mimi-fuku通信

このブログを通して読み手の皆様のmimiにfukuが届けられることを願っています。

【40℃以上の最高気温&30℃以上の最低気温の記録(2013.08.12)】

2013-08-13 09:33:00 | 資料・記録

2013年8月10~12日。
日本の気象の歴史に刻まれるべく多くの記録が塗り替えられた。
下記は気象庁の資料をベースに作成した個人的な記録メモ。

【国内:最高気温の記録】

<40℃以上の観測値>

1.高知県:江川崎/ 41.0℃(2013年8月12日)

2.埼玉県:熊谷/ 40.9℃(2007年8月16日)
2.岐阜県:多治見/ 40.9℃(2007年8月16日)

4.山形県:山形/ 40.8℃(1933年7月25日)
5.山梨県:甲府/ 40.7℃(2013年8月10日)

6.和歌山県:かつらぎ/ 40.6℃(1994年8月8日)
6.静岡県:天竜/ 40.6℃(1994年8月4日)

8.山梨県:勝沼/ 40.5℃(2013年8月10日)
9.埼玉県:越谷/ 40.4℃(2007年8月16日)

10.群馬県:館林/ 40.3℃(2007年8月16日)
10.群馬県:上里見/ 40.3℃(1998年7月4日)
10.愛知県:愛西/ 40.3℃(1994年8月5日)

13.千葉県:牛久/ 40.2℃(2004年7月20日)
13.静岡県:佐久間/ 40.2℃(2001年7月24日)
13.愛媛県:宇和島/ 40.2℃(1927年7月22日)

16.山形県:酒田/ 40.1℃(1978年8月3日)

17.岐阜県:美濃/ 40.0℃(2007年8月16日)
17.群馬県:前橋/ 40.0℃(2001年7月24日)

*****

<30℃以上の最低気温>
1.新潟県:糸魚川/ 30.8℃(1990年8月22日)
2.東京都:東京/ 30.4℃(2013年8月11日)
3.石川県:小松/ 30.3℃(2000年7月31日)
4.富山県:上市/ 30.2℃(1997年8月9日)
5.富山県:富山/ 30.1℃(2000年7月31日)
6.福井県:越廼/ 30.0℃(2000年7月31日) 

*歴代全国ランキング
~各地点における観測史上1位の値のみを使って集計~
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/rankall.php

※ ※ ※ ※ ※

▽2013年8月12日午後3時の天気図


【12日の最高気温】
1.高知県 江川崎 41.0℃
2.大阪府 豊中 39.8℃
3.静岡県 佐久間 39.6℃
4.奈良県 風屋 39.4℃
5.岐阜県 多治見 39.3℃
★気象庁

▽2013年8月11日午後3時の天気図


【11日の最高気温】
1.山梨県 甲府 40.6℃
2.高知県 江川崎 40.4℃
3.千葉県 茂原 39.9℃
4.静岡県 天竜 39.8℃
4.同 浜松 39.8℃
★気象庁

▽2013年8月10日午後3時の天気図


【10日の最高気温】
1.高知県 江川崎 40.7℃
1.山梨県甲府 40.7℃
3.山梨県 勝沼 40.5℃
4.群馬県 館林 40.1℃
5.埼玉県 鳩山 39.8℃
★気象庁

*****

【9日の最高気温】
1.高知県 江川崎 39.3℃
2.宮崎県 西米良 38.8℃
3.山梨県 甲府 38.7℃
4.群馬県 館林 38.5℃
5.山梨県勝沼38.4℃
★気象庁

*今日の全国観測値ランキング。
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/mdrr/rank_daily/data00.html#mxtem


※ ※ ※ ※ ※

【参考】


<2007年8月16日の記録更新時>
第1位:40.9度  
▽岐阜県多治見市(2007年8月16日)              
▽埼玉県熊谷市(2007年8月16日)
第3位:40.8度  
▽山形県山形市(1933年7月25日)
▽岐阜県多治見市(2007年8月17日)
第4位:40.6度  
▽静岡県天竜市(1994年8月4日)
▽和歌山県かつらぎ町(1994年8月8日)
第7位:40.4度  
▽山梨県甲府市(2004年7月21日)
▽埼玉県越谷市(2007年8月16日)
第9位;40.3度  
▽愛知県愛西市(1994年8月5日)
▽群馬県高崎市(1998年7月4日)
▽群馬県館林市(2007年8月16日)

※ ※ ※ ※ ※

【高知新聞コラム:小社会】
類語大辞典(講談社)で暑さに関する言葉を見ると炎暑、猛暑、熱暑などが載っている。
いずれも語感からして暑苦しいが「40度を超える~」との用例があるのは極暑。
「これ以上はないという暑さ」と説明する。
きのう四万十市西土佐江川崎で観測した41.0度はまさに極暑。
国内観測史上最高、
しかも全国の観測点で初めて3日連続で40度超えというおまけまで付いている。
*その後8月13日も40℃を超え4日連続に記録は更新された。

<参照>
【8月13日の最高気温】
1.高知県 江川崎 40.0℃、2.大阪府 豊中 39.1℃、3.和歌山県 かつらぎ 38.9℃
4.山口県 山口 38.4℃、5.奈良県 風屋 38.2℃、5.奈良県 上北山 38.2℃
★気象庁

江川崎は山に囲まれた典型的な盆地。
過去に極暑の記録があるとはいえ、
体温を軽く超える41.0度は驚異であり脅威。

この極暑、特殊な地点での特異な現象では済みそうにない。
国内では35度以上の猛暑日、
30度以上の真夏日を記録する観測地点が大幅に増えている。
列島全体の発熱に気象分析の国際機関、
IPCCが6年前に公表した報告書を思い浮かべる。

報告書は大気中の温室効果ガス濃度がこのまま上昇すると、
今世紀末には地球の平均気温は最悪の場合6.4度上昇すると予測した。
今の極暑は序章にすぎないのだろうか。

約80年前、
宮沢賢治は冷夏に「サムサノナツハオロオロアルキ」と歌った。
冷夏が極暑になっても「オロオロ」する心模様はどこか似ている。

*****

【NHK高知放送局】
四万十市西土佐で12日の日中、気温41度ちょうどを観測。
6年前に埼玉県熊谷市と岐阜県多治見市で観測した40度9分を上回る、
国内の観測史上、最も高い気温となった。

四万十市西土佐では12日も気温がぐんぐん上がり、
午後1時42分に41度ちょうどを観測。
また、
四万十市西土佐では全国の観測点で初めて3日間連続して最高気温が40度を超えた。
気象台によると、
四万十市西土佐は山に囲まれて海風が入りにくい地形のため、
暖かい空気が上空にたまり、特にに気温が上がったということ。

このほかの県内各地の最高気温は、
梼原町で38度7分(観測史上、最も高い記録を更新)
また、
四万十町窪川で37度8分、高知市で35度7分などとなった。
気象台では、この先もしばらく気温の高い状態が続くとして、
高知県内に高温注意情報を出し、
水分をこまめに取ったり、
冷房を適切に利用して部屋の温度を調節したりするなど、
熱中症に対して十分な対策をとるよう呼びかけている。

*****

【NHK首都圏】
東京の都心では11日夜になっても気温があまり下がらず、
11日の最低気温は30度4分と統計がある過去138年間で最も高くなりました。
気象庁によると東京の都心の気温は11日の朝30度9分までしか下がらず、
日中は強い日ざしを受けてぐんぐん上昇しました。
11日午後1時40分すぎには38度3分まで上がり、
9年前の平成16年7月以来となる38度以上の最高気温を観測しました。
気温は午後4時すぎにいったん30度5分まで下がったあと、
夜にかけて上下を繰り返し、
午後11時49分に観測された30度4分が11日の最低気温となりました。
東京の都心の最低気温は、
平成16年7月21日に観測された29度6分がこれまで最も高い記録でしたが、
11日はこれを上回り、38年前の明治8年に統計を取り始めて以降、
最も高い最低気温となりました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8月12日(月)のつぶやき:日本... | トップ | 8月13日(火)のつぶやき:ペル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

資料・記録」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事