『我が偽りの名の下へ集え、星々』紹介ブログ

カクヨム掲載中、ファミ通文庫より発売予定のライトノベル『我が偽り名の下へ集え、星々』の紹介ブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ミーティア戦闘機

2017-05-27 | 設定:宇宙船、メカニック
ヒルデガルド女帝はその軍制改革で、軍や部隊ごとにまちまちだった各種規格や基準を統合した事で知られているが、中にはいささかやり過ぎと言われている事案もある。
それが「ミーティア戦闘機」である。「ミーティア」は最初期のジェット戦闘機としても知られており、また三国時代には「連邦」軍が同名の宇宙戦闘機を運用していた。そして現在でも帝国軍の正式戦闘機の名称は「ミーティア」である。
エイペックス作戦までは帝国軍の各種戦闘機、軍用宇宙機はご多分に漏れず、無数の規格、基準が乱立していた。星間空軍が運用していた戦艦並の「戦闘機」はさておき、 他の軍用機も明確な制式採用機というものは存在せず、企業が注文に応じてその都度開発していたり、あるいは裕福な貴族が金に物を言わせて自分専用のワンオフ機を制作させる事も珍しくなかった。その中には凄まじい性能を誇る機体もあったが、組織的な運用には向かず、また整備や修理にも手間がかかった。
言うまでもなくこれらの軍用機はヒルデガルド女帝の軍制改革の対象となった。その結果、帝国全軍が採用する戦闘機は「ミーティア」に統一されたのである。
言うまでもなく開発費の抑制やパイロット、整備員育成を容易とするためでもあるが、その後も同様に全軍が同様の機体を採用すると決められた為、3020年現在も帝国軍の制式採用主要軍用機が「ミーティア」と呼ばれるようになってしまった。つまり「統合制式戦闘機」が「ミーティア」だったのが、今では「ミーティア」が「統合制式戦闘機」を指す言葉になってしまったのである(作者註:『マクロス』シリーズで可変戦闘機が「バルキリー」と総称されるようになってしまったようなものです(^^;)。
3020年現在、帝国各軍制式戦闘機は「ミーティアMk.XI」だが、これは「ミーティアの11形式目」ではなく「ヒルデガルド帝の軍制改革期から数えて第11世代目の戦闘機=ミーティア」と解釈するべきである。
「ミーティア」は最初からマルチロール機として設計されているが、さすがに一機種で全てをまかなうには無理があり、目的別に再設計した機種もある。それらを以下に記す。名称はヒルデガルド帝の軍制改革から現在(3020年)までほぼ同じである。

ミーティアF:一般的な戦闘機型
スーパーミーティア:長距離護衛、長時間哨戒用。時代によっては復座の事もある。
ミーティアR:偵察機型。スーパーミーティアを改装したものがほとんど。
ストライクミーティア:戦闘攻撃機型
コメット:爆撃機型。大幅に大型化しているがそれでも基本設計は同じものである。

なお惑星陸軍、軌道海兵隊ではそれぞれの作戦用途に合わせた別機体をごく少数生産している。

惑星陸軍
リュウセイ:惑星大気圏内で使用するジェット戦闘機。旧地球時代のジェットエンジン技術を継承するという意味合いもある。
リュウセイカイ:上記の戦闘攻撃機型。
スイセイ:同じく大気圏内で使用する爆撃機型。

軌道海兵隊
シューティングスター:大気圏への突入、離脱性能に絞って高性能化。
フォーリングスター:上記の偵察機型。
ファイヤーボール:攻撃機型であり長時間かつ安定したホバリングを可能としている。

またヘルムート帝時代に民間軍事会社の規制が大幅に緩和され、貴族領騎士団、自治領自警団向けに独自規格の戦闘用機体が生産されており、それらは現在でも使用されている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タイトルあれこれ( =゚ω゚)ノ | トップ | Fb online特集 »

コメントを投稿

設定:宇宙船、メカニック」カテゴリの最新記事