猫と亭主とわたし

田舎での黒猫ブラッキー、迷い込んできた三毛猫リリと亭主と花々(薔薇)に囲まれたシンプル&スローライフを書き綴っています。

白ちゃんは今いずこ

2017-06-28 21:54:58 | ねこちゃんのお話
夫が日に何回となくそわそわと裏庭をのぞきに行く。
裏庭に面したデッキには、外猫用の餌皿かおいてある。
いつになっても、餌皿の固形餌は減らない。
街猫の♂白ちゃんが6日も姿を見せないから――
日に2、3度裏庭に遊びに来てはデッキでくつろいでいた。
戸が開いていると、堂々と家の中に入ってきてブラッキーの餌を食べていく。
たぶん飼い猫だったのだろう。
去勢手術もしてある。
馴れたら綺麗に洗ってあげようと夫と話していた矢先のこと。
白にグレーが入っているので、よけいに汚れて見える。
来なくなった前日、夫に何度もすりスリしていたらしい。
初めてのことだった。
わたしはその日留守にしていた。
わたしが帰ると最初の一言が
「白が初めてすりスリしてくれたよ」
と嬉しそうに夫が興奮気味に話していた。
どうしたのだろうか――
なにか悪いことが起きたのか――
もう絶望的なのだろうか。
街猫の命は短い。
生きている間だけでも。
せめて。
美味しいものを食べさせてあげたい。

   いつもはもっと優しいお顔です。どこか寂しそう。
   

                    ブログランキングに参加しています。                                   
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ← ご訪問ありがとうございます。お時間がありましたらClikよろしく    




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« むせかえるような緑 | トップ | この世のものかと思うほど美... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (とに)
2017-06-29 00:47:14
白ちゃんお鼻がピンクで綺麗。白ちゃんがどうか無事に帰ってきますように…。
とにさん (mima)
2017-07-01 10:40:38
いくら待っても白ちゃんは姿を見せません。
それでも日に何度も、祈るような気もちで裏庭をのぞいています。
「もっといい家をみっけたのね」と夫と話しています。
気休めですけどね。
とにさんありがとう。

コメントを投稿

ねこちゃんのお話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL