れいの絵日記

写真付きで日記や趣味のブログ

それぞれ家庭の

2017-10-22 08:43:47 | 日々の暮らし
以前に頂いた「なれ寿司」の写真を残していた。

それぞれの家庭の、包み方があるようだ。

頂いた時「もう、慣れ過ぎて・・・」との事だったが、私は平気だ。

「本なれになると、食べられない!」とよく聞く。
確かに香りが強くなり、受け付けない人も多いらしい。
発酵食品は、体に最高なのにね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猫の動くピンバッジ

2017-10-21 18:55:12 | 日々の暮らし
和歌山城の前に建つ、和歌山県立近代美術館が、好きだ。
隣には博物館もある。
建築家・黒川紀章氏の作品で、存在感のある美術館だ。

常設ではないが、祖父の絵も時々かかっている。
昔、自分の出品作品に迷い悩んでいた時、ふと立ち寄ったら祖父の絵があった。
雨の音を聞きながら、その絵の前で膝を抱えて座る。
ふと「それで良い!自分の表現に自信を持って」と祖父の声が聞こえた様な気がした。

帰り際、グッズの売り場で見つけた「猫の揺れるピンバッジ」
頭と前足が、ゆらゆらと揺れる。
見ているとユーモラスで、私の気持ちにも余裕も出てきた。

このピンバッジを、いつも楽しみたいので、ペンケースに付けている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミョウガの味噌漬け

2017-10-20 09:29:25 | 日々の暮らし
ぽつぽつと庭で「秋ミョウガ」が採れる。

毎日でなく、ぽつぽつと。

ミョウガ見つけると、タッパーに自家製のお味噌を入れ
漬け込んでおく。

1週間ほどで、しんなり手に馴染む様になったら食べ頃だ。

細かく刻んで、温かいご飯に乗せると
ミョウガの味が、ほのかにして食をそそる。

「梅酢漬けのミョウガ」は、色が華やかで綺麗だが

「味噌漬けのミョウガ」はしっとり秋の色。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤブマメ

2017-10-19 10:05:34 | 日々の暮らし
庭に「ヤブマメ」が実を付けていた。

9月ごろに薄紫色の、蝶形の花を数個つける。
花は小さくて、地味でじっくり見ないと見落としてしまうほどだ。

その後、こんな可愛い実をつける。
湯がいたら、食べられそう!

活けてみたら、なかなか蔓の動きが面白い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なれ寿司(2)

2017-10-18 10:50:18 | 日々の暮らし
頂いた「なれ寿司」を、家で漬けた生姜で食する。

お店では「ひね生姜」の生が、薄く切られて乗っている所が多い。
なんて、鯖と生姜の相性が良いのでしょう。

鯖と発酵してきたご飯、そして生姜の程よい辛さ。
満足・満足!!

発酵食品と言えば、以前に滋賀県の「鯖寿司」を頂いた事がある。
それは「ふな寿司」と同じ作り方で、ご飯はチーズの様にねっとりしていて
美味しかった。

それぞれに、味の違いがあって楽しめる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加