表現が曖昧なために最近では日射病と言う言葉を使わなくなったと考えられます。


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熱中症の予防。その2ー水と汗の話。

2007-08-24 22:37:59 | 健康・医療・科学
 太った人と話をしていて、面白い話を聞いたことがある。
「真夏の炎天下、太っていると大量の汗をかくので少し休もうと汗をかいたまま喫茶店などで休憩すると必ずお腹を壊すけど理由わはわかる?」
「汗をかいたままだと突き出たお腹の上に濡れたままのシャツが居座る。そのシャツが冷房で冷やされるとぬるま湯が冷水になるようにお腹が冷やされ、なおかつガンガンに冷えた飲み物を頼むものだから30分もしないうちにトイレに直行。」だそうだ。
 別の太った人にきくと、喫茶店に入らずとも駅まで歩いて大量の汗をかいた後に電車の車内の冷房が強すぎるとお腹のあたりがグリグリし出すって・・・。
 
 さて、本題である。昨日は塩の話を書いたので今日は水と汗の話を書こう。
 今回も推測を含む与太話になると思われるので話半分に聞いて欲しい。
人間の身体から汗をかく理由は、熱さに対する体温調整のためと言われている。
 なぜ体温調整が必要なのか?
 風邪をひいた時に人は熱を出す。この熱が悪だと長く言われ続けてきたが、実はこの熱が風邪のウィルスを退治する役割を果たしている。
 それが、免疫活動の現われで風邪のウィルスに感染した直後には微熱の状態でウイルスと戦う。その時に無理をせず保温と休息と栄養補給を実施すれば大事もなく風邪をやり過ごせる。
 しかし、その時に上記とは逆の行動をとるとウィルスが増殖し免疫機能はフル稼働しなければならない。それが体温上昇の理由だ。
 ウィルスは熱に弱い特性があり熱を持って敵を制する免疫機能が時として暴走し、自らの細胞までを破壊する行為。(そのため熱が脳に付くと重大な機能障害を引き起こす。) それを止めるための機能としての汗の役割を否定することはできない。
 熱と汗の関係は、外気の暑さだけではなく身体における様々な活動に影響を及ぼす。・・・長くなるのでこの先は別の機会にでも。

 (注)風邪の場合は、汗で身体が冷えるとウィルスが活動しやすくなるので、冷やすのは頭や腋の下に限定し、こまめに下着を取り替え保温に努めてください。
 
 汗は身体を冷やす役割を持っている。その汗の成分は約99%が水であるとされている。熱中症の問題は、体温の温度調節機能の低下が主な原因といわれている。
 体温調節に必要なのは水である以上、暑い場所では汗が出る程度に絶えず水分補給をすることが大事なことは誰もが周知の事実である。
さらに汗の分泌は自律神経の働きにも、低体温症の治療にも良いとされている。
 水分を摂取すると汗が出るからと敬遠せず、汗をかくために水分を摂取するくらいの気持ちの方が暑い夏には適していると感じる。
 
 そして、ここからがもうひとつの本題。
 よくテレビなどでは、水分摂取はこまめに少しずつと言うがこれは室内にいる人の話。
 肉体労働をする人や極度の運動により大量の汗をかく場合は、汗をかいた分だけ必要量をそのつどに水分補給をするべきだと考える。
 運動した後に大量の水分を摂取すると汗で流れてしまい体内に水分が残らないと言うが、本当に身体が熱っせられた場合は、汗にによって身体を冷やしその汗をふき取ってもう一度、改めて水分を取る。
 身体から適度の汗が流れ続けている以上は体内水分が適量だと考えてよい。
(ただし、汗が過度に流れる場合は体力の低下がともなう。)
 また、体内水分だけが熱中症の問題点ではなく、脳を守る頭部に異常な熱をもたせないように注意し、帽子や濡れタオルなどで防御する。
 体内水分が満たされていても、脳が熱に侵されると失神したり、重篤な事態を生じる。
 多分これは、風邪の時の高熱と、同じ原理が理由なのだろうか?

                           mimifuku与太話。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熱中症の予防。都心と地方の違い。+塩の話

2007-08-23 22:50:36 | 健康・医療・科学
 8月21日、22日と都心を歩いた。特に22日は37度まで気温が上がり、普段は歩きなれない地方人間にとっては、少し過酷だったかな?
 何年か前から真夏の晴れ日は、日陰を選んで歩くようにしている。
 特に都心では、高いビルに囲まれ日陰が多い。
 今回の出張では、あえて日陰と陽当りのよい場所を交互に歩いてみた。
 わかってはいたことだけど日陰と陽当りでは、実質温度以上に汗の量が違う。
 また、後頭部に手をやると手に伝わる熱さがまるで違う。
 当たり前のことだよね。
 
 地方の人間は、300m先のコンビニに雑誌を買いに行くのでも自動車を使う。
 ディスク・ワークが営みの人達は、当然歩くことが都会に住む人の数分の一だろう。地方の人間は、箱から箱への移動が箱なので意外と日光に当たる時間は、少ないかな?

 さて、本題。熱中症がなぜ起きるのか?
 これからの内容は推測も含むので、与太話として読んで欲しい。
 熱中症には、いくつかの異なった種類が存在する。しかし、その原因で共通して言えることが脱水症状がともなう。さらに体内の塩分不足が原因だと言われる。
 確かに若い頃は、外仕事やスポーツのあと、大量の汗で黒のTシャツに塩分が白く浮かびあがる経験をしたことがある。ひどい時は腕などに、流れた汗が強い日差しに乾かされて固形になった塩分を舐めた経験もある。
 塩分は人間にとって必要だが、血圧の上昇の原因とされ最近で敬遠される。
 肉体労働者は塩分排出量が高いため濃い味付けが好みのようだ
 その逆に歳をとると健康に気を使い濃い食事を敬遠するし、何より運動量が少ないため濃い食事を好まなくなる。推測だが体内塩分の少ない老人や子供が熱中症にかかりやすいのは当然のことなのかもしれない。
 高血圧の人は真夏は血管の拡張から安定した血圧になり、真冬は寒さから来る血管の収縮が血圧を上昇させる。と言うことは体内塩分が不足すると血圧は異常に低下するのだろうか?血管の拡張による心拍数の低下と熱中症による死亡には因果関係はあるのか?
 昔から夏にはスイカが身体を冷やすとされている。私は好きではないがスイカに塩を振ると甘味が増すと言う人もいる。水分と塩分。今以上に肉体労働の頻度が高かった年代の人達にとって、水分と塩分の摂取は当たり前のことだったのだろう。
 昔の人はよく味噌を食した。ふと思う。今年以上に熱い年は過去にも数度ある。
ただ、今年の熱中症による死亡事故の過多は食生活の変化も影響されているのではないか?・・・なんてね。
 
 熱中症対策。
  
  *水分の摂取。(排尿時間の間隔の確認。)ただし利尿作用のある水分は、
           水分としてカウントしない。:ビール、コーヒー等
   
  *適度な塩分の摂取。(仮想であるが、平常時の平均血圧との対比)

  *不必要な直射日光に当たらない。
           (ただし、日光浴は免疫を高めるとされているので、
            決して悪ではないと認識。)

  *発汗の円滑。 (身体を清潔にし、汗線をふさがない。)
              かゆみの防止としても必要。

  *冷暗の確保。  涼しい室内の確保や、できれば避暑地へのバカンス。

  *通気性の良い衣料の選択。

                          
                            mimifuku与太話


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

萩本欽一さんと24時間テレビ

2007-08-20 22:19:43 | テレビ番組

 家人が一緒に見ようと、19日の20時から、24時間テレビをみた。
30年前、私の住む石川県ではまだ日本テレビ系列の放送局がなく、幸い石川南部に住む私は福井放送で見た記憶がよみがえる。
 夏休みも終わり頃の放送だったように思うが、募金しようにも手段がなくただ感動するだけでもどかしい気がしていたことを思い出す。
 萩本さんは、当時36歳だったんだね。
 ひとつの目標をたてて、それをやりとげた人に感動せずにいられない。
 お涙頂戴番組と批判することは簡単だが、目標をたて完遂する人を否定することは、自分の頑張りをも否定することと同じで、文化人きどりで、この番組を批判すること自体かっこ悪いよ。
 単純でいい。頑張った人には褒めてあげよう。
 間寛平さん。1500メートルしか見なかったけど、ほんとカッコよかったよ。

  視聴率     29.8%   24時間テレビ/愛は地球を救う
               35.3%   行列のできる法律相談所(欽ちゃんゴール)

 
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台風8号ー2007年8月

2007-08-19 21:19:49 | 台風関連

    総活

 台風8号を執拗に追いかけてみた。
発生した時は、6号、7号同様さほど大きくはならずに消滅してしまうと思っていた。
それが、910hPaにまで成長し、日本の気象史に魔法をかけた
 8月15~17日の3日間は、日本の気象史上忘れることのできない記録づくしの日々となった。(詳しくは、カレンダー16~17日に記載。)
 40度超の衝撃。これは、偶然なのか?未来への予告なのか?
 南西方面で急速に成長し、この台風がもたらした熱波とフェーン現象。
 人がどう感じようと、私にとっては忘れられない台風となった。
    
   台風8号進路  
http://www.jma.go.jp/jp/typh/0708.html 

8月19日夜
 台風の形もくずれ暴風域もなくなり、明日には熱帯低気圧に変わる見込みです。
雨の心配こそ残りますがひとまず安心。
 ただし、突発的被害があったようです。
 被害は、下段にまとめてあります。
 
8月19日 朝
 台風はまもなく中国大陸に上陸する模様。 
 衛星画像を見ると、中心からドーナッツ状に雲が広がり回転運動はあるものの、
脅威的な台風の形はくずれました。
 おそらく、今日中に回転運動もなくなり雨雲が分散してしまえば、長時間にわたって同じところで大雨を降らす可能性も少ないなりました。。
 昨晩、書いたような深刻な状態ではなくなりつつあるように思えます。
 ただ、自然の驚異は、油断すると何がおきるか分からないので注意深く見つめることが必要でしょう。
 南西諸島には、台風の外側の雲がかかり時折強い雨に注意が必要です。

8月18日 夜
 台風8号は、足早に台湾に上陸ー通過しましたがここに来て停滞。
 中心部は、台湾海峡にあるのですが、この先ほぼ同じようなところに長時間滞在
する模様で更なる大雨が予想されます。
 ゆっくりと大陸へ向かい、大陸への上陸後もほとんど動かず、台風の形状がほとんどくずれておらず、台湾・大陸ともに大量の雨雲と山岳地帯の地理から所によっては、1000㍉を超える雨量箇所も予想されます。 
 今後3日間で、2005年9月にわが国を襲った台風14号並の想像を絶する大雨の予感もします。
 こんな予感ははずれて欲しいものです。

8月18日 朝
 予想より早く、まもなく上陸します。
 特記することはありませんが、わずか8時間程で暴風域の直径が140㌔と非常に狭くなっています。
 なぜ、このような発表がされるのかちょっと理解できません。
 本当に台風の暴風域の大きさがコロコロかわるものなのでしょうか?
 もしかしたら、海上の気圧や暴風域の観測は衛星からの予測で、陸上の観測点に近づいてはじめて正確な数字がでるのかも?(誰か教えて。)
 昨日と同じで、大きな被害が出ないよう祈るだけです。
 また、先島諸島は暴風域に入ることはありませんが風は非常に強く、ときおり激しい雨も降ると思いますが危険な状態はないと考えます。
 大陸は台風の雲がしっかりしているので大雨となり、インフラ整備がととのっていない所では、予想のつかない災害が起こる可能性があります。
 いずれにしても危険な台風には変わりはないので注意深く見守るしかないです。
 
8月17日 夜
 気圧は、朝と比べ20hPaの低下。恐れていた930hPa以下の上陸はなlくなったと考えられる。
 ただし、暴風域の直径が350㌔までふくらみ大型になった。
 これは台風の周りを渦巻く、台風本体とは別の多くの水蒸気がある地域を進行しているためそれらの雲を取り込んでいるのか?
 半日で暴風域面積が約3倍になることは極めて珍しい。
 ( この現象の本当の理由をお知りの方は、教えてください。)
 私なりの見解としては、朝の記事と大きく変わらない予測で大雨の後の大雨。
 特に上陸部分の北東側にあたる地域の南東側を背にする高い山を持つ地域は、
長時間の大雨が予想され被害が心配される。
 何事もなければいいが・・・祈るだけしか手はない。

8月17日 朝
 昨晩と変わりなく台湾は非常に危険な状態は続く。
 予測では早ければ今日の深夜から暴風域に入り、明日18日の正午頃には台湾南東部に上陸。
 予想上陸気圧は、940hPa前後。台風の直径は200㌔。速度20㌔。
 上陸地に暴風が居座る時間は、10~14時間。
 大変な被害が予想され交通は今日の夕方ごろには不安定になり、明日は終日マヒすると考えられます。
 先島諸島の西部はまだ暴風域に入る可能性がありますのでご注意ください。

8月16日 夜
 困りました。
 一昨昨日の朝、この台風がこんなに危険な台風になるとは、世界中の中で誰も思っていなかったでしょう。
 910ヘクトパスカル。瞬間風速80メートル。
 暴風半径は100キロと小柄な台風ですが、風の凄さは室戸台風やカトリーナ級で
猛烈な台風に成長しました。
 と言っても、このまま台湾に上陸するわけでなく大陸のストレスや海水部分が浅くなってくる地形などから、台湾上陸時は950hPa前後と予想されています。
 ただ、この台風はことごとく予想に反した成長をとげているので仮に930hPa前後で台湾に上陸すれば、未曾有の被害も予想されます。
 特に今年の台湾は、6,7号のほかに太平洋高気圧のヘリの部分になったために
連日の雨で地盤が軟弱な上での上陸となり非常事態の認識も必要ではないかと考えます。
 さらに強い台風に慣れていない大陸の被害も心配されますし、進路が北にずれれば先島諸島にも重大な被害を与える可能性も否めません。
 猛暑列島日本の南西海上にも目を向けましょう。
 余談ですが、8月16日の記録的な高温の原因にこの台風がかかわっていると私は、考えています。
 
8月16日 朝
 台風は台湾の方へ向かい進んでいます。
 台湾では、6、7、8号と続けての上陸(または接近)となり、それにともって先島諸島も大きな影響を受けています。
 また今回の台風はこれまでの6、7号とは比較にならないほどの勢力にまで発展し
大きな災害を起きるレベルに発展しています。
 台湾にお出かけの予定、またはお出かけしている人は現地の防災情報を確認の上すみやかな対応をこころがけてください。

8月15日 夜
 台風は予想以上の勢力に成長し、北西に向かっています。
 大きさはまだコンパクトですが、非常に強い暴風域をともない危険度の高い台風に変化しました。
 今のところ日本の本土への接近はない模様ですが、進路しだいでは南西諸島が暴風域に入る可能性も高いのでご注意ください。
 特に今後は交通機関の乱れが生じる可能性も高く、夏休みの旅行者等は台風の進路を確認しながら早めの移動を心がけてください。

8月13日 朝
 今のところ停滞しながら、僅かに西に移動中です。
 また勢力も弱く、2,3日中に大きな変化は見られない見込みです。

被害報道
 台湾ー27人が負傷、山岳地帯を中心に2500人近くが避難した。
漁業関係者は、約4300人以上の漁船を避難させたという。
 18日。空の便は国内線がすべて欠航となったほか、中華航空の国際線が7便エバー航空の国際線が11便欠航となった。
 鉄道も大きな影響を受け、台湾高速鉄道(台湾新幹線)を含め、18日午前中の便はすべて運休。また、7万戸以上が停電した

北京──台風8号は、中国南部の沿岸地域を直撃し100万人近い住民が避難した。
 浙江省では台風の影響とみられる竜巻が発生し、家屋156軒が被害を受け、9人が死亡、60人以上が負傷した。

フィリピンー台風の上陸はなかったものの、外側の雲にともなう大雨の影響で洪水が発生し、3人が溺れて死亡した。
 首都マニラ市内や北部各州では55万人近くが被害を受け、避難所には3500人以上が避難した。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加