『我が偽りの名の下へ集え、星々』紹介ブログ

カクヨム掲載中、ファミ通文庫より発売予定のライトノベル『我が偽り名の下へ集え、星々』の紹介ブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヴィクトリー校生徒、学生

2017-05-25 | 登場人物(注意:ネタバレあり)
注意!

こちらはネタバレありの登場人物紹介です。

ファミ通文庫もしくはカクヨムで本編をお読みの上、ご覧下さい。


アフカン・タイゼン
ミロの上級生。イヌイットの血を引く。柔道の乱闘事件でミロについた事もあり、そのまま行動を共にすることになる。

マット・マドロック
大手製菓会社CEOの息子。自称狂犬。家業とは裏腹にけんかっ早い乱暴者だが、自分より弱い相手には手を出さないというポリシーを持っている。エレーミアラウンダーズのブルース・スピリッツとは良いケンカ友達。

マルク・ワインボウム
貧乏な下層貴族で構成されたポテト派のリーダー。探検家を自称する貴族の息子。貴族としての矜持は持っているが、行動で示すことは出来ないでいる。

ジョージ・エドワーズ
貴族の息子でポテト派に属する学生。ミロの手引きによりローカスト派との和解に動いたワインボウムを快く思っていない。

ジャクソン・マクソン
大手娯楽産業創業者の孫。裕福な市民出身の生徒、学生で構成されたローカスト派のリーダー。学園に大した貢献もしないまま、学費無料という恩恵にあずかっているポテト派を憎んでいる。

ベニー・メイヤー
ローカスト派の学生。ミロや和解に動いたマクソンに反発を抱いている。父は大手法律事務所を経営しているが、本人は軍人を目指している。

スコット・フェルプス
有力貴族で海軍大佐を父に持つ生徒。これまでにも艦隊戦実習では成果を上げてきている。
普段は如才なく振る舞っているが、実は市民階層出身者や自分よりも爵位の低いあるいは貧しい貴族を無意識のうちに見下している。
カスガ卒業後の身の振り方を考えて、現自治会副会長のキースと役員のアーシュラに接近している。
うぬぼれ屋で戦闘を甘く見ているところがある。いずれそれが致命的な問題になるかも知れない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エレーミアラウンダーズのメ... | トップ | ヴィクトリー校関係者、軍人... »

コメントを投稿

登場人物(注意:ネタバレあり)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL