「建築家と作る木の家」 produced by みまさか木の家 岡山普及会

岡山の清流「旭川」 その旭川上流に位置する「真庭」で育まれた「美作材」で家を建てよう。

これから工事が始まる家について

2017-11-26 | 工事の途中経過

有漢と建部の家が完成し、工事中の家は吉備高原都市の家一軒と

なりましたが、これから工事が始まる家を報告します。

 

 

新しい建部の家の敷地。

ここもロケーションがいいですね。

辺鄙そうに見えますが、建部町文化センターのすぐ近く、旭川にも近く、

桜の名所になっています。

家は手刻みの伝統工法ですが、高気密高断熱の長期優良住宅の認定を

取り、補助金も受ける予定です。

 

郊外の家ばかりで、街中の家は無いの?と言われそうですが、

倉敷の街中でも家を建てますよ。

 

 

西富井の宅地開発された敷地。

敷地面積は70坪あり、宅地としては大きいほうだと思います。

この家は認定低炭素住宅となります。

 

 

 

イオンモール倉敷西の西阿知の敷地。

ここも宅地開発で、敷地面積は50坪と平均的です。

この環境で建てるのは、手刻み、土壁の伝統工法の家。

まわりの家に溶け込むよう外観は考えなければ・・・

 

工事が始まったらブログで紹介いたします。

 

無料の設計コンペを始めました。

お気軽に下記 「建築家と作る木の家」 ホームページから

お問い合わせください。

 

   

  「建築家と作る木の家」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 吉備高原都市の家、基礎工事完了 | トップ | 吉備高原都市の家、上棟しました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

工事の途中経過」カテゴリの最新記事