『我が偽りの名の下へ集え、星々』紹介ブログ

カクヨム掲載中、ファミ通文庫より発売予定のライトノベル『我が偽り名の下へ集え、星々』の紹介ブログです。

「引き潮の時」

2017-04-20 | 設定:社会
25世紀以降、顕著になってきた「地球を故郷とする人類の衰退」を意味する言葉。
三大勢力が覇を競っていた、いわゆる三国時代から「ドーヌムからの回収に頼りすぎ、人類が独自に新たな発見発明をする事が無くなっている」「過去に作られた技術的産物の資料が散逸してしまい、再現、修理不能なブラックボックス化してしまっている」などの問題が指摘されていたが、社会情勢から踏み込んだ調査と研究はなされなかった。
銀河共同体設立後の2450年頃、この問題に関しての大規模な調査が行われた。
その結果、以前から言われていたような「新たな発見や発明の極端な減少」「ブラックボックス化してしまった過去の技術」のような問題が現実に見られること、そして技術的問題ばかりでは無く「出生率と平均寿命の低下」や「非科学的な迷信の流布」「社会的な帰属意識の低下」など様々な問題が明らかになった。
銀河共同体政府はさらに調査を続けたものの原因は不明であった。「調査のタイミングで、無関係な複数の調査結果がたまたま一致しただけ」という見方もあったが、「人類は緩やかに衰退を始めている」という解釈が一般的なものとなった。しかしこれが一時的なものか、永続的なものか。一時的なものだとしたら、どの程度、続くのかに関しては、論者の数だけ仮説があった。
この現象については「文明の氷河期」「人類の限界点」とも呼ばれたが、結局、誰が言い出したのかも分からない「引き潮の時」という名称が定着した。
銀河共同体の「第一市民制度」も、もともとこの「引き潮の時」への対策として始められたものである。しかし成果を上げることは出来ず時代はアレッサンドラ女帝、クラウス帝の帝制、貴族制の完成へと至った。クラウス帝はトップダウンによる強引な改革を期待して帝制、貴族制を導入したと言われるが、歴代皇帝や貴族は権力争いに終始するだけで、この問題に本腰を入れて取り組んだのは、地球人類文化圏の統一を目指して「イスカンダル作戦」を立案したマクシミリアン帝、大胆な経済改革で現状打破を図ったヘルムート帝などしかいなかった。
以降も多少の回復を見せつつも、長期的には「引き潮の時」は継続していると考えられている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミナモト家 | トップ | ウーラント軍 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL