猫と亭主とわたし

田舎での黒猫ブラッキー、迷い込んできた三毛猫リリと亭主と花々(薔薇)に囲まれたシンプル&スローライフを書き綴っています。

失敗転じて美術鑑賞

2017-03-13 10:58:30 | 身辺雑記
17日Fri. 
所用で上京。
この日は失敗続きの珍道中だった。
夫とわたしは二人で一人前。よく似た夫婦だ。
何としたことか思い込みの激しいわたしはあることに大失敗。
上京した要件、目的をとりちがえていた。
夫はわたしが痴ほう症の前期かと心配。
時間が空いてしまった。
上野へ出て美術展を観ようということになった。
いつもの乗りなれた地下鉄を行ったり戻ったり。
一駅乗り過ごしてしまったのだった。
プラットホームで茫然として立ちつくした。
反対側の車線から一駅もどった。
階段を上り街に出た。
なんとか見慣れた上野公園が見えた。
二人して自分たちの失敗を自虐ネタにして笑いとばす。

東京美術館で「ティツィアーノとヴェネツィア派展」を観る。
ティツィアーノの《フローラ》がお目当て。

   

とくに波打つ髪の毛、甘美な微笑の優れた技法、表現力に感服。
また、《ギリシャ神話のダナエ》も見応えがあった。

クリモトも《ダナエ》を書いた油絵がある。
この絵の中で、ダナエの両脚の間を流れる黄金の雨はゼウスの象徴。
とても官能的だ。

   

観ているうちに夫と離れ離れに。
電話をしてもつながらないし30分後にやっと会えた。
夫は出口でわたしをしょんぼりとまっていた。
帰り銀座線に乗るのを間違えてJRの構内に。
わたしの「とまどいが」夫に転移した。
夫はわたしを心配して血迷ったらしい。



      ブログランキングに参加しています。                                 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ← ご訪問ありがとうございます。お時間がありましたらClikよろしく      

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春のたより | トップ | 椿を愛でる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

身辺雑記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL