猫と亭主とわたし

田舎での黒猫ブラッキー、迷い込んできた三毛猫リリと亭主と花々(薔薇)に囲まれたシンプル&スローライフを書き綴っています。

安曇のバラのささやき

2017-06-16 21:09:33 | わが家で咲くバラたち
庭を眺めていた。
窓の外から何か話しかけてきたような気がした。
庭の隅に眼をやると、鮮やかな色で咲いている安曇のバラが目に入った。
中心の白を濃いピンクで縁取る一重のミニチュアのつるバラ。
ずい分遅れた開花だった。

10年近くなるが大きくなりすぎて、一度鉢増しをしたまま庭の隅に。
わたしに開花を知らせたのだろうか――
急いで庭におりてみると蝶が花にたわむれていた。
今年は新しい土に植え替えてあげよう。
小さな一重のバラに魅かれて迎えたバラなのに――
大事に育てなくてはね。

   

   
                  ブログランキングに参加しています。                                   
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ← ご訪問ありがとうございます。お時間がありましたらClikよろしく      

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏椿のつぼみ | トップ | バラの二番花までの間奏曲 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (とに)
2017-06-20 12:17:28
私の庭にもこれによく似た一重のワイルドローズが咲いています。ひょっとして同じなのかしら?長い留守の後だったので背丈が伸び放題に。少し切って花瓶にさしています。見た目は素朴だけれど、香りが良いですね。
とにさん (mima)
2017-06-21 23:33:32
大きくなりすぎて鉢増しが大変で何年も植えばなしだったんですよ。
今年は土替えをして、来春には素敵に仕立ててあげようと思っています。
来年の秋には可愛いローズヒップを楽しみたいです。
ワイルドローズは一重の花びらが楚々として可愛いバラですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL