『我が偽りの名の下へ集え、星々』紹介ブログ

カクヨム掲載中、ファミ通文庫より発売予定のライトノベル『我が偽り名の下へ集え、星々』の紹介ブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

リープストリーム その2

2017-04-23 | 設定:SF、科学
リープストリームに入ると、周囲を光り輝く靄か雲のようなもので覆われたチューブ状の空間を移動する事になる。その光り輝く靄を通して、通常空間の天体が確認出来る。
しかし光り輝く靄や天体の光は、可視光線として発したものでは無く、通常空間では重力として発生したエネルギーである。重力エネルギーの一部は、通常の空間に留まらず、他の宇宙へと漏れ出しており、その一部がリープストリーム内で超対称変換されて電磁波となると推測されている。またそれが干渉するとリープストリーム内を充たす、光り輝く靄のようになるらしい。
その為、ブラックホールや褐色矮星など巨大な重力を持ちながら、通常、光学的な観測が難しい天体でも、リープストリーム内では、明るく輝く天体として確認出来る。
またリープストリーム内からリープ閘門を見ると、漆黒の円盤のように見える。そこを通過するとディストーションエクステンダーを起動したままで通常空間へ戻れる。通常、ディストーションエクステンダーの再起動には時間を要するが、このようにリープ閘門から直接、通常空間へ戻った場合、間近に別のリープ閘門があればすぐさまリープストリームに再突入することが出来る。
リープ閘門、リープストリームは質量を持たないが、重力場による空間の歪みに引きずられるので、結果的に天体の周囲を質量のある物体のように回る事も珍しくない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レーザー兵器 | トップ | みんな大好き黒歴史ノート( =... »

コメントを投稿

設定:SF、科学」カテゴリの最新記事