『我が偽りの名の下へ集え、星々』紹介ブログ

カクヨム掲載中、ファミ通文庫より発売予定のライトノベル『我が偽り名の下へ集え、星々』の紹介ブログです。

ミナモト家

2017-04-19 | 設定:社会
汎銀河帝国はもとよりその前身である銀河共同体自体から続く屈指の名家であり五家門だけとされる公爵家の序列二位の地位にある。銀河共同体の設立メンバーであり、初代共同体議長だったリョウマ・ミナモトもミナモト家出身である。
五大公爵家筆頭であるローウェル家一門同様、もともと帝制、貴族制には反対に近い懐疑派であったが、クラウス帝に懇願され、帝国が暴走しないように睨みを利かすといういわば「帝国の番人」として公爵の地位を受け入れた。選帝侯戦争の際にも、ローウェル家と共に「帝国の番人」として中立を保ち続けた。
三国時代には「連邦」に所属する軍人の家系として知られていたが、銀河共同体体制以降は文民も多く、さらに芸術や科学など広い方面で活躍する人材を輩出している。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 偽辺境伯 | トップ | 「引き潮の時」 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL