家事のスキマにロードバイク!

自転車に乗れなかった私がロードバイクにハマるまでの記録。
今時主婦の非日常的趣味。

キラキラ素敵。

2016-10-17 23:52:58 | Weblog
素敵という言葉はすでに輝いている。
「素敵」と書いても「ステキ」と書いても星が散りばめられた感じがある。
この「素敵」という言葉の意味を辞書(デジタル大辞泉)で引くと「程度がはなはだしいさま。」といういかにも辞書らしい説明となる。
おそらく日本語を勉強する外国人でも数年程度の経験だと意味として理解し難いのではないだろうか。
元来「素的」と書かれていたこの言葉。
なぜ「敵」という言葉がしっくりと当てられたのだろうか。
当て字というからには誰かが「当てた」際に、「お!これいいじゃん」と感じたに違いない。
本来「敵」という文字を見るとなんだか苦い。
この緊張感を弾き飛ばすようなキラメキは実は「素晴らしい」の「素」が担ってるいたのか。
しかし単体で味わってみよう。「素」はプレーンだ。
「素顔」「素足」、関西ではかけうどんの事を「素うどん」という。
それぐらい「素」は空っぽでなんの飾りもない。

そしてここまで来て私は気付く。
それこそが「素晴らしい」のだと。

なんか、うまいことまとまったっぽい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぬいぐるみ衛生委員会。 | トップ | ハムスターを見習え。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む