mimi-fuku通信

このブログを通して読み手の皆様のmimiにfukuが届けられることを願っています。

アレッ?

2011-09-04 23:23:00 | mimifuku

 先週の日曜日の“何?”に続いて、
 今週の日曜日は“アレッ?”

 台風12号による大規模土砂災害が報道された日のタイトルとして、
 不適当(不謹慎)は承知の上で何が“アレッ?”

 台風12号(2011年)の進路に学ぶ石川県における台風の読み方。
 を文字にした8月31日。
 
 本当の頭の中にあったイメージは、
 防災の日(9月1日)を前にして、
 9月11日(大震災から半年、テロから10年)にテーマを描いた。
 しかし8月31日の台風の進路図を見て、
 私の住む石川県が暴風域に入る可能性を考慮しテーマを変更。
 “台風12号(2011年)の進路に学ぶ石川県における台風の読み方”
 は多くの方々の目に触れることとなった(記事の累計アクセスは1000を超える)。
 
 平素から可能な限りの未来予測を主張する“mimi-fuku通信”による台風の読み方。
 これまでは“予想”だけを文字にしたが今回は独自の見方(手法)を初めて文字にした。
 その理由として、
 これまでとは違い7月、8月同様に更新日を週に2回程度に押さえたいとの気持ちがあり、
 今後台風情報を文字に変換できるかに迷いがあるための判断だ。

 記事を読んでいただいた方々には、
 ある程度の台風の進路と被害予測がイメージできたと思うが、
 実際には台風は生き物と同じで其々に癖(特徴)を持ち絶対はありえない。
 また200㍉の雨と言っても言葉の意味は、
 時間、地域、範囲、地形、状態、インフラ整備、観測前後の雨量と天候、
 等を考慮していくとまったく違った答えが出てくるので実際の予測はプロの仕事。
 でも地方の防災に携わる行政職員(プロ)がどこまで“未来予測”に興味を持つか?
 その前に前例主義に徹する行政体制の中で“個人予測”が本当に必要とされるか?

 *****

 アレッ?
 と思うのは菅総理が辞任され野田総理と野田内閣の誕生
 台風12号の惨状は脳裏からそうした重大ニュースを吹き飛ばした。
 
 今朝(4日付)の新聞を読むと、
 ウィキリークスへの暴露情報を流した協力者の氏名のウィキによる公開や、
 2004年の高校バスケットの優勝校の抹消(留学生の年齢詐称)が目に留まった。

 昨晩(3日)は、
 世界陸上女子サッカーが同タイムの放送で便利な2画面放送を楽しんだ事や、
 昨日(3日)地元のリサイクル・ショップで、
 『LED ZEPPELIN:THE COMPLETE STUDIO RECORDINGS(国内盤) 』
 を6500円(10枚組BOX)で手に入れてご満悦。 
 ツェッペリンはベスト盤と裏ベスト盤(Box2)&ライブ×2種を所持し、
 全アルバム&ライブ×1種は友人のCDコレクションからコピー済み。
 でもやはりオリジナル盤が揃った事実はファンにとって嬉しい限り。

 アレッ?
 って思うのは地元石川県では日常を暮している間にも、
 台風の進路(暴風域)に入る地域では不安な時間をすごし、
 大震災の被災地や原発事故の被災地では明日をも知れぬ生活。
 でもね、
 何かに集中すれば何かを忘却する。
 だから、
 それは仕方のないことなのだろう。

 先週も仕事関係の知人の母親の葬儀に出た。
 8月は毎週のように葬儀があり9月も?に戸惑い。
 家を訪ねる決まって家庭菜園で作った“野菜をもってけ!”と笑顔の故人。
 近年は施設での生活が5年ほど続いただろうかお会いする事はなかった。
 5年の月日は私にとって“悲しみ”とは異質な“懐かしさ”を残した。

 どんなに偉そうな言葉を言ったり文字に綴っていても、
 独りになれば考えていたい事を考える時間の幸福は、
 決して立派とは言えず1人の人間の時間の配分は、
 凡そ“アレッ?”の連続に過ぎないだろう。

 9月4日は、
 お家の車のナビによると“クラシックの日”だとか。
 調べてみると“櫛(くし)の日”とも記されていて、
 色々な日(語呂合わせ)があるんだね。

 *****

 最後に先週感じた“アレッ?”大賞は!

 “全員野球”に決定!

 これまた調べてみると、
 *2009年5月に鳩山代表。
 *2009年9月の谷垣総裁。
 *2010年7月の菅総理。
 *2011年8月の前原氏。
 *2011年9月の野田総理。
 が『全員野球』を公用語として使用。
 *本当は誰が最初なの?

 そんなに野球がしたけりゃ背広を脱いでユニホームでも着たら?
 世界のマスコミは“全員野球”をどのように訳して配信するのか?
 言葉のセンスを疑う日本の政治家の型押しで貧困なボキャブラリー。
 とても賢い御仁とは感じられない。
 
 そう言えば野田総理は“何か”に気付かれたのか、
 “ノーサイド(ラクビー用語)”“ミッド・フィルダー(サッカー用語)”
 をも使用は少しだけど言葉のセンスは感じる・・・かな?

 人によっては、
 “庶民感覚があって親しみ深い?”

 でも、
 頭の堅い私にとっては何れも、
 “アレッ?”に過ぎない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台風12号(2011年)の... | トップ | 2011年9月5日~6日:北海道地... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。